× Q  ?  翻訳訳語辞典
public
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
おおっぴらな
   
public antics: おおっぴらな茶番 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 115
おおやけ
   
go public with ...: 〜をおおやけにする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 282
お客さん
   
it’s not open to the public: お客さんには断ってるんだよ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 19

パブリック
   
public spirit: パブリックの精神 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 41

一般市民
   
talk to the public: 一般市民を相手にする ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 198
一般的
   
attract public attention: 一般的関心が集まる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 5
外部世界
   
be opened to the public: 外部世界にひらかれた ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 132
株式公開
   
public company: 株式公開会社 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
観衆
   
in public: いったん観衆の前に出ると プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
共同の
   
public collection sites: 共同のゴミ置き場 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
公けの
   
public disgrace: 公けの面目失墜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
公開されている
   
The cryptographic DES program within our Unix computer was public: 私たちのUNIXのDES暗号プログラムは公開されている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 73
It belongs to their computer security group, which is actually public: コンピュータの安全基準にかかわるNSAの下部機構の所属で、事実上、公開されています ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
公衆の
   
make lots of public appearances: 精力的に公衆の前に姿を現す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 390
公然
   
it means possible public intoxication: となると公然泥酔罪の疑いがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
公然の
   
public knowledge: 公然の秘密 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 199
公的
   
vivid public lives: 華々しい公的生活 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
公務員の
   
a public lawyer: 公務員の法律家 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
衆人
   
under the public gaze: 衆人監視のなかの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
住民の
   
call public attention to the bad state of the bells: 鐘の惨憺たる状況に住民の注意を喚起 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 148
人々
   
urge the public to do: 〜してほしいと人々に訴える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
人前
   
beneath one’s quiet public manner: 人前ではおとなしいふりをしているが デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 49
人前で
   
be not much of a public speaker: 人前で話すのがあまり得意ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
人目につく
   
despite being a little too public: いささか人目につきすぎるきらいはあるが ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 10
世の中
   
express one’s thoughts in public: 世の中に出て口を利く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
世間
   
endure the full brunt of the public disgrace: 世間で恥辱にまみれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
世間の
   
put ... forward for public scrutiny: 〜を世間の好奇の目に晒す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
世間一般
   
be too recent in the minds of the public: あまりにも世間一般の記憶になまなましい ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 163
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 263
世間向け
   
a public statement: 世間向けステートメント クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
世間様
   
put ... over on the public: 〜を世間様の眼にさらす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 250
他に認められる
   
from the point of view of the public: 他に認められるという点からいえば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 62
対外
   
public image: 対外イメージ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 306
表沙汰
   
become public: 表沙汰になる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 183
傍聴人
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 5

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

various publics: 各界の人々 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 410
too public: 人目がうるさい ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 38
public revelation: おおやけになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
public opinion: 人心 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 242
public officials: 公職にある者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140
public life: 世情 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 449
Public Health Service: 保健所 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
public embarrassment: 不面目 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
public access: 一般回線 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 233
one’s soon-to-be-public disgrace: もうすぐ自分の恥が天下に知れわたる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 347
in the area of public relations: 世間体の デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 321
in public places: 人前で アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 242
in public: 衆目の前で 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 408
in public: 大っぴらに ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 307
in a public place: 街中に ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 280
have never made public: ひそかな 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 215
Grand Public Park: 大市民公園 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
educate public sentiment: 世論を起こす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 20
be opened to the public: 開放する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 38
be made public: 表沙汰になる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 147
a public place: 人目の多い場所 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 157
a public man: お偉いさん ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 267
a public figure: 有名人 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 190
a member of the public: 野次馬 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 210
you are not going to be seen in public with me like that: そんな格好で、(人と)一緒に歩いてもらいたくない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
very public fracas with sb: (人と)はなばなしい騒ぎを演じる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 306
there is widespread public belief that ...: 噂は絶えず、〜といわれている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 135
the public current of the time set too strong and fast for sb: 時世の流れは、恐ろしく急速に、そしてまたどうにもならない勢いで動いていた ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
the place being rather public: 場所が場所なので 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
show a very great public attitude by doing ...: こうして〜してくださる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 100
set in order and make public one’s findings concerning sth: 〜についてこれまでに得られた(人の)研究成果をまとめて発表する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14
say anything unfavorable about ... in public: 〜のことを悪しざまに公言する 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 301
raise a public hue and cry: 表ざたにして騒ぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
public order and discipline: 公安の秩序 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 231
public appearances with sb: (人と)一緒にいるところを目撃される アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 230
praise one’s wife in public: 人前でわざと女房を持ち上げる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
power of public notoriety: 有名人の特権 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 190
play a recording of a splash on the public address system: あらかじめ録音してあったぼちゃんという水音をスピーカーから流す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
over the public address system: スピーカーを通して プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
not to make public relations sense: 世間に対して示しがつかない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 120
make the public attempt to do: 〜する公式の発言をする ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
it is far better not to wash linen of the sort in public: こうした内輪のゴタゴタは、世間に知られないほうがいい ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
into the public eye: 目立つところに ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 19
in the public domain: 版権のない ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 33
in full view of the public: 衆目の前で 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 405
in full public view: 衆目のさなかで 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 44
in both sb’s public and private affairs: 公私両生活において 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 67
in a public place: 人の多い場所で ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 488
get sb to insult one’s son-in-law in public: (人に)頼んで自分の娘の夫を公衆の面前で侮辱させる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 55
do sth out ... in public: ひと中で〜をする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 272
do a lot in public: 人のいるとこでも平気で〜する サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 289
disappear from the public eyes: おおやけの場からいっさい姿を消す ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 317
departure from public service: 公職を離れる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
bring public disgrace upon sb: (人の)ことを表沙汰にする ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 144
be willing to make public: 公開を許す 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 398
be successfully respectable in both my public and private affairs: 公私両生活において先ず先ず破綻なし 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 14
be in the public domain: 機密に属するものではない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
be in public life: 公職につく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 325
be exposed to the public gaze: 晒しものにされている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 78
be concern with one’s public image: 世間体を気にする 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 95
be closed to the public: 立入禁止である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 237
be always seen by public in the act of bowing: もともといつ見てもお辞儀ばかりしている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 265
be afraid to put on public display: 公開を憚る 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 124
as if it were dismissed from public life for evermore: もう永久に用はないというぐあいに ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 55
an outrage against public order: 公序良俗を乱すもの ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 240
all through one’s public career: 公職についてこの方 デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 309
alienate the real public: 市民の気持をどんどん乖離させる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
a wish to shield sth from the public eye: 〜を衆目にさらしたくない ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 5
a public information officer: 広報担当官 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
$400 million public offering: 四億ドルの株式公募 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
be accused by the public prosecution as an emigrant: (人の)訴因というのは、亡命者だという理由だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 180
the most acute public embarrassment: はなはだしい不面目 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
agree on the most fundamental matters of public policy: もっとも基本的な政治的事項において見解をまとめる オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 69
public-spirited and alert neighbours: 近隣の善意と気遣い メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 35
in almost every significant public agency: 公けの重要な部署にはかならずといっていいほど トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
be already in the public domain: もとより機密に属するものではない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
has always been a prime favourite with racing public: 競馬界きっての人気をつづけてきた ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 11
have the most painful and private aspects of ... transformed into public news: 〜のもっとも苦痛に満ちたプライベートな側面がニュースになって世間に流される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 481
bringing our arrangement into the public eye: 二人揃って目立つところに出たがる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 19
but a wild infection of the wildly shaken public mind: いわば大きく揺さぶられた狂的集団心理の感染でもある ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
cause such public excitement: 相当世間の評判になる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
This, of course, was 1969, in a public school on the South Side of Chicago: ただし、ここは一九六九年のシカゴのサウス・サイドにある公立幼稚園だ ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
members of the public just about beat the chimps: 一般人はチンパンジーをやや上回った ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 2
there is a rising public clamor for ...: 〜だと、真剣に討議を重ねている 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 175
it is clearly no more than a public relations maneuver on the great man’s part: どうせ人気とりだ 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 186
public morals are corrupted by sth: (〜が)甚だ風紀を紊す 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 336
act to curry public favor: 売名の行為 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 373
public-relations director: 広報部長 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 36
disdain any transport, public or otherwise: 公私をとわず輸送手段を無視する フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 118
endure the full brunt of the full public disgrace: 世間で恥辱にまみれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
speak in an effete public school drawl: パブリック・スクール特有のあの間のびのした喋り方 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 149
I'm not a good public listener, and I tend to drift: わたしは講演や演説のいい聴衆ではなく、心がほかにさまよっていきがちだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
be the embodiment of the public servant-financier: 優秀な財界人で政府に働いている ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 5
be engaged in frequent travel as a public speaker: しじゅう講演旅行をしている グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 296
if ... is ever made public: 〜がいずれ公表されれば 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 285
it would be a public-relations nightmare to explain ...: 〜を外部に説明するのは広報部にとって悪夢に等しい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
expose ... to public scrutiny: 〜を大々的にすっぱ抜く ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
favor of the public: 世間の同情 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 324
the first public ascent of a balloon: 熱気球の嚆矢 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 195
public-payroll hack: 下っ端公務員 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
loathe public speaking half as much as I do: 人前でしゃべることを小生同様にきらう ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 8
take hold of the public imagination: 人々の心を捉える ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 78
is not inclined to suppress in public places: 人前でもお構いなしに アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 242
ツイート