× Q 翻訳訳語辞典
sense   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のけはいがする
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 110
〜らしい
   
sense sb’s reluctance to leave one to one’s own devices: (人を)ほうっておけないらしい フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 173
〜を嗅ぎつける
   
sense the change in ...: 〜の変化を嗅ぎつける 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 85
〜感を抱く
   
sense a kinship with sb: (人に)親近感を抱く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 389

うすうす分らなくはない
   
sense most of sth: うすうす(〜が)分らなくはない 谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 29
かぎつける
   
have already sensed it: とうにそれをかぎつけている ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 260
けはい
   
diminishing what little remains of sb’s sense of self: (人の)存在のわずかな気配すらもかき消すような言い方だ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 52
こと
   
there is no sense alerting sb to anything: 相手に余計な警戒心を起こさせることはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
さとっていること
   
sb’s early sense: (人が)早くからさとっていたこと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 62
なんとなく予感する
   
sense the conclusion: 行きつく先をなんとなく予感する オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 211
ものがわかる
   
man with sense: もののわかる人間 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 68
ものの道理
   
get some sense into sb: (人に)ものの道理をわからせる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 114
わかる
   
sense ...: 〜がわかる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 466
have already sensed that ...: わかっていた 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 35
わきまえる
   
the proper ambassador with a great sense of ...: 〜をわきまえた恰好の大使 ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 60
わけ
   
whether it makes sense or not: わけがわかろうとわかるまいと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
it doesn’t make any sense: わけのわからん話だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7

センス
   
sb have a crummy sense of humor: 〜のユーモアのセンスは低劣きわまるときている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
a clever man with a winning sense of humor: ユーモアのセンスのある頭のいい男 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124

意識
   
sense of power: 権力意識 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
sense of grievance: 被害者意識 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 18
sense of being a victim: 被害者意識 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 156
possess a strong and spectacular sense of ...: 〜を強く鮮明に意識する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
意味
   
make no sense: まったく意味をなしていない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 77
make as much sense of ... as one can: いまの自分に考えられるかぎりの意味を読みとる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
in the strict sense of the word: 厳密な意味で 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 103
in the conventional sense: 一般的な意味での デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 225
in any sense of the word: どんな意味でも 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
do not reckon there is much sense in ...: 〜の意味を、あまり深く考えない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
意味合い
   
in the sense that ...: という意味合いだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
in a clinical sense: 臨床的意味合い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 572
勘づく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
   
with a sense of significant descent: かなりの下降感を味わう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 212
the sense of relief is palpable: 安堵感が漂う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 61
the sense of being important: 自己の重要感 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
share the same sense of ...: 一様に〜感を味わう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
sense of reality: 現実感 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 94
sense of oneness between mother and child: 母子一体感 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 82
sense of guilt: 罪悪感 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 49
sb with a sense of justice: 正義感に燃える(人) クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 522
Japanese aesthetic sense: 日本的審美感 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
feel a sense of foreboding: 不吉な予感がつのる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 210
feel a momentary sense of contentment: つかの間の満足感に浸る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 209
feel a constant sense of risk: たえず危機感にさらされた状態にある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
experience a strange sense of identity: 不思議な一体感を味わう 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
感じ
   
have the sense that ...: 〜という感じを受ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
have a real sense of accomplishment: できたという感じをしっかり味わう ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 38
感じだ
   
sense that ...: 〜ような感じだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
感じとる
   
sense something about the thought: (人の)思いをいくらか感じとる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
sense ...: 〜を感じとる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 353
感じる
   
sense someone in the house: 家の中に気配を感じる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
sense sb’s obsession: (人の)執念の深さを感じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
sense ... with a particular sharpness: 〜をひどく鋭敏に感じる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 293
感じ取る
   
sense sth faster than anybody: いちはやく〜を感じ取る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 45
sense ... vaguely: 〜ことをなんとなく感じ取る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 241
感覚
   
your senses lie to you: 自分の感覚なんて当てにならない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 74
all sense of direction: 方向の感覚というもの 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
a sense of tragedy: 悲劇を予知する感覚 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
感情
   
peculiar sense of alarm: 一種奇妙な驚愕の感情 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 169
感知する
   
sense trouble: 異常を感知する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 277
   
a sense of woman: 女性観 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 119
観念
   
sense of morality: 道徳観念 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 229
機転
   
have the sense and the kindness to do: 〜してくれるだけの機転と親切がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
   
get the sense that ...: 〜ような気がする ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 132
気がする
   
sense that ...: ふと〜ような気がする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 23
For a few seconds, I'd sensed a hesitant feeler into our computer: 誰かがおよび腰で研究所のコンピュータに探りを入れている、という気がしないでもなかった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 35
気づく
   
sense an edge to sb’s voice: (人の)声がとげをふくんでいることに気づく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
気持
   
there be a real sense of loss: 体のどこかにぽっかり穴が開いたような気持がする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 122
気持ち
   
with a sense of ...: 〜という気持ちで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 350
sth gives one a sense of ...: 〜をすると、〜という気持ちになる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 23
experience a sense of pride at ...: 〜に誇らしい気持ちを感じる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
a sense of the little conventions that belong comes: 当然の世の習わしに従う気持ちが少しは起きてくる オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 139
a sense of competence: まんざらでもない、という気持ち フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 24
気配
   
there is a nebulous sense of intrusion: 何かが近寄って来るぼんやりとした気配をあたりに感じる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 64
a sense of gravity: 厳粛な気配 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 115
気配を感じる
   
wake up sensing sb near one: (人の)気配を感じて目を覚ます カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 34
sense that one is not alone: だれかほかの者がいる気配を感じる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
can sense sb stirring: (人が)身じろぎする気配が感じられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
気分
   
sense of safety, stability, tranquility: 安全、安定、静穏といった気分 フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 52
a great sense of peace and fulfillment: 安心と充足のいりまじったこのうえない気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
   
make sense: 筋が通っている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 98
make no sense: 筋が通らない トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 25
make more sense: まだしも筋が通る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 185
little sense: いまいち筋がとおらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
空気
   
exist a sense of well-being: 満ち足りた空気がしっかりと漂う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 305
見てとれる
   
sense that ...: 〜という様子が見てとれる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 237
見やぶる
   
sense sth: 見やぶる 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 124
五感
   
one’s senses: 五感 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 396
悟る
   
sense that the event is not really in one’s control: とても切り抜けられる事態ではないと悟る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
好き
   
fit in with sb’s sense of risk: (人の)冒険好きにぴったりくる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 183
察する
   
sense what sb is after: 気配を察する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 236
sense sb’s thoughts: (人の)気配を察する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 143
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 62
察知する
   
sense menace in the room: 部屋にみなぎる緊張の気配を察知する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
sense a problem: 異常を察知する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 198
sense ...: 〜を察知する クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 279
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
思い
   
the same sense of ...: 〜と同じ思い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 423
instill in sb a sense that ...: (人に)〜という思いを植えつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
be gripped by an unfocused sense of ...: 漠然と〜という思いにとらわれる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 41
事理
   
display greater common sense than sb: (人より)事理をわきまえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
実感
   
experience any sense of homecoming: 故国に戻った実感を味わう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
   
sense of fun: 遊び心 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 171
神経
   
one want that sense altogether: そうした神経の全然ない(人)なんだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
知覚する
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
伝わる
   
sb sense ...: 〜が(人に)伝わる キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 43
   
would have the sense and conduct to stand firm: それを食いとめる頭や腕があるか スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 146
頭脳
   
with more status than sense: 頭脳より地位が勝った デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 133
道理
   
Only man in the ship who can make you see even a modicum of sense: きみに毛ほどでも道理をわからせることのできる艦内ただひとりの人間だからな マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 189
読みとる
   
can fully sense ...: 〜が手にとるように読みとれる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 259
読む
   
can distinctly sense sb’s strong determination to do: (人の)(〜しよう)という意志がありありと読める 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 126
   
the sense of gratitude for offerings: 遺産に対する感謝の念 ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 51
the sense of doubt and limitation: 疑いの念と無力感 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
sense of fear and wonder: 恐怖と驚異の念 ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 12
feel a strong and irritating sense of pathos: いがらっぽい悲哀の念が強く(人を)つつむ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 85
a terrible sense of necessity for the continuance of energy: 今日もまた活動を続けなければならぬのかという烈しい嫌忌の念 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
納得
   
make good sense to sb: (人に)充分納得がいく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 192
分別
   
use what sense or sensitivity one has: なけなしの分別とハートをふりしぼる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 199
本音
   
talk sense: 本音を吐く ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 64
予感
   
do not live with any sense of impending doom: 破壊的災厄が迫っているという予感はまるでない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 161
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 351
予感できる
   
sense ...: 〜を予感できる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 314
要領
   
show a great sense: はななだ要領を得る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 217
理屈
   
what kind of sense does that make, if ...: もし〜だったら、理屈にあわないんじゃないかね? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
nothing with sb makes sense: (人は)何から何まで理屈にあわんことだらけだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
none of it made any real sense: 理屈に合わん話ばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
do not make much sense: どうも理屈にあわない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
理路
   
be amazed to hear a woman make such a good sense: 女のこんな理路整然たる話しぶりに驚く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
良識
   
regain one’s senses: 良識が戻ってくる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 206
have sense enough to do: 〜するくらいの良識をもつ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 240
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
嗅ぎ取る
   
sense ...: 〜ということを嗅ぎ取る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

some business sense: たいした商売人だ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 73
sixth sense: 勘
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 191
sense trouble ahead: 悪い予感がする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 179
sense that ...: 〜ことを見抜く
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 224
sense that ...: 〜という気がする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 400
sense that ...: 〜と見当がつく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
sense that ...: 〜の気配がつたわって来る
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 199
sense of privilege: 優越感
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 89
sense of modesty: 羞恥心
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 237
sense of life: 生活臭
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 59
sense of destiny: 使命感
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
recover one’s senses: 人心地を取り戻す
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 53
recover one’s senses: 精神状態が正気づく
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 258
one’s sense of apprehension: 不安
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 402
nothing make sense: すべてが常識を逸脱している
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 262
no sense doing: 〜したってしょうがない
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 137
no sense doing: 〜するは愚の骨頂
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 219
makes no sense: おかしなもんだよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 197
make sense: つじつまが合う
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 248
make sense: もっともだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 310
make sense: 一理だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 493
make sense: 確かにそのとおりだ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 128
make sense: 気のきいた科白を吐く
make sense: 筋がとおっている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 145
make sense: 筋がとおる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 302
make sense: 筋が通らない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 25
make sense: 筋が通る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
make sense: 筋道が通る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 108
make sense: 正しい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
make sense: 的を射る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 339
make sense: 当然の話だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 204
make sense: 納得がゆく
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 117
make sense: 判断をくだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
make sense: 有効なことがわかる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58
make sense: 理屈が合う
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 243
make sense: 理屈に合う
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 513
make sense: 腑に落ちる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 96
make perfect sense: ちゃんと理屈がある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
make no sense: 理屈に合わない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 358
lose one’s senses: 気がふれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 90
in that sense: いわば
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 24
in any sense: とても
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 143
in any practical sense: たしかに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
in a sense: 考えてみれば
in a sense: 考えようによっては
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
have any sense: おつむがはたらく
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 56
have a sense that ...: 〜を悟る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 464
don’t make sense: どうも辻褄が合わない
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 238
do not make sense: 変だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 260
do not make sense: 無意味だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
common sense: 当たり前の論理
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 315
come to one’s senses: 気がつく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 236
can sense: 言われるまでもない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 70
better sense: 常識的には
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
a strong sense of reality: 強い真実
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
a sense of decency: 節度
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343
... in every sense of the word: 本当の〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
you should have had more sense: おまえもどじをふんだな
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 191
wonder, with a sense of confusion: 省みては汗顔の至りとなる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 123
with the sense of humor: おかしなやつ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 226
with a powerful sense that ...: 〜という気がして
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 45
with a deep sense of gratitude for ...: 〜に感謝しつつ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 252
wishful thinking in a sense: 一種の空だのみ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
what sb is saying is really common sense: ごくごく当り前のことを言っている
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 66
what sb is proposing makes perfect sense: きわめて理にかなった提案だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 213
was sth in the old-fashioned sense: いまふうにいうなら〜だった
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 278
traveler discards his sense of shame: 旅の恥は掻き捨て
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
there would have been some sense of closure: 決まりがつくと言うんでしょうか
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 61
there was a sense of ‘or else’: あとに続く言葉は「さもなくば……」だろう
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 70
there really isn’t any sense doing: 〜していたって仕方ない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 116
there isn’t any sense not being careful: 無茶したって始まらない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 57
there is some sense to ...: 〜もまんざら的外れとも思えない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 141
there is not any sense trying to do: 〜しようとしても無駄だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 207
there is no sense talking: 何を言っても無駄だ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 175
there is no sense in such a person as myself doing: 私のようなものが〜しては済まない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
there is no sense in doing: 〜しても仕方ない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 192
there is no sense anywhere: 何もかも辻褄の合わないことばかりだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 297
there is a sense of ill ease in sb’s mind: (人は)なんとなく気持が落ち着かない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 177
there is a sense in which we need to go home: 郷愁はやみがたい
the words trailed off, echoing one’s own sense of futility: 徒労感が声に乗り移り、あとは消えてしまった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 327
the sky is so blue that one filled with a sense of well-being: 晴れた空が身に沁み込むように感ぜられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
the sense of recovered dignity: 溜飲が下がる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
that sb have no sense of timing: (人の)間のわるさ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
take sth in its broadest sense: 拡大解釈する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 78
take leave of one’s senses: 頭がどうかする
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 439
survey ... with a sense of resignation and disgust: 〜を諦観と不快の思いで眺める
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 290
still seem to make more sense: 〜と考えるほうがまだしも筋が通るように思えてならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
sth make perfect sense: (事態は)これではっきりする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
sth make a certain amount of sense to sb: 〜に(人は)なんの疑問もいだかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
sth brought me back to my senses: (物事で)我にかえった
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 16
sth bring one back to one’s senses: はっと我に返る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 21
speak and make sense: ちゃんと喋る
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 9
sort of makes sense: そうだろうよなあ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 183
sort of make sense: なにかとても正しいことのような気がする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 136
some people have no more sense than a baby: ひとによっちゃ、あかんぼよりわからんちんなやつがいる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 103
sensing the moment is right, ...: もういいと思って〜する
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 222
sense where sb’s thoughts are leading: (人が)何を考えているかあらかた筋は読める
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 53
sense that sb is trying to tell one something: 何となく物言いたげな様子
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 155
sense one’s own embarrassment: 自分の非を恥じる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 230
sense of false recollection: 見当ちがいの記憶
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
sense a stirring of sympathy: 同情心が動きはじめる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 171
sense a presence from behind, like someone is coming up to one: 向こうから何かがやって来る気配がする
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 116
sense ... before one: 〜を眼前にする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 191
sb’s sense of sb: (人の)存在感
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 151
satisfy one’s own sense of responsibility: (人の)責任を全うする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
refuse to make sense: どう考えても理解できない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 154
prick up one’s senses: 全身を注意の固まりのように緊張させる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 282
one’s sense of who one is: 自分というものの実感
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 108
one’s sense of physical reality itself becomes ambiguous: その肉体までが曖昧になってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 215
one’s priestly sense of duty: 司祭としての義務
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 78
not to make public relations sense: 世間に対して示しがつかない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 120
not make sense to ...: 〜するのもなんだか納得がいかない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 321
no sense in doing ...: 〜しては損
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 596
no sense doing ...: 〜するのも感心しない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
no rational person can see any sense in it: 正気の人間ならこんなこと馬鹿らしくてやれない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 80
never have the sense it has been slept in: そこに眠ってた痕跡がまず見当たらない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
never have made a lot of sense to sb: どうもぴんと来ない
mentally one still feel the same sense of urgency: 気ばかりあせっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 291
many sounds that make little sense: いろんな得体のしれない音
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
make the most sense: いちばん妥当だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
make some sense out of ...: 〜からなにかを考える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 202
make sense to sb: 〜は当然至極のことだと思う
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 375
make sense to sb: 筋が通っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 140
make sense to me: もっともだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
make sense to leave sb alone: ほうっておいても角は立たぬ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 416
make a sort of sad sense: 〜にもの悲しいものがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 220
make a lot of sense: 筋道のとおった内容だ
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 101
lose sense of ...: 〜の感覚が鈍くなる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 119
lose all sense of one’s surroundings: 我を忘れる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 85
lined up with each other, don’t make too much sense: 全部並べてみると、どうも統一がとれない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
just plain good sense: ごくふつうの分別くさい声
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 386
it would make sense to do ...: 〜してみる価値がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 136
it would make more sense just to share with sb ...: 〜を(人)にも知っておいてもらったほうがいい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
it never makes any sense: 毎度理不尽である
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
it makes sense to do: 〜したほうがいい
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 278
it makes perfectly good sense: たしかにちゃんとつじつまが合う
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 356
it make perfect sense: いかにももっともな話である
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 235
it just makes good sense: それでいい
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 156
it just made no sense: とんでもない話だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 107
it isn’t sth at all, not in any ordinary sense: 世間で〜といわれているものとは似ても似つかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
it is the only thing that makes sense: そうでなきゃ話の筋が立たない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 238
it doesn’t make sense to sb: (人は)つじつまが合わないと思う
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 343
it doesn’t make sense: およそ筋が通らないが
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 384
it doesn’t make sense: そんなばかな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 98
it doesn’t make sense: どうも辻褄の合わない話だ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 402
it doesn’t make sense: まるきり理屈に合わない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 424
it doesn’t make sense: 妙な話だろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
it all makes sense: すべてうまく説明できる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 159
it all makes sense: ぴったり符合する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 297
it all make sense to sb: なるほど、と思う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 89
it a kind of sixth sense: 虫が知らせる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 75
isn’t making any sense: わけのわからないことをいっている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 166
inspire one with a sense of protection: (人に)安心感をもたらす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 189
in one sense ...: 〜という気持ちもある
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 277
in its most widely understood sense ...: もっとも一般的な解釈によれば
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
in both senses of the word: 良くも悪しくも
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 67
in a very real sense: それはまさしく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
in a sense one could say ...: 考えようによっては、〜ということもできる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 278
immediately detect with one’s keen feminine olfactory sense: 女の嗅覚でいち早くかぎつける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
if that makes sense: 変な言い方かもしれないが
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 157
if sb have got any sense: 馬鹿じゃないかぎり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 27
if sb has any sense: 悪いことはいわないから
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 144
I see how it make sense to stay married: このまま別れないほうが利口だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 209
hold on to one’s senses: 平静さを保つ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 142
have the usual drilling sense of isolation: いつもの孤独感が心をえぐる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
have the sense sb feel ...: 〜と思っているふしがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
have the sense not to press sb: それ以上押さない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 378
have the good sense to stay out of the way: 気をきかせてどいている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 24
have taken leave of one’s senses: 気が変になった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 75
have sense enough to rise to the occasion: 機転をきかせてうまく対処する
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 17
have not the sense ...: 〜をまるで理解していない。
have no sense of propriety: たしなみなど歯牙にもかけない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 280
have neither sense nor memory: 物わかりも悪けりゃ、物おぼえもわるいときてる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 241
have lived eight years with a sense of imminent crisis: 八年間、気をはりつめて生きてきたような形だ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 49
have got some sense: なかなかいいことを言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 187
have come to one’s senses at last: 一人前の男になる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 143
have better sense than to test sb’s loyalties: (人の)忠誠を試すほどの馬鹿ではない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
have arrived at the frontiers of common sense: 判断の限界のぎりぎりのところまで行き着く
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 198
have a vague sense that ...: 何となく〜な気がする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 129
have a strict sense of propriety: きちんと良し悪しをわきまえている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 208
have a sense of purpose: ひどくまじめ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
have a sense of growing remote from oneself: うっすらと気が遠くなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 76
have a sense of doing: 〜ような気がする
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 207
have a sense of accomplishment: やった、と思う
have a powerful sense of sth: 〜を強烈に感じる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
have a lot of sense and a lot of nerve: 機転もきくし、性根もすわっている
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 17
have a better sense than sb: (人より)よく心得ている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
give the event a sense of occasion: 晴れの場に臨んでいるという心がまえができる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 11
give sb an unexpected sense of power: (人は)自分でも意外なほど力のみなぎりをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
give sb a sense of〜: どこか〜のにおいをただよわせている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 24
give no real sense of the life sb is leading: (人が)どんな生活を送っているか伝わってこない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 143
get sb to see sense: (人)が納得する
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 113
get a sense of what to do: 方針を決める
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
get a sense of ...: 〜を感じとる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 155
get a sense from sb about ...: (人の)態度から、〜を嗅ぎとる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 184
get a sense for ...: 〜にカンが鋭くなる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
figure much that make sense: 理屈に合った答えを思いつく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 255
fight against one’s senses: 自分の見そこないだと思おうとする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 28
feeling an enormous sense of exhilaration: 胸をわくわくさせながら
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 115
feel one’s senses begin to cave in: なんとなく落ち込んだ気分になってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
feel arise in one an overwhelming sense of sb’s closeness: たとえようのない懐かしさが(人の)内部にわき上がってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 33
feel a vague sense of letdown: なんだかすこし物足りない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 202
feel a sense of relief: ?中の細胞がほとびるような安堵にひたされてくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 64
feel a sense of pleasure: 気持ちよく感ずる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
feel a guilty sense of relief: ほっとした自分に後ろめたさを覚える
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 238
fail to make any sense: 理屈の筋が通らない
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 14
except in a technical sense: よほどの解釈を適用しないかぎり
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 100
eventually he comes to his sense: ようやく(人は)われに返る
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 53
don’t seem to make sense: つじつまが合わない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 179
don’t make much sense to sb: (人に)いわせればどれもくだらない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 102
don’t make any sense: 説明にならない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 128
does that make sense to you?: そういうものなの
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
does that make any sense to you?: 心当たりはないか?
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 31
do not much sense: わけがわからない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 35
do not make sense to me: (人は)理解に苦しむ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
do not make sense: 釈然としない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 259
do not make much sense: シリメツレツだ
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 78
do not know sb has such a dramatic sense of timing: こんな劇的な瞬間にやってのけるような(人)とは思っていなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 393
deprive sb of sb’s senses: (人の)正覚を奪う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 385
common sense says that ...: 正論からすれば
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 60
come to one’s senses in a miserable little shop: 息を吹き返してながめまわしてみると、これはまたなんともいえぬちっぽけなひどい店
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 94
come to one’s senses: われにかえる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 122
come to one’s senses: われに返る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
come to one’s senses: 目が覚める
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 227
come to one’s sense: 我にかえる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 268
come to one’s sense: 気をとりなおす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 44
come back to one’s sense: 気をとり直す
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 49
cannot make sense of sb: (人を)どう捉えたらいいのかよくわからない
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 62
can sense that ...: 〜らしい気配が感じられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
can sense sb’s doing: (人が)〜する気配が伝わってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
can only confirm one’s sense of isolation: やはりある種の寂しさがつきまとう
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 145
can make no sense out of ...: さっぱりわからない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 60
can hardly believe the evidence of one’s senses: 自分でもこれがほんとうとは思えないくらいだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 35
bring sb to one’s senses: 我にかえる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 99
bring me to my senses: 私を目覚めさせる
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 9
be the only thing that make sense: 〜以外にしっくり来るやり方なんてありえない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 83
be staying till you come to your senses: あなた方がそういうやけな態度をやめないうちは、かえらない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 144
be something which does not inspire in sb a sense of security: 〜にしてみるとなんとも気のもめることだ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 244
be in some sense a rebel: 反逆者の性格を帯びていると言えないこともない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 166
be filled with a sense of freedom and joy: 自由と歓喜に充ちる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
be due to sb’s sense of obligation to sb: (人に)対して済まないという義理が加わる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
aggravate the sense of guilt sb feels toward ...: ますます〜に対して負目を感じる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 251
actions that make sense: 意義のある行動
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
a vague sense of oppression comes over sb: すこし鬱陶しい気分になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
a sense of urgency: やり場のない焦燥
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 439
a sense of the wondrous unity of the human race: 人類はみな同じだとつくづく思う(こと)
a sense of being watched: だれかに見られている、という気がする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
a great sense of well-being: 豊かな幸せを感じる
a good sense of ...: 〜をよくわきまえる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 202
a deep sense of quiet and relief: 今までにない深い安堵
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
... that make perfect sense to sb: (人にも)十分に納得がいく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
a sense of slovenly, affectionless abandon: どこか投げやりな心のこもらないすさんだ感じ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 91
sense of accomplishment: 何かをやった、という気持ち
one’s sense achieves a power which impels it to seek out ...: (人の)感覚は〜を探りだすまでに高められる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 89
in addition to a deep sense of quiet and relief: 今までにない深い安堵と一緒に
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
do not admire their sense of privilege: 彼らの優越感は受けつけない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 89
one’s sense of alienation from ...: 〜との疎遠感
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 112
allow sb to organize social sense experience: 〜のおかげで、どうにか社会生活を営めている
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 192
sb’s appalling sense of guilt: (人の)異様なまでの自責の念
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 33
belie, oddly, sb’s apparent sense: 分別ありげな(人の)外見を奇妙に裏切る
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 41
even as a child sb has a vague sense that ...: 子供心にも〜ことは薄々と感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 139
a sense of the little conventions that belong: 持ち前のささやかなしきたりにたいする観念
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 59
sense thatremains comfortably beside the pleasure ...: 〜という気持ちと〜する快感とが同居している
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 56
betray a lack of common sense: 非常識だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 211
have a sense of having wasted words and breath: 口をきいただけ損をした気がする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 56
But it could speak and make sense: とはいうものの、ちゃんと喋ることができた
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 9
sense of chronological time: 時間の前後の感覚
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 490
I did have a special clue although not in the sense my wife thought: 妻の言うような意味ではないにしても、べつな心当りはあるわけだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 91
a strange sense of fear for which one can not account comes over one: 自分でも説明できぬ得体の知れぬ恐怖感が襲ってくる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 214
a sense of infinite pity, comes over sb: 涯しない哀憐の情が襲ってくる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 138
a sense of incongruity comes over sb: 奇妙な気持に捕えられる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 146
a sense of cosmic comic: すべてを超越した戯れ
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 76
commend itself as a paramount sense for survival: サバイバルに直結している
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 30
turn common sense into common practice: 当り前のことを当り前にできる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 67
common sense:見識
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 146
where’s your common sense man?: ずいぶん常識はずれじゃないの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
have a lot of common sense: 常識のかたまり
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 117
by any common-sense standard: 常識的に考えたなら
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 187
can sense sb’s concern for one: (人が)自分のことを思いやってくれているのを感じる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 166
sense sb’s kind concern: (人の)思いやりを感じる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 265
feel only a confused sense of one’s irrelevance: こころは徒に戸惑うばかりだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 48
a damn good sense of humor: 実に優秀なユーモアのセンス
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 39
a sense of the fundamental decency: 人間としての礼にかなった行為というものに対する感覚
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 6
be filled with a new and deep sense of disappointment: 変に一種の失望を感じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
a sense of desertion: 見すてられた気持ち
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 454
a desperate sense of solitude: おそろしいまでの寂寞
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
praise sb for one’s highly developed sense of ethics: (人の)倫理性を充分高く評価する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 35
sense sb’s reluctance leave one to one’s own devices: (人を)ほうっておけないらしい
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 173
die of a sort of creeping common sense: 卑屈な常識のとりこ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 65
a diffuse sense of grievance: 漠然とした不満
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 212
dim sense of that ruined grace: (人の)あの崩れさった美貌をうすうす感じる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 209first
ツイート