× Q  ?  翻訳訳語辞典
keen
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
くわしく
   
be a keen observer of human nature: 人間をくわしく観察している アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 112
なまなましい
   
keen dissatisfaction: なまなましい不満 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 21
ぴしゃりと
   
a keen criticism of ...: 〜をぴしゃりと批評する言葉 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 133
むしょうに
   
leave sb with a keen desire for a pipe tobacco: パイプ・タバコがむしょうに吸いたくなる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 111

切実な
   
the keenest grief: この世のもっとも切実な悲しみ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 63
痛く
   
a keen disappointment: 痛く失望した カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 108
痛切に
   
be left with nothing but a keen sense of regret: ただ痛切に悔恨の念が残る 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 35
明確に
   
have a keen understanding of the meaning of ...: 〜の意義を明確に理解する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48
類稀な
   
have a keen patience: 類稀な忍耐心を持っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
炯炯たる
   
sb’s keen amber eyes: 琥珀色の炯炯たる眼 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 22

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

keen instinct: 機敏さ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 304
be not too keen: いやだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 140
be keen and lively: 機敏だ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 325
with one’s phenomenally keen eyes: その視力に秀でた目で 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 176
watch with keen interest: 好奇心をあらわに見守る ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 309
there is so keen a sympathy between us: 私たちのあいだには、何か目に見えないつよいつながりがある ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 184
the wind blows strongly and it has a keen edge: 容赦なく斬りつけてくる強風 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
one might think sb appears enthusiastic, keen to help an ailing man: 病に臥している老人を助けるため、いかにも熱心に取り組んでいるように見えるかもしれない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 115
look with a keen eyes: 鵜の目鷹の目で捜す ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 481
immediately detect with one’s keen feminine olfactory sense: 女の嗅覚でいち早くかぎつける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
grow less keen as the weeks pass: 日がたつにつれて、だんだんうすらぐ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 134
don’t seem very keen on the idea: 何だかもう一つ気が乗らない顔つきをする 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 110
be very keen on ...: 〜に夢中だ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 368
be so keen on ...: 〜に凝っている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 180
be seized with a keen desire to do: ぜひ〜したくなる ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 10
be seized with a keen desire to do: 急に〜したくなる ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
be not very keen on sth any more: もう〜はどうでもよくなった ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 93
be not particularly keen: 気乗りはしない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 90
be not keen on competitors: 競争相手が増えるのは困る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 170
be not especially keen about ...: 〜にあまり寛大でない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 92
be not as keen on doing: 〜するのは、あまり気が進まない ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 185
be keen to do: 〜することは夢である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 115
be far from keen: 難色を示す 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 308
as keen as any ...: どんな(人)にもまして ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
have remarkably deft hands and a keen patience: 動きの精妙な両手と、類稀な忍耐心を持っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
keen to the verge of fierceness: 獰猛なまでにするどい ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 107
He felt resentment that his intellect lacked keen and ruthless canine teeth: 彼は自分の思考に、鋭い残忍な犬歯が欠けていることを憾んだ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 354
At once he would be rewarded with keen-eyed cries of admiration:: すると忽ち目ざとい嘆声がそれに報いた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 47
relentless, keen-witted ready-handed criminal agent: 非情、俊敏な探偵 ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 76
keen observer: 識者 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 219
a keen sensitivity to ...: 〜に対する鋭敏な感覚 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 24
ツイート