× Q  ?  翻訳訳語辞典
sounds
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s incredible ability to imitate and throw sounds: (人が)信じられないような擬音を出してみせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
it sounds absolutely t-fine: 最高だ。文句なしだぜ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
guess that sounds absurd, doesn’t it?: 何を馬鹿なことを、とお思いだろうか フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 80
late-afternoon sounds: 夕刻のざわめき アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 93
the voice sounds questioning, plaintive, almost lost: 声は、もの問いたげで悲しげで、どうしたらよいのかわからないようなひびきを帯びている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
make appropriate sympathetic sounds: しかるべく同情的な相槌を打つ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 81
the sounds of argument: いい合う声 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 247
that sounds as though ...: ということは〜 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
put together a routine of one’s best sounds: 得意の音をいくつも組み合わせて聞かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
do some of one’s better sounds: なにか得意な擬音をやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
sounds like we‘re talkin’ over two tin cans: なんだかまわりがざわざわしているが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
the sounds of traffic ceased miraculously: 交通の騒音も嘘のようにとだえた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
it certainly sounds reasonable: これはきわめてもっともに聞こえる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
it certainly sounds feasible: なるほど、そういう説もなりたつね ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 177
sb’s voice sounds colorless: 声には艶がない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 401
Damn, it sounds complicated: なんだかややこしい話になりましたね ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 278
pounding sounds of the court: コートの足音とボールの音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
that sounds dangerous to me: 穏やかじゃありませんね イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 272
"It all sounds rather fishy to me," declared Pennington: 「しかし、話全体が私にはどうも曖昧に聞こえますね」ペニントンはあくまで頑張った アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 288
the departing sounds of sb: (人が)出かけていく物音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
make sounds of disgust: オエッという フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 418
sounds of swh speak distinctly for themselves: (場所は)雄弁な物音に満ちている アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 95
domestic sounds: 家のなかの音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 352
the excuse sounds lame even to sb’s ears: われながら力ない言い訳に聞こえる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 112
make a few embarrassed sounds: 照れ隠しの音声を二つ三つ洩らす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
hear the sounds of doors opening while the engine keep running: ドアのあく音が、かけっぱなしのエンジン音のなかにきこえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
sounds fair enough: 正解のようだな ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 301
the sounds come exclusively from sb: (人の)ほうの声だけが聞えてきている 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 170
I know it sounds far-out: 途方もない話だと思われても仕方ない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 169
sounds like a great find to me: いいの、見つけたじゃないか 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 103
the strange sounds floating back: 空中を走る奇妙な音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
skillful use of gestures and sounds: たくみな身ぶりや擬声音 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
it sounds like a good answer: 当意即妙の答ができたような気がする ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 153
what sb is offering sounds good: (人の)話には魅力がある ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 135
sounds good: ふーん 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 95
the great range of sounds from ... to ...: 〜から〜にいたるまで、じつにさまざまな音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
sounds great: いいわよ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 117
produce some unintelligible grunting sounds: どもどもと訳のわからぬ声をだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 58
Guy sounds like he's havin a fukin pepileptic fit: よく聴いてみろ。この野郎、癲癇もちみたいにひくひくしながらうたってるぞ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
be relieved to hear that one’s voice sounds normal: (人の)声がいつもと変わっていないことをたしかめ、胸を撫でおろす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
hold to the sounds of ...: 物音に聞き入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123
it sounds like a lot of hooey: でたらめさ ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 236
imitate sounds: いろんな音をそっくりに真似してみせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 73
incoherent sounds of lamentation and regret: 悲しみと後悔の入り乱れた声 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
produce an infinite variety of sounds: 千変万化の音を無限につくりだす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
this sounds insane: 信じてもらえないかもしれないけど べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 311
the murmuring and the intermittent sounds: つぶやくような、とぎれとぎれの人声 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
just what it sounds like: 読んで字のごとしさ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
sounds just like sb: 相変わらずやってるねえ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 184
know the sounds and the sights: 耳目にはいることはすべてわかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
The l-sounds in hello were lightly slurred: 「ロ」の音がかすかにもつれていたのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
I listened, but there were no suspicious sounds only those from the street: 耳をすませてみたが、街の物音以外、べつに怪しい音もしていない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 194
the phrase ‘A’ sounds like magic: Aという、この言葉の魔術だ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 190
make real sounds: 生きている証のように音をたてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
many sounds that make little sense: いろんな得体のしれない音 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
it sounds like it’s meant to: なんか意味ありげにきこえる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 53
that sounds ominous: それだけでもなにかうさんくさい臭いがする ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 28
that sounds ominous: どうもこれがくさい ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 29
that sounds ominous: なにかただごとではなさそうだ ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 27
but this sounds like overkill: それにしても大げさすぎると思います デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 222
the sudden staccato sounds like beans popping: 時々思いだしたようにパチ、パチと豆のはじけるような音がする 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
sounds promising: おもしろそうじゃないか デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 489
one’s voice sounds a shade querulous: (人の)声にすこしばかり不平がましいひびきがまじっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
sounds reasonable: なるほど コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 127
the voice sounds relaxed: 余裕のある声に聞える 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 132
sounds right to me: そのとおりだと思う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
that sounds rough: そりゃ大変だったな ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 419
sounds rough: そりゃ大変だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
Sounds logical: 筋が通っているんじゃないですか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
Sounds like she got nailed by a psycho: 彼女、精神異常者にやられたようですね デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
ツイート