× Q 翻訳訳語辞典
keep   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜が絶えない
   
people keep arriving: 訪問客の足が絶えない トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 265
〜しておく
   
keep one’s fences in better repair: 垣根をちきんと修繕しておく ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 11
〜してくれよ
   
keep a sharp watch: しっかり見張っててくれよ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
〜つづける
   
keep pressing sb about ...: 〜の話を(人に)せがみつづける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
〜にこれ努める
   
keep explaining: 弁明にこれ努める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
〜のままである
   
keep one’s eyes cast down: 目を伏せたままである 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 163
〜ままにする
   
keep a slot open: ポジションを空席のままにする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
〜をあずかっている
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 222

あう
   
be entirely out of keeping with the interior scheme: 部屋の雰囲気にはあまりあっていない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 38
あとからあとからつづいく
   
when things begins to happen they are apt to keep on: いったん事が起こりはじめるとあとからあとからつづいて起こりがちのものだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 164
いつまでも〜している
   
keep up the moral indignation routine: いつまでも悲憤慷慨している デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 253
おく
   
keep the unfashionable babies close: 赤ん坊などという野暮なものを手もとにおく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 191
おさめている
   
keep sth in one bookcase: (物を)ひとつの本棚におさめている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133
おさめておく
   
keep ... to oneself: (人)ひとりの肚におさめておく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
きりもりをする
   
keep house: 家のきりもりをする ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 180
くさらない
   
speeches will keep: 話はくさらない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
くずさない
   
keep one’s tone matter-of-fact: 淡々とした口ぶりをくずさない クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 149
これまでどおり
   
keep doing: これまでどおり〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 113
しきりに
   
keep remembering: しきりに思いだされる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 103
keep hearing: 〜ということをしきりに聞きます クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
keep doing ...: しきりに〜する 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 12
しつこく
   
keep calling: しつこく電話をかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 127
しまいこむ
   
keep sth in ...: 〜を〜にしまいこむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 366
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
しまう
   
keep one’s secret in one’s heart: 疑いの塊りをそっと胸の奥にしまう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
しまってある
   
sth one keep in ...: 〜にしまってある(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
しまっておく
   
keep ... to oneself: 胸にしまっておく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
しょっちゅう〜する
   
things keep coming back to sb: いろんなことがしょっちゅうよみがえってきて、胸がすっきりしない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 21
する
   
keep sth’s engines warm: エンジンを冷やさぬようにする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
そそる
   
keep sb curious: (人の)好奇心をそそる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 261
そのまま
   
keep going: そのまま行く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 462
そのまま〜
   
just keep on going: そのままとどまることを知らない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 100
たえず〜している
   
one’s hand keep moving to do ...: たえず手をうごかして〜している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
keep clear of ...: たえず近寄らぬようにしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
たえず〜する
   
They'll keep us posted: 状況はたえず知らせてきます マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 374
たもつ
   
keep cozy with ...: 親密な関係をたもつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
だれにも渡さない
   
be gonna keep sth: 〜をだれにも渡さない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
つい
   
keep quiet: つい黙っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
つきあう
   
But not the company he kept: だが、つきあっていた仲間はいかん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
つくろう
   
struggle to keep one’s face calm: 冷静な表情をつくろうのに苦労する フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 31
つづける
   
keep scribbling: 走り書きをつづける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
つなぎとめる
   
keep sb: (人を)つなぎとめる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 249
とどく
   
keep an eye on things: 目がとどく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
とどめておく
   
keep ... to ourselves: 〜をわれわれのあいだだけにとどめておく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
どんどん
   
keep on waiting: どんどん先送りにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 22
なおも〜
   
keep looking for a long time: なおもしばらくにらんでいた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 95
はずさない
   
keep to the main shipping channel: 一度も可航水路からコースをはずさない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 32
ひきつける
   
keep sb’s attention: (人の)注意をひきつける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 424
ひきとめる
   
keep sb in ... till sb’s time runs out: (人を)時間切れまで〜にひきとめておく ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 99
ひたすら〜する
   
keep doing: ひたすら〜する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
ひっきりなしに
   
keep studying oneself and one’s expression: 自分の様子やしぐさをひっきりなしに気にする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 94
ふところに入れる
   
keep $10 vig: 十ドルの手数料をふところに入れる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
まとめる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
やまない
   
keep harassing sb’s thoughts: (人の)心を患わせてやまない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 22
やる
   
keep a book: ノミ屋をやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
よく〜している
   
keep having lunch with sb: (人と)よくランチをつきあってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253

引っ張る
   
be kept away from home: 引っ張られて帰れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
隠す
   
secret worth keeping: 隠すに足る秘密 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
be keeping things to oneself: 何かを隠している トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 72
遠ざける
   
keep sb away from ...: (人を)〜から遠ざける ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 110
押しつける
   
keep the receiver to one’s ear: 受話器を耳に押しつける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 247
押し込む
   
keep sth under the bed: ベッドの下に押し込む サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
何度も
   
keep doing: 何度も〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
過ごす
   
keep traveling for much of ...: 〜の期間の大半を旅行して過ごす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 135
覚える
   
keep sth straight: 〜をちゃんと覚える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 67
堪える
   
open one’s eyes as wide as one can to keep the tears back: 両眼をせい一杯瞠き、こぼれでようとする涙を堪えている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 68
幾度も
   
keep bobbing one’s head apologetically: 申しわけなさそうに頭を幾度も下げる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 38
胸の奥にしまいこむ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
継続
   
keep working on the case: 捜査継続 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
見失わない
   
keep one’s head and place: 冷静さや行くべき座を見失わない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 42
護る
   
keep sb safe from John Barleycorn, the devil: (人を)アルコールの魔手から護ってくれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
向ける
   
be keeping a formidably watchful eye on one’s surroundings: ただならぬ注意を周囲に向けている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 46
残す
   
keep sb in after school: 放課後残される ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 197
支えている
   
keep sb sane: 〜の正気をささえている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 184
持つ
   
keep oneself together: 気をしっかり持つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 451
守らせる
   
keep order: 秩序を守らせる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 40
守りつづける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
守る
   
smile at sb in a can-you-keep-a-secret sort of way: あなたは秘密を守れますか、といわんばかりの微笑をたたえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
keeping faith: 信義を守ること クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
keep pretty much to one’s regular appointments: 約束や予定をできるだけ守るようにしている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
keep one’s counsel: 沈黙を守る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 380
hold close to keep one’s baby from the wind: 子供を風から守るようにしっかり抱きしめる ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 250
手もとで大事にする
   
She kept the clock, too, dead bird and all, for a while: 時計は鳥の鳴かぬまま、しばらく妻の手もとで大事にされていた フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
手もとにおく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
収容する
   
keep sb: (人を)収容する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
出ぬようにする
   
still keep to the shadows: やはり暗がりから出ぬようにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
消えない
   
to keep things interesting: そうしておけば火種は消えない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
常に
   
like to keep busy: 常に体を動かしていなければ落ちつかない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 178
飾る
   
keep a photograph of it in sb’s room: 写真が(人の)部屋に飾ってある ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 25
食い扶持
   
earn one’s own keep: 自分で食い扶持を稼ぐ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 122
心に残る
   
keep something: 心に残ったものがある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 150
絶やさない
   
keep in touch: 連絡を絶やさない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
相変わらず
   
keep doing: 相変わらず〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
続ける
   
keep to its course to the south: 南下を続ける 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 22
続出する
   
people keep doing: 〜する者が続出する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 330
待たせる
   
should have keep that cab: あのタクシーを待たせておけばよかった ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 33
大事に
   
keep intact the property left one by one’s ancestors: 先祖から譲られた遺産を大事に守って行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
大切にする
   
what makes sb keep sth: 〜が大切にしているわけ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 62
置く
   
keep sb out of the process: (人を)蚊帳の外に置く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 417
keep sb close to sb’s heart and life: (人を)身近に置いて愛を注ぐ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
keep ... a secret: 〜を腹の中にしまって置く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
調整する
   
keep sb’s schedule: (人の)スケジュールを調整する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
投げあげておく
   
keep the spicer in the air for a minute and a half: スパイサーを一分半も空中に投げあげておく アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 138
秘める
   
keep such feelings inside: そういう感情を内に秘める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
避ける
   
keep oneself from doing ...: 〜するのを避ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
保っている
   
keep one’s cool: 冷静を保っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
保つ
   
keep peace: 心の平安を保つ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 221
keep one’s silence when it is best: 沈黙を保つのがベストのときには口をつぐむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
keep one’s head: 冷静を保つ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
保全する
   
the roof has been kept whole hitherto: 建物の屋根はこれまで保全されてきた E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 33
歩く
   
keep well clear of sb: 〜から十分離れて歩く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 538
抱える
   
keep a tight hold on one’s secrets: 秘密を胸にしっかり抱え込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
keep a special man: 特別の職人を抱える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
免れる
   
keep sb from a quick return to jail: (人が)すぐ刑務所に逆戻りすることを免れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
抑える
   
be kept to a minimum: 最小限に抑えられる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
抑へる
   
each manages to keep the laughter down to a half-suppressed snigger: みんなは自分の笑ひを、忍び笑ひ程度に抑へようと苦心する 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 19
乱れないように注意する
   
keep breathing: 息づかいが乱れないように注意する デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 16
立ち行く
   
the house can be kept up: 家が立ち行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101
ツイート