× Q  ?  翻訳訳語辞典
wit
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ちえ
   
test of wits: ちえくらべ 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 72

ウィット
   
with a bracing wit: ウィットに富む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
fend sb off lamely with wit: ウィットで相手を撃退する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158

警戒心
   
keep one’s wits alert: 警戒心を研ぎ澄まさせる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 203
血のめぐり
   
be as slow of wit as sb is deliberate of physical movement: 躯の動きが悠揚としているように、血のめぐりもおそい マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 22
思案
   
be at one’s wit’s end: 思案にあまる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 47
正気
   
have one’s wits about one: 正気を保つ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 189
知恵
   
have one’s wits about one: 知恵がある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 7
知恵者ぶり
   
sb’s wit: (人の)知恵者ぶり マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 290

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ready wit: 機転の利く話しっぷり ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 72
collect one’s wits: 正気をとりもどす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
be finally at one’s wits’ end: 愈窮する 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 206
try to gather one’s wits: 動揺を鎮めようとする デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 38
stop to regather one’s wits: 途中で一息つく 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 93
speak at random and without wit: 口から出まかせの由なしごとをおつしやつてばかり ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 67
scare the wits out of sb: なんともいえないおそろしい気持になる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
quite ready for a play of wits: とっさに頓智をはたらかせて ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 29
keep one’s wits about one: 用心に用心を重ねる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 83
keep one’s wit about one: しっかり頭を働かせている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 114
have tried everything and be at one’s wits end: 万策盡きて困り果ててゐる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 133
have the wit to do: 〜という手を使う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 227
flat wit of sb: (人が)連発する駄洒落 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 131
be quite at one’s wit’s end: まごつきます 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 45
be at one’s wits’ end: 途方に暮れる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151
be at one’s wit’s end with ...: 〜に手こずっている 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143
be at one’s wit’s end what to do: どうしたらいいのか、見当もつかぬ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 159
be at one’s wit’s end: 思案に余る ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 147
a pity that sb don’t have the wit to understand that ...: あいにく(人は)ばかだから〜ということがわからないのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 416
ツイート