× Q  ?  翻訳訳語辞典
end

主要訳語: 最後(5)   終わり(5)   終わる(4)   つきあたり(4)   はずれ(3)   終盤(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いまに〜される
   
you’ll end up being torn to shreds: いまに喰い裂かれるぞ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 259
おしまい
   
the end of one’s virtue: (人の)生娘時代のおしまい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 122
that will be the end of it: それでおしまい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 73
it is the end for ...: 〜はおしまいだ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 131
おちつく
   
sth end in ...: (会社が)〜におちつく ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 20
おひらきにする
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 39
くらます
   
end the trail: 追及をくらます ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
けりをつける
   
end the matter once and forever: この問題にきれいさっぱりけりをつける ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
end ...: 〜にけりをつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
こちら
   
at this end: こちらで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
しまい
   
read sb’s letter from beginning to end: 始めからしまいまで(人の)手紙に眼を通す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
by the end: しまいには ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 329
しまいには〜
   
it ends in sb’s rolling over: しまいにはもんどりころがる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
しめくくる
   
'Haydon's dead, dammit,,' he ended sullenly,: 「ええもう、ヘイドンは死んだんだ」不機嫌にしめくくった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 79
たもと
   
end of the bridge: 橋のたもと 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 132
つきあたり
   
the other end of ...: 〜のつきあたり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
end in ...: つきあたりに〜がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
at the end of the passage: 通路のつきあたりに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
at the end of ...: 〜のつきあたりには セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 56
つき当たり
   
a balcony upon which the corridor ends: 廊下のつき当たりのバルコニー オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 80
とっつき
   
at the end of the corridor: 廊下のとっつき ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
はしっこ
   
at the other end: もう一方のはしっこ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 83
はずれ
   
the far end: 〜のはずれ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 98
はめになる
   
end up doing: 〜するはめになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
もつれ込む
   
end up in court: 訴訟にもつれ込む ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 19
やめる
   
one’s days of betting for money ended long ago: (人は)とうの昔に金を賭けるのをやめてしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238

ゴール
   
start planning beyond the end: そのゴールの先を考える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
see the end: ゴールが視野に入る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
サイド
   
investigate one’s end: (人)サイドの聞き込みにあたる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
フィナーレ
   
the perfect end to a perfect day: 申し分のない一日にふさわしい申し分のないフィナーレ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168

引けぎわ
   
at the end of the day: 今日の引けぎわに バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 8
   
at the end of ...: 〜のいちばん奥に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 318
occupy one end of theatre’s foyer: 劇場のホールの奥にある部屋 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 100
果て
   
the end of it: この世の果て プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
過ぎる
   
it ended there: それで過ぎた 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 60
過ぎ去る
   
the convulsion seemed to end almost as soon as it had begun: 凄まじい地震は、瞬時にして過ぎ去ったように思われた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
解決がつく
   
end amicably: 穏やかに解決がつく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
吸い殻
   
cigarette end: 煙草の吸い殻 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
   
be attached to the end of ...: 〜との境になっている ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 81
   
be all huddled at one end of ...: 〜の一方の隅に固まる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 297
結末
   
let everything rest on the end: 結末だけですべてを決めてしまう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
a sentence near the end: 結末に近い一句 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
限界
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
行き止まり
   
the end of the driveway: 道の行き止まり プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 23
reach the end of this road: この道が行き止まりになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
行く末
   
it is natural to think of your own end: 個人の行く末に思いを馳せることに何の不思議があろう セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 295
最後
   
work out quite nicely in the end: 最後はいい終り方をする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 90
until almost the very end: ほとんど最後の最後まで プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
drink the bottle of liquor to its bitter end: とことん最後まで酒を飲む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 430
at the very end: 最後の最後には ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 399
a better end to the road: 〜生活最後の職場としてはこちらのほうがずっといい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
最後に
   
bring to a bloody end: 最後に無残に挫折する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
最終
   
end product: 最終結果 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 364
最終楽章
   
際限
   
continue to do without end: 際限なく〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 331
   
build into it inevitably end in unhappiness and easy death: 必ず失意のうちに死んだり、夭折の憂き目に遇う べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 307
時刻がくる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
収まる
   
don’t end easy: 簡単に収まらない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 342
収拾をつける
   
have not got the clout to end sth: 収拾をつける力がない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 235
終える
   
one’s life is due to end in this pointless fashion: このままあっけなく人生を終える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 308
終の場所
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 216
終り
   
beginning and end: すべてが始まりであり終りである。 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 24
終わり
   
towards the end of the lecture: その講演の終わりのほうで 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
towards the end of one’s paper: その論文の終わりのほうで 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 15
the end of the line for sb: (人)にとってはそれが一巻の終わり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
be the end of the game: ゲームの終わりを意味する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
be the beginning of the end of ...: 〜は終わりを告げている ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 196
終わり方をする
   
things end up different: ものごとがもっと別の終わり方をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 419
終わる
   
there’s no fucking end to this: いつになったらこんなことが終わるのだろう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
none of this would end up as a simple youthful passage: このような局面は単なる青春のひとこまとして終わらない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 199
have just ended: 終わったばかり 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 30
end in failure due to one’s error: (人の)落ち度で失敗に終わる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 255
終結
   
end of the cold war: 冷戦の終結 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 11
終止符が打たれる
   
have ended that threat: その警告には終止符が打たれた クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 397
終点
   
give a controllable end to ...: 〜が終点の目印にする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 81
終盤
   
toward the end of the game: ゲームが終盤にさしかかり プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 284
at the end of ...: 〜の終盤にさしかかると プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 35
終焉
   
The end was swift, curiously unspectacular: 終焉は速やかで、妙にあっけなかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 322
終焉を迎える
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 23
消える
   
wish for an end to the love one still have for sb: (人に)対する愛がすっかり消えてしまえばいいのにと望む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
sth ended one’s concerns about being spotted for what one really is: 正体を見破られる心配はそれで消えた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
情報
   
loose ends: いいかげんな情報 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237
尽きる
   
towards the end of the Indian summer: 小春の尽きるに間のない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
尽きるところ
   
切りあげる
   
end the discussion at that point: その辺で話を切りあげる キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 161
切れ端
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
絶える
   
the bequests of the dead have never ended: 死者たちの残した波が収まることは、絶えてない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 547
絶交
   
that will be the end: その時から絶交だ 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 23
絶望
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 15
   
wrap ... around the end of ...: 先のところを〜でくるむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 217
be down at the end of ...: 〜の先に立っている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 180
先っちょ
   
knock the dirt from one’s spikes with the end of the bat: バットの先っちょでこんこんとスパイクを叩いて泥を落とす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
先端
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 340
   
be on the end of some enforced hospitality: お持てなしを無理やり受けさせられる側にいる ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 111
側面
   
speculative ends of astronomy and physics: 天文学や物理学の思弁的な側面 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 71
打ちきり
   
come to a sudden end: 突如打ちきりという羽目になる アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 46
打ち切る
   
end one’s conversation: 会話を打ち切る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 97
打開する
   
end a deadlock: 行き詰まりを打開する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 68
奪う
   
end lives: 人命を奪う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
   
the mangled end: 噛んでいた端 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
polish sth on the fat end of one’s tie: ネクタイの太いほうの端で(物を)拭く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 519
端っこ
   
the end lies on the ground: 端っこが地面にくっつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 151
端れ
   
at the end of the avenue: 道の端れに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
断たれること
   
end of hope: 望みが絶たれること クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
辻褄
   
with no loose ends: 何もかもきちんと辻褄を合わせる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 15
締めくくられる
   
end with a series of hypotheses: 仮説をいくつも並べて締めくくられる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
締めくくり
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 207
締めくくる
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
突き当たり
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
突端
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 217
突当たり
   
the end of the hall: 廊下の突当たり ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 634
片端
   
fling ... to the end of the studio: アトリエの片端に投げ捨てる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 46
   
toward the end of the year: その年の暮に 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 106
暮れ
   
the old year comes to an end: 年が暮れて春になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 224
at the end of 19XX: 19XX年の暮れに ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
   
up to the end of October: 10月末までの ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 3
at year end: 年度末に トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
明け
   
at the end of the shift: 夜勤明けまでには クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
目的
   
win one’s own end: 自分の目的を達する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 586
欲望
   
achieve one’s own ends: 自分の欲望を達する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
落ちがつく
   
end brutally: 陰惨な落ちがついている メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 262
利益
   
one’s own ends: 自己の利益 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 144

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without end: 無限につづく 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 162
weeks on end: 何週間もぶっつづけ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 59
to the end: とことんまで 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 49
the South End: サウスエンド地区 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
the front end of ...: はな先 ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 10
the end of the line: 終点 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 35
the end of a block: 街角 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 307
STREET ENDS: 「通り抜けできません」 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 230
on my end: わたしのほうは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 192
on end: ぶっとおしで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
on end: ぶっ続けに メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 13
make ends meet: なんとかやっていく 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 257
make ends meet: やりくり 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 234
make ends meet: 日々の銭を稼ぐ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
loose ends: 不始末 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 197
loose ends: 不明だったこと ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 281
loose ends: 未解決事項 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
look like an old man who has reached the end of one’s days: 老残の姿 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 447
it never ends: 浜の真砂は尽きない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 138
in the end: あげくのはてに ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 137
in the end: いずれ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 131
in the end: けっきょく僕の選んだ道は べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 58
in the end: つまるところ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
in the end: とうとう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
in the end: とどのつまりは 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
in the end: ながいあいだには メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 68
in the end: やってみると カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 231
in the end: やっぱり 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 37
in the end: やはり 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 61
in the end: 結局 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
in the end: 最終的には トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
in the end: 突きつめてみれば サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 172
in the end: 要するに 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 52
have to end: いつまでも続けていられるはずがない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 166
from one end to the other: 一面の 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 145
end with ...: 〜でしめくくる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 14
end up doing: 〜してしまう 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 214
end up doing: 〜することになる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 65
end up doing: 〜するような羽目になる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 221
end up doing: しまいには〜する サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
end up doing: 結局〜する羽目になる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
end up doing: 結局〜する破目になる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 91
end up doing: 結局何をするかというと〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
end up dead: 命はない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 33
end up beaten: 袋だたきにされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
end up ...: 〜におちつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 234
end up: たどりつく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
end up: 結局、〜するはめになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
end up: 死ぬ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
end the silence: 長い沈黙のあとで口を開く 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 58
end sb’s life: あの世へ送ってやる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 143
end of worries: 何も心配することはない デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 120
end of story: それだけのことだ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 120
end early: ながつづきしない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 47
end at ...: 〜に突きあたる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
deep end: 深み メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 73
dead ends: 行き詰まり ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 161
come to an end: とぎれる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 184
come to an end: 風前の灯 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 279
come to an abrupt end: 途絶える 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 77
career-ending injury: 選手生命を断たれるようなケガ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 145
by the end: 後には トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225
by ...’s end: 〜のほうから数えて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
both ends: 双方 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 109
be at wits’ end: 往生する 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 279
at the far end: 端っこ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
at the end of the day: 今夜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
at the end of one’s abdomen: 尾部 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 71
at the end: とうとう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 90
at the end: 最後にのぞんだ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 175
at loose ends: 暇なときに ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 273
an end-of-winter dullness: 晩冬のものうい気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
would end up being overwhelmed by the newfound freedom: そのあまりの解放感に押しつぶされるのが関の山だ 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 79
would end up ...: 〜運びになる 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 119
would end up ...: やがて〜になってしまう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 261
with this insult, one’s patience is at an end: この侮辱を受けて僕の堪忍袋は切れる E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 24
will take care of you in the end: まさかほっときもしないだろう 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 5
will not put an end to sb quickly: (人を)あっけなくあの世へ送ってやる気持ちにはどうしてもなれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
will end up like sb one day: 行末は(人の)ようになる 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 17
where sb end up: 最後にどうなるか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117
where one would end up: どういう結果になるか トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
where do A end up with B?: AはBに対してどう出る? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
when the year end approaches: 暮が押し迫ると 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
we think we’ve reached the end: もうとてもだめだ、と思う 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 11
we have had no end of trouble with sb: いざこざが絶えたためしがない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
want to tie that loose end up: いずれおとしまえはつける気だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
upset sb no end: (人は)当惑する 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
until the end of the war: 敗戦までは 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
to cover sb’s rear end while ...: 〜というので万一のばあいの護身用 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 233
till the end of sb’s days: (人に)お迎えが来るにまで ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 156
tie up some loose ends: 締めくくりをつける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 419
tidy up the loose ends of ...: 〜の始末をする オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 234
this end of ...: いままでのところ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
think that would be the end of it: それで一件落着のつもりだ メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 93
things ended with sb: (人と)の別れ べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 200
there, let that be the end of it.: それで好いじゃありませんか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
there seems no end to it: 底が知れないように思われる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 175
there is simply no end to ...: 〜が脈々と続いている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
there is no sound at the other end of the line: 電話の向こうには物音ひとつ聞こえない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
there is no end to ...: (〜に)きりがない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 222
there is no end of ...: 〜はいくらでもいる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
there are no end of friends to play with: 遊び相手にも事欠きはしない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 141
there are no end of ...: 〜は跡を絶たない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 102
the whole matter is depressing sb no end: なにかめったやたらと気分のまん中のあたりがムナシクなってしまっている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
the way sb ended up putting it was, ...: 最後にこうきかれたわ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
the person on the other end of the phone: 電話の相手 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 226
the only loose end: 唯一気になったこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
the lower end of ...: 〜のはずれ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
the far end of the corridor: 廊下のずっとむこう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 334
the end was near: 引退の時期が迫っている ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 464
the end result is that ...: それから〜 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
the end of the line: 行きどまり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 213
the end of the bed: ベットの足下に行く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 129
the day is drawing to an end: 日はもう暮れかかっている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
the cost doesn’t end with sb: 支払人が(人)一人にとどまらない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 123
the book really don’t need to end with ...: 〜だと、本の体裁が整わない ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 233
that is, at least, the end of that: それでともかくそのことは片づく スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 285
that is the end of the night’s business: それで、その晩のできごとはけりがつく スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 245
that’s not the end of the story: この話には続きがある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 78
tend to throw it end over end: あわててボールをファンブルし、ややこしいバウンドをさせてしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325
sweet dreams at the end of the journey home: 家に帰れば、道はそのまま夢路へと通じている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 98
stick by you to the bitter end: とことんまでつきあう 新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 65
sleep past one’s stop and end up in ..: 自分の降りる駅を寝すごし、〜まで行ってしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
sit at the wrong end of the table: テーブルの末席につく ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 227
shift at ... end: 〜の勤務が終わる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
set up at either end of the street: 道の両側で眼をとばして突っぱらかってる オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 238
see if one’s troubles ended: その後のなりゆきをうかがう ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
sb was on the other end of the phone: 受話器から聞こえてきたのは(人の)声だった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 67
sb on the other end of the line: 電話の向こうの(人) カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 317
sb end up with sth in the end: いずれは(人の)ところへ返ってくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 146
sb be on the other end: かけてきたのは(人)だった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 20
sb’s end of ...: (〜の誰かの)縄張り ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 90
read the paper from the beginning to end: 新聞に残らず眼を通す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
reach the end of one’s patience: そろそろ堪忍袋の緒が切れかかっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
reach the end of its life: 天寿をまっとうする ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 161
put an end to the long separation from one’s wife: 長らく別居している妻と和解する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 104
put an end to the business: 結論をつける 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 27
put an end to sb’s days: (人の)息の根をとめる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 210
put an end to sb: (人を)ぶち殺す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
put an end to oneself: 始末をつける 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 137
put an end to ...: 〜にとどめを刺す ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 45
put an end to ...: 〜を封じる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 180
prospect for a good corpse at the end of ...: 行きつく先には手頃な死体が待っている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
promise no end of things: これっきりということはないからと約束する レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 221
pound the handle end of the bat on the ground: バットのグリップエンドをグラウンドにこんとつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
our conversation had come to an end: (人は)言葉を失う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22
only to do in the end: あとであきらめて〜する 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 92
only the worst ends ...: よくよくでなければ〜ということはない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 188
on the other end of the line: 受話器の向うに 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
on the other end: 受話器のむこうでは プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
on the other end: 電話をかけてきたのは プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 47
odds and ends of sth: 材質寸法すべてバラバラなもの 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
near the end of the season: シーズンも押し迫ったころ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 410
near the end of sth: 〜の大詰めに ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 25
near the end of one’s rope: これ以上は何をしていいかわからないというところまで近づく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 211
near the end of 1975: 一九七五年の暮れ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
maybe that seems like where this story should end: ここでこの物語を終えてしまうのが妥当のようにも思える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 546
manage to make ends meet: どうかこうか暮らして行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 88
make sb’s hair stand on end: 髪の毛も逆立つくらいひどいもんだ シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 189
make an end to oneself: みずからの生命を絶つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
make an end of sb: (人を)片づける スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 32
made some remarkable changes toward the end of one’s life: 晩年には明らかに人間ががらっと変わっていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 355
let’s try to control loose ends: つまらん面倒はしょいこまないことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 218
lay the cleave of one’s rear end firmly against sth: (人の)尻のふくらみが〜にしっかりと押しあてられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 210
keep up one’s end of the conversation: 会話の相手をする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 305
keep one’s end of the bargain: 約束を守る ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 88
just as easily end up bad: 極悪人になりかねない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
it is the end for sb: (人の)運命もこれまでだ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 213
it is nearer ended: それだけ死期を早めることになるという計算だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 316
it ends the trail: 追跡がそこで終わる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
it ended up doing: その結果〜することになった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 210
is there any end to your questions?: いったい何度同じことをきいたら気がすむんだ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 65
in the years before and after the end of the war: 戦時中から戦後にかけて 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 71
in the end ...: ころ合いを見て、〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 136
in the end the package always comes undone: 使いこみの常として最後にはかならずボロが出てしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
in the end ...: 〜するのが落ちである 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 6
in the end ...: 思いなおして〜する 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 107
if one start worrying about things, one know there would be no end to it: あれこれ心配していたらきりがない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 241
if ... is on sb’s end or mine: 〜というのはわたしにとってか、(人)にとってなのか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
I think that it doesn’t need much know-how to tell how a life is going to end: 人生はどういう結果になるかなど自然にわかっちまうという気がする シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 24
I hope you don’t end up like sb: (人)みたいになるなよ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 382
I’ll look after things at this end: 万事うまくやりますから カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 318
how will all this end: 一体どんなことになるのかしら アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 141
hoping one would end up crying one’s eyes out: 眼玉が溶けるくらい泣きたいと思う シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 138
have tried everything and be at one’s wits end: 万策盡きて困り果ててゐる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 133
have been the end: これっきりになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
have been on both the giving and receiving end of telephone calls that break sb’s sleep: 電話で人を起こすことも電話で人に起こされることも経験している スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
have been hugging sb’s hind end: (人の)ケツにくっついてきた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
have a struggle to make ends meet through the dole days: 失業給付を受けながら生活のやりくりをしてゆく シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 174
have a sole end and aim: 表向きの一枚看板だけですませている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 176
get to the end of one’s walk: いよいよ歩きだそうとする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
get to the end of one’s story: 語りおえる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
get the worst end of the deal: ろくでもない結果に終わる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
get into no end of hot water: 身うごきのとれないせつないはめになる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 18
get in no end of a stew: すごく腹を立てる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 338
get all the loose ends tied up for sth: 〜の締めくくりをつける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
from year’s end to year’s end: 年がら年じゅう E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 69
from end to end: かたっぱしから 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 102
from beginning to end: 一から十まで レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 348
for hours on end: ながいことかかって 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 177
for hours on end: 何時間もぶっつづけに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 348
follow one’s thoughts through to the end: 自分の考えをとことんまでつきつめてゆく サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 295
fit sth up sb’s hind end: (物を)(人の)ケツにつっこむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
find out in the end: いずれ判る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 54
find oneself on the losing end of ...: 〜で分がないとみる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 187
find a way to end it: そのけりをつける オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 105
feel I achieved my end: 満足している ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 162
end with a promise that ...: 〜と結んである 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 295
end with a gush of laughter: そこまでいってげらげら笑う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
end up working for the other side: 敵方に寝返る ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 39
end up with what looks to sb like a devastated life: (人の)目から見ればこんなに落ちぶれた生活を送ることになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
end up with the daughter just like sb: (人)そっくりの娘をもつはめになる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 14
end up with nothing: すべて水の泡に終わる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 428
end up with more than ...: 〜だけしていればいいというわけにはいかない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 259
end up with ...: 〜になってしまう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 128
end up with ...: 最後は〜だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
end up turning the nullification outward: その抹殺指向を外に向けていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 556
end up this way: 結局こうなってしまう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
end up the violent man one become: 暴力的な人間になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87
end up shooting sb dead: あげくに撃ち殺してしまう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
end up on the floor: 床に吐きだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
end up on a couple of canes: あげく杖にすがって歩かなければならない羽目におちいる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
end up on ...: そのあげくに〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
end up like sb: (人と)おなじような最期を迎える バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 169
end up in the hospital: 病院に担ぎこまれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 103
end up in sth: (場所に)たどりつく ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 220
end up in ...: 〜にたどりつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
end up in ...: 〜にまわる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 56
end up in ...: しまいに〜におさまる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 291
end up choosing the same thing: おなじものを選ぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
end up as one of ...: 〜として名を残す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
end up as jealous as sin: やはりうらやましさを感じるんだ 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
end up as a man who spend one’s life preparing to do: 〜するためだけのために生涯を送る人間に育つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 196
end the heavy silence: 重苦しい沈黙を破る クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 309
end sb’s career as sth: (人)の〜としてのキャリアに終止符が打たれる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 177
end of the summer: 夏が過ぎ去るあたり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
end in a fence: フェンスで仕切られる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 108
end away from sth: 終わりをつげる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 43
end any doubts about whether ...: 〜であることがはっきりする ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
end almost all of one’s sentences with a question mark: なにをしゃべっても疑問符で終わるような話し方をする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
end ... in ...: 〜を〜によって閉じる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 37
down to the end of the block and back: 目と鼻の先のところまで行って帰ってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
down at each end of the row: 一列に並んでいる端っこに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
don’t want to end up like sb: 〜みたいになるのはいやだ 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 94
come to an end: フイになる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 67
come to an end: 種が尽きる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 45
come to an end: 長続きしない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 221
come to an abrupt and drastic end: 全く途絶える 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 14
come to a dead end: 手づまりだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 28
come to a bad end: 塀のむこう側に足を踏み外す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 17
come out on the short end of the stick: わるいくじを引きあてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
cause no end of dissension and ill feeling among ...: 〜内部に限りない不和と敵意を産み出す種となる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
catch the end of ...: 〜の続きをする 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 108
bring the scene to an end as quickly as possible: 早くこの場面(シーン)を切り上げる 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 11
bring the business to an end in such a dramatic manner: この恋愛に劇的な幕をおろす ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 121
being on the receiving end of ...: 〜をひたすら受けとめる立場にいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 215
began to suspect that we might end up like this: こういうことになるのではないかとうすうすは思っていた 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 37
become difficult to make ends meet from month to month: 毎月の遣り繰りに骨が折れてくる 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 35
be the living end: ほんとにどうしようもない ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 36
be the end of one’s day: それで一日がおじゃんになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
be put an end to by ...: 〜で腰を折られる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 39
be pretty much at loose ends: 糸の切れた凧に近い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
be past the end of one’s rope: あきれ果てる 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 52
be one’s own dead end: どこへも行きようがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
be observed from the wrong end of a telescope: 遠眼鏡で〜を見る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
be not about to end up in a rooming house: この先も、おんぼろの下宿屋に住むようなことにはまずなるまい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
be coming to an end: そのうち〜は滅びる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 74
be clearly listening to sb’s end of the conversation: 明らかにいつ話が終わるかと聞き耳を立てている クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 134
be at one’s wits’ end: 途方に暮れる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151
be at one’s wit’s end what to do: どうしたらいいのか、見当もつかぬ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 159
be at one’s wit’s end: 思案にあまる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 47
be at one’s wit’s end: 思案に余る ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 147
be at a loose end: 暇をもてあましている レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 174
at the tail end of sth: 〜終了間際 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 75
at the other end of the line: 電話の向こうで トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 129
at the other end: 受話器のむこうで プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 336
at the normal end of a very successful life: 天寿を全うして サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 96
at the far end: つきあたり マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 483
at the end of this three-hour “day”: わずか三時間の“昼”がすぎると 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 242
at the end of the week: 一週間経つと フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 112
at the end of the evening: 夜になると ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
at the end of the day: 五時になっても トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 68
at the end of the day: 日が暮れると プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 263
at the end of the day: 閉店のときに スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
at the end of the dais: 玉座のむこうの ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 46
at the end of it: あげくのはてに E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 52
at the end of a straggling queue of sth: 〜の長い列のしんがりで ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 80
at the end of a solitary mile: 寂しいところを一マイルほど進んだところで セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 19
at the end of ...: 〜を終えて メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 220
at one end of ...: 〜の片一方に プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
as a way of ending ...: 〜のけりをつけるために ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 47
and in the end: それが積み重なって、〜になる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 273
and a lot of unidentifiable odds and ends: その他もろもろの正体不明な物質 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 179
all the loose ends: 糸のほぐれた部分 ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 150
a man at the end of middle age: すでに老年に近い中年男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
a capitalist to end all capitalists: 資本家中の資本家 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 28
a bell would signal the end of the workday: 終業のベルが鳴る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
... disturbs sb no end: (人は)〜が気になって仕方がない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
ツイート