× Q  ?  翻訳訳語辞典
let’s
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
まじめな話にかかろうじゃないか: let’s be straight guys トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

よしきた: let’s ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 118
今夜はこれでお開きとしよう: let’s adjourn for tonight 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 115
お開きにしよう: let’s adjourn ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 76
なるほど: let’s admit it マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
ほら、もうひと口飲んでみようぜ: let’s try it again, shall we? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 223
この件については二度と口外するな: let’s never hear about this again トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
機嫌をなおして: let’s clear the air デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 191
きっぱり決着をつけようではないか: let’s have it out once and for all ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
どんなひとり決めもしないことだ: let’s not make any assumptions クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 175
まあ、仮に〜ということにしておこう: let’s assume ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
現実に目を向けてみよう: let’s avoid the rose-tinted glasses ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 3
そろそろおっぱじめようぜ: let’s shake and bake レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 246
油断は禁物だ: let’s keep our eye on the ball トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
さ、フケようぜ: let’s beat feet スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
〜をつべこべ議論してる暇はない: let’s not belabor ... タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
ひとつぱーっとやろう: let’s cheer this bloody place up ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 59
それははっきりいえることです: let’s make no bones about it ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 42
ちょっと発想の転換というのをやってみようよ: let’s brainstorm a minute オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 143
ま、割引した分と思っていただいてもかまわないんですけど: let’s call it a surcharge, shall we? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
これより食事だ: let’s get some chow クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
あまり気を楽にするんじゃないぞ: let’s not get too comfortable クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 171
つまらん面倒はしょいこまないことだ: let’s try to control loose ends クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 218
穏やかにいこうぜ: let’s be real cool クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
こけをほざいているばあいじゃない: let’s cut the crap イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 302
取引きといこうじゃないか: let’s make a deal クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 556
言い直そう: let’s put it differently 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 213
もうやめよう: let’s drag it out タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 115
少し泳がせる: let’s just keep an eye on sb for a while 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 378
そういっちゃなんだが: let’s face it ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81
確めに行こう、〜かどうか: let’s go and find out whether ... 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 38
忘れちゃ困るよ: let’s not forget タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 53
もう一度やり直さないか: let’s try to make a fresh start 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 89
もう行こうぜ: let’s get the fuck outa here クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 117
ふざけるのはよせ: let’s stop playing games 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 208
友好ムード醸成といこう: let’s generate a little goodwill クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
人目につきたくない: let’s get out of sight ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 140
出ようか: let’s get out here 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 65
早いとこすませよう: let’s get on with it ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 242
からだをほぐしましょう: let’s get loosened up クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
この点ははっきり申し上げておきたいの: let’s get it straight ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 80
行動あるのみ: let’s get it on トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
さあ、話すんだ: let’s go トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
ばっちりやろう: let’s go steady オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 188
またつづきはあとで: let’s go on later ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269
よし、乗った: let’s go ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 453
入れてもらうよ: let’s go サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 158
時計の針を戻そう: let’s go backward ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 2
またいっしょに金もうけをやろうじゃないか: let’s resume the gold rush トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
あまり長居するのはよそう: don’t let’s hang around too long ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 361
これからも勉強がんばりましょう: let’s keep studying hard 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 86
そちらの人に聞こう: let’s hear what these men have to say 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
昼飯でもいっしょにいかがですか: let’s have lunch プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
出してくれ: let’s have it サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 159
さあ、もうごたごたはお終いにしよう: let’s don’t have any more trouble カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 53
長居は無用だ: let’s get the hell out of it マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 227
〜だといいんですけど: let’s hope ... ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 28
ふざけるのはやめようじゃないか: let’s skip the horseplay トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
〜というところかな: let’s just say that ... ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 379
手短かにやりましょう: let’s keep this short 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 89
それはどうでもよろしい: let’s leave that be, shall we? 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 32
今はこれぐらいにしておきましょう: let’s leave it at that for now ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 163
よし、決まった: okay, let’s do that! クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
さて、そこへ、〜だ: now, let’s look at ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
仕事に打ちこめ: let’s work エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 254
何か手を打とう: let’s try something クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
こういう形でお話をしてみてはどうかな、と思う: let’s talk that way ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
ああ: let’s see 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 59
そうだなあ: let’s see 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 236
どうです、こういうのは?: let’s say this スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
たしかに〜かもしれない: let’s say ... レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 211
そう: let’s say デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 188
そろそろコーヒー休憩にしよう: Let’s have a short coffee break ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 1
ふつうにしゃべろうよ: Let’s just talk タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 28
ツイート