× Q 翻訳訳語辞典
once   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しさえすれば
   
Once we find Kamin, this can be worked out: われわれの手でバートをみつけさえすれば、解決できるんだから トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
〜してしまうと
   
once one have finished doing: 〜をすましてしまうと 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 78
〜してみると
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
〜すると
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 71

あるとき
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
ある時
   
Once, she cried and said: "You have changed.": ある時は泣いて「貴方はこの頃人間が違った」といいました 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 267
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
いちど
   
more than once: いちどならず ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
have never once done: 〜したことは、いちどとしてない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 246
いちどだけ
   
Maybe I give you once a lecture: いちどだけおれにも説教のまねをさせてくれ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237
いったん
   
once that happened: しかしいったんそれが始まると ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
いったん〜したら最後
   
And once this was a police matter, everybody would be posturing: そして、いったん警察が介入したら最後、事態は一変する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
いっぺん
   
have been told once: いっぺん聞いたことがある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 265
いつか
   
she had told him once when they lay in rare peace: いつかめずらしく睦まじく身をよこたえているとき、彼女がいった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 210
I remember seeing her once; she was in the garden: いつか庭で彼女を見たときのことを思い出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
I once got this girl Roberta Walsh's roommate a date with a friend of mine: いつか僕は、ロバータ・ウォルシュっていう娘の同室の娘を、僕の友達のデートの相手に紹介したことがあるんだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 210
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 125
いつかなんかも
   
Do you know what he said to me once: いつかなんかも、こんなこというのね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
いつかの
   
As you once observed, money doesn't tempt me: いつかのきみの観察どおり、ぼくは金には心を惹かれないんだ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 101
いつかは
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 73
いつだったか
   
In the high season once--forty: いつだったか、いちばんひどいときなんか四十回だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
ことがある
   
once one have heard sb’s voice: (人の)声を聞いたことがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 19
したぎり
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
その昔
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 277
ただの一度も
   
have not been able to get around to doing it once: ただの一度もそんなことをしたことがない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 109
たまには
   
So maybe he finds a woman once: たまには女をみつけもするだろう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 151
ついいましがたまで
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 221
でも
   
be at once sparse and sumptuous: 質素でもあり贅沢でもある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 433
のみならず
   
once go so far as to do: それのみならず〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170
ひところは
   
Once she had had the house in Oxford and the dacha as a place away from it: ひところはオクスフォードの家と、そこから逃避するための家として、この別荘を持っていた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
ひと声
   
bark once severely: ひと声鋭く吠える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
みると
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 105
もとは
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
もともと
   
sb had once been ...: (人)はもともと〜だった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 87
もともとは
   
よく
   
as my father once said: うちの親父がよく言っていたが デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390

以前の
   
once I would have done: 以前の私なら〜したことだろう ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 297
以前は
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 266
一回
   
only once: 一回きり クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 401
一口
   
drink once: 一口のむ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 273
一時
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
一時期
   
They had a ding-dong once never came to much: 一時期ふたりは仲がよかったんだが、結局大したこともなくおわった ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 83
一瞬
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
一生に一度
   
be one of those who are damned to love once: 一生に一度恋に身をやつす哀れな人間の一人だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 134
一度
   
the kind of catastrophe that only occurs once in hundred of years: 何世紀に一度あるかないかという大異変 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 226
once is enough: 一度でこりる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 66
more than once: 一度ならず クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
have happened to one more than once before: 過去に一度ならず経験していた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
find it convenient to attempt to grab up all your records at once: すべての記録を一度に手に入れるのが便利だと判断する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
一度〜したが最後
   
... once contact had been lost: 一度触接を失したが最後、〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 306
一度などは
   
once was pleased to be lifted up, and give the Word of Command: 一度などは御自身もお上りになって、号令をお掛けになったことさえある スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 44
一度なんか
   
I damn near fell in once: 一度なんか、もう少しで中に落っこちそうになったくらいさ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
一度は
   
at least once or twice: 少なくとも一度は ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
   
as it once was: 元のように 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 222
元は
   
I was a rich man, once: これでも元は財産家なんだがなあ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
言下
   
agree at once: 言下に同じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 28
今まで
   
have never once seen ... properly: 今まで〜をはっきり見たことがなかった 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 126
今回
   
for once one win the fight: 今回は(人も)引き下がらない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 139
最後
   
once ...: (〜したら)最後 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 65
子どものころ
   
You know what my baby-sitter did to me once: 子どものころ、おれがベビーシッターになにをされたか話してやる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 182
初めは
   
something once innocent, delivered over to all devilry: 初めは無邪気な気持から出たものであったが、今ではすっかり悪魔道に堕ちている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
生前の
   
the once varied nature: 生前の変化に富んだ性格 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 328
昔は
   
hint at the beautiful woman sb have once been: 昔はさぞ美人だったろうと思わせる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 21
前にも
   
Karl, I thought we discussed this once: カール、この問題は前にも話し合ったはずですよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 83
即座
   
at once: 即座に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

think once again: あらためてわかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
say at once: 間髪を入れずに答える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
pass at once: たちどころに消える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
only once: 一生に一度だけ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 65
once upon a time: ある時
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 10
once there: 足を踏み入れたとき
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 147
once or twice: 二つばかり
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 106
once more: そこでまた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
once more: それでも
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 109
once more: ふたたび
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
once more: また
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
once more: またしても
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
once more: またも
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
once more: またもや
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 451
once more: やはり
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 40
once more: 改めて
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
once more: 今度も
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
once more: 最前と同様
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
once more: 前と同じように
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
once in a while: たまには
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
once in a while: ときには
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 268
once in a while: 何回か
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 211
once in a while: 時折
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
once I’m satisfied: それで気がすんだら
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 261
once and for all: きれいに
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 8
once and for all: 一挙に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 72
once and for all: 最終的に
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
once again ...: あらためて〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 28
once again: あらためて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
once again: くれぐれも
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 218
once again: さっきと同じように
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 119
once again: ふたたび
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
once again: またしても
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 70
once again: またもや
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
once again: やはり
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 9
once again: 改めて
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 46
once again: 久しぶりに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
once again: 例によって
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 199
once ...: 〜すればしめたものだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 378
not once: ただのいっときも
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 394
not once: ただの一度も
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
more than once: しばしば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
more than once: 一度や二度じゃない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 163
more than once: 何度〜したかわからない
more than once: 再三
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 149
for once: (人)にしては珍しく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
for once: いつもとちがい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 158
for once: くれぐれも
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 141
for once: このときだけは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
for once: このときにかぎって
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 379
for once: このときばかりは
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 33
for once: この時ばかり
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 186
for once: この日にかぎって
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 85
for once: こればかりはと思う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
for once: しかもどうだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
for once: そのときだけは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 76
for once: めずらしく
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
for once: 希有なことに
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 197
for once: 久しぶりに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 158
for once: 急に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
for once: 今回だけは
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 248
for once: 今度こそ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 10
for once: 今度だけは
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 56
for once: 今度ばかりは
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 105
for once: 珍しいことに
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 109
for once: 珍しく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
every once in a while: たまには
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
every once in a while: ときおり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
at once: 〜したとたん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
at once: いきなり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
at once: いっぺんに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
at once: さっさと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
at once: さっそく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
at once: すぐ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
at once: すぐさま
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
at once: すぐに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 366
at once: すると忽ち
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 47
at once: そのまままっすぐ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 95
at once: その場で
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 192
at once: たちどころに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
at once: たちまち
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
at once: つづけざまに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 357
at once: とたんに
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 197
at once: とっさに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
at once: とりあえず
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 78
at once: 一目で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
at once: 一目見て
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 294
at once: 間髪をいれず
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
at once: 急に
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
at once: 瞬間に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 190
at once: 瞬時に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 304
at once: 勝手に
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 190
at once: 真っ先に
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 420
at once: 早急に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 233
at once: 早速
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 119
at once: 即刻
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
at once: 大至急
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 59
at once: 突然
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 196
would not interrupt once: (人の)話の腰を折るような真似はけっしてしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
without once calling or writing sb: (人に)手紙の一通も書かなければ電話の一本も入れない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
when one does, one believes that one is for once doing: 〜する時には〜と信じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
two things at once impress themselves on sb, as important above all others: (人には)とりあえず二つのことが、何より大事だと思われる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
turn all at once toward ...: 突然、〜の方を見る
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 37
then all at once: が、とつぜん
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 335
the sound seems to come from everywhere at once: 音がいちどきに四方八方から聞こえてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 68
the protests cease at once: 抗弁する気持ちはたちまち消えうせてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
the mutt’s yarking and barking once more: きゃいんと喉を鳴らし、ひと声わんと吠える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
that one seem on the point of being at once released: そんな訳で、今にも釈放という形勢にまでなる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 158
thank you once again: あらためて御礼申し上げます
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
take hold of both hands at once: 両方の手をいちどきに握ってやる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 66
start sb learning the business and helping around the shop at once: 明日からでも店の仕事を憶えさせ手伝わせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
set oneself at once to do sth: さっそく(物事を)しはじめる
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 28
set off at once: さっそく出かけていく
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 166
see at once that ...: 〜をひと目で見てとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
sb and sb more than once try to persuade sb to do: (人と)(人が)口を揃えて〜を勧める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
say all at once: ひと息でしゃべる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
retort, stung for once: いつになく厳しい口調でいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 145
respond to at once: たちどころにその空気に染まっていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
recognize sb at once: (人の)顔だということが、ひと目でわかる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
only have sex once in a while, like most people: 普通程度にしかセックスを営まない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 148
one could tell at once that ...: 〜だとすぐにわかった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
once you do ...: 〜したが最後・・・
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 82
once sb have one institutionalized: 病院に入れられたあと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
once sb felt sure ...: 〜と見きわめたところで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 59
once sb do ...: 一度などは〜する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
once or twice one did: (人が)〜したことが数回ある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
once one get going, ...: (人が)しゃべりだすと勢い〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
once more one feel ...: 今さらながら〜を思わずにはいられない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 47
once in a while: ときとして
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
once in a lifetime: 空前絶後の
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 91
once I did finally set off: ようやくお屋敷を離れてからも
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 32
once had sth, which ...: (人が)前に持っていたのは、〜だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 159
once again, one does here ...: ここでもまた(人が)する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 468
once again I’m warning you not to do: くれぐれも〜しないでください
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 5
once ... have done: 〜してしまえば
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 55
not once but several times: 一度ならず数度
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 158
never once think of doing: 〜することなど思いもよらぬことだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 200
never once think ...: 〜なんてこれっぽちも思わない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 435
never once look at sth: (物には)目もくれない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 51
never come out once the whole time: とうとうおしまひまで顔を出さなかつた
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 157
may at once ascertain that: このさい一気にそれを確めたい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 242
lower one’s eyes to ... once more: そのまま〜に目をおとす
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 111
look up to make sure one have gotten the place once and for all: 今度こそたたきつぶしたことをしかと見とどけようと目を上げる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
let’s have it out once and for all: きっぱり決着をつけようではないか
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
know at once that ...: 一目で見てとる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 95
it occurred to sb once again that ...: 〜をいま一度思い出した
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
it never once seemed to cross sb’s mind that ...: 〜とは露ほども思ってみなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 333
it’s easy once you find out what they’re up to: 種明かしをすれば簡単なのよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
install me at once no arguments, in an apartment: 否も応もなく早速、アパートの一室を提供してくれる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 145
I hear once ...: なんでも〜らしくて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
have never once wavered in one’s insistence that ...: 〜と終始一貫、すこしのゆるぎもなく主張している
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 128
have never once mentioned ...: 〜のことは、ひとことも言っていない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
have had this dream more than once in various forms: この夢を再三にわたって、いろんなヴァリエーションで見た
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 15
go at once to the window: 〜するなり窓辺に近よる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
for once in one’s life: 本当にめずらしく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 503
feign comprehension and nod in agreement every once in a while: なんとなくわかったような顔をして相槌をうってごまかす
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
feel at once pleased and dismayed: 嬉しさと苦さを半分ずつ味わう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
every once in a while: その合間に
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 346
every once in a while: 折りにふれて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
enmity wells up once more inside sb: 憎しみの感情があらたに湧いてくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 22
end the matter once and forever: この問題にきれいさっぱりけりをつける
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
cut it off at once: ぱっさり切る
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 314
come see us once in a while: ねえ、たまには顔を見せてよね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
catch one’s attention at once: (人は)いっぺんに心を奪われてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
can tell at once from something in sb’s tone that ...: (人の)言葉の雰囲気から素早く察する
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 149
can deal with sth once and for all: そうすれば正面から取り組むことができる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 295
breaking into a gallop at once: いきなりギャロップに移る
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 124
bite back for once: めずらしくやり返す
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 162
be supposed to be smart once in a while: (〜なら)たまには気の利いたことを言うものだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 529
be begun at once: すぐさまとりかかる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 277
be at once alert with hope: ぽっと希望の色がさす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 298
at once we see that ...: 一目で〜だということがわかる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 153
at once assume a studied elegance: たちどころにとり澄ます
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 125
at once ..., yet ...: 〜であり、〜でもある
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 21
as sb had once asked me: (人の)希望通り
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 144
answer at once with a flat and uninflected assertion: 即座に、抑揚のない声できっぱり答える
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 109
and once one does that: これが始まると
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 185
almost at once ...: 〜したと思うとすぐに〜する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 198
almost at once ...: 〜したと思うと早々に〜する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 198
all do it at once: またいっせいに始まる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268
all at once nothing else on ...: 〜にまさる〜はありえない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
accept at once with obvious delight: 一も二もなくよろこんで承知する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 8
a story goes around once that ...: 〜という話もある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
..., once sb phrased it: (人の)いう〜
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 76
... and at once: 〜したとたん
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 210
actually change sth once a year: 年に一度忘れずに〜を交換する
You will please advise all ships under your command at once Admiral: 指揮下の全艦艇に即刻下令してくれたまえ、司令
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
all at once: 一斉に
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
Also, I wanted to tell you the story of my past as you had once asked me to: それから貴方の希望通り私の過去を貴方のために物語りたかったのです
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 144
and, once more: 今さらのように
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 28
Shame and anguish, the same venomous mix, rose in him once more: 恥と痛み、あのおなじみの有毒なミックスがまたしても心の中に湧き起こった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
at once apologetic and enquiring: うしろめたさと訝しみの入り混じった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 308
say at once rather apologetically: すぐにいくぶんすまなそうな顔でいう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 54
curiosity once more aroused: またもつのる興味
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
as one remark once oneself: (人)自身の言葉に従えば
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 61
should hear it once again, and perhaps listen more attentively: これはもう一度、念を入れて聞きなおさなければならない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 95
be back to make a nest at the home one have once spurned: かって自分が馬鹿にして出ていった場所に助けを求める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
wave the bat once or twice out: 一回二回と軽く素振りをくれてやる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
get a hit once out of every three times at bat: 三打席一安打だ
begin once more ‘You’re my --’: もう一度いいかける。「おまえは拙者の--」
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 151
hear the frogs once again, bellowing out in the back: 裏手の池で蛙がふたたび歌いだす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 122
know once more the bite of hunger: もう一度飢えの苦しみをなめる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 101
be not as viable a business as it has once been: あまり商売にならなくなっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
But the other one only went off once that I can remember: それにひきかえ、もう一つの方はあたしの覚えてるかぎり一回しか鳴ったことがなかったのよ
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 42
The quickest zipper in the West, someone had once called him: 手の早さは中西部一、と評した者もあったくらいだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
call home once a day: 一日に一度、家に連絡を入れる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 465
once-clean car: あんなにきれいだった車
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 180
have to take on one the cares of woman at once: 同時に家の仕事もやってゆかなくてはならない
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
glance at sb once or twice with the quick, careless glance: 一、二度すばやく、さりげなく、視線を投げかける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 79
catch sb once and for all: (人が)逃げも隠れもできない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 146
once-powerful and rapturous full chorus: ひと頃は烈しかった歓喜の大合唱
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
the insufflator come once more into play: またもや粉吹きが活用される
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 151
once again sth come to sb: また〜が巡って来る
with a smile at once heartbreakingly sad and full of compassion: とても悲しく慈愛深く微笑んで
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 112
never once considering how in the world ...: 〜なんてことは、てんで頭にない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 14
know at once what that paper contains: 新聞になにが書いてあるのかすぐに悟る
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 375
count sth more than once: 何度数えたかわからない
once again delineate ...: ここにも〜ということが如実に示されている
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 78
sb’s stammer was just short of what we would once have derisively called a stutter: (人の)口ごもりはひどく、むかしならどもりと軽蔑して呼ばれたところだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 219intelligible
ツイート