× Q  ?  翻訳訳語辞典
writing
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
原稿仕事
   
have tons of writing to do oneself: 原稿仕事がうんざりある 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 190
have a lot of writing: 原稿仕事がたまっている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 146
作文
   
give the students some writing to do: 作文の時間にする 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 27
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 11
手紙
   
that is all the writing: 手紙はそれっきりだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 151
書きもの
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 9
書き物
   
He worries about your writing: アウルの書き物のこと、心配してたわ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
書く
   
the act of writing: 書くという行為 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 118
書体
   
one’s monastery writing: (人)特有の僧院風書体 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
創作
   
one’s talent lies in writing: (人の)才能は創作面にある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 46
落書
   
be covered with writing scratched on the paint: ペンキの上は落書で一杯だ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 27

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the writing goes on: 書く材料には事欠かない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 270
labor at some boring writing job: つまらない原稿書きなどする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 132
across the top there’s writing in pink letters.: てっぺんにはピンクの字が入っている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
weekly trips to a community college to attend an advanced writing workshop or dissect a rat in the biology lab: 毎週コミュニティ・カレッジに行っては作文の上級クラスに参加したり生物学実験室でラットを解剖したりした ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
was devastated when she rejected him and after that rejection sb began writing like sb for the first time: 彼女に袖にされた(人は)深く傷ついたが、それをきっかけに、初めて(人)らしく書きはじめた ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
writing essays on everything and anything: よろず雑文書き 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
even though the hagiographic attitude of historian writing for young pople: 青少年向けにいささか史家が聖人列伝めいた書き方をしているきらいはある アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 82
without once calling or writing sb: (人に)手紙の一通も書かなければ電話の一本も入れない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
take up sb’s cause with a letter-writing campaign: (人の)言い分を支持する手紙を当局に書き送る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
during one’s long writing career: 長年のあいだ(人は)小説を書きながら 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 273
after yet more careful writing: またひとしきり丹念に書きとめてから ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 111
feel a certain constraint in writing: 少し書きにくい 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 111
some pages fall out in sb’s own childish hand-writing: 中から(人の)拙い手書きの紙が何枚か、床に落ちる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169
continue writing: 書く手を休めない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
start writing each other more frequently: 前よりも頻繁に手紙をやりとりするようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 444
merely writing a letter won’t be enough: 手紙じゃ用は足りない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 113
gridlock when one is writing essays: 論文はからきしだめ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
still writing feverishly: 狂ったように書きつづけながら バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 155
'Fine,' he said amiably, therefore, after yet more careful writing: 「なるほど」またひとしきり丹念に書きとめてから、スマイリーはにこやかにいった ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 111
be addressed in a flourishing feminine hand-writing: 宛名が華やかな女文字で書かれている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 159
inevitably feel a certain constraint in writing: しかしながら少し書きにくい 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 111
"How long was the journey?" Smiley interrupted, as he continued writing: 「時間にしてどれぐらいのドライブだった?」スマイリーが書く手を休めずに質問をはさんだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
marquetry writing-desk: 寄木張りライティング・デスク ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
papers were already writing about ...: 新聞はすでに〜を報じている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
from writing single paragraphs to turning in full research papers: 一段落だけの作文から研究レポートの提出に至るまで ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
pause in one’s writing: ちょっと書く手を休める ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 480
the only copy sb really enjoy writing is ...: 心から喜んで書ける文案は〜に限られている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 57
quite relaxed about writing: すごく落ち着いて書く 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 160
still writing: 書きつづけながら ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 112
Smiley suggested, looking up again and pausing in his writing: スマイリーはいって顔をあげ、ちょっと書く手を休めた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 480
even though the hagiographic attitude of historians writing for young people: 青少年向けにいささか史家が聖人列伝めいた書き方をしているきらいはある アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 82
I am not now writing a treatise: 僕は、いま別に論文を草しようというのではない ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 78
while writing ...: 〜を書いているところへ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
It seems wicked to be writing business letters on such a day: こんな素晴らしい日にビジネス・レターを書くのはもったいないような気がしますわ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 57
a wicker writing table: 柳で編んだライティング・デスク プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
as he sat up still later writing his meticulous reports: もっと夜おそく、入念なレポートをしたためているとき ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
said Smiley, writing: スマイリーはペンを走らせていた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
writing materials:筆記用具 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 274
頭の体操に「翻訳訳語辞典 Quiz」もどうぞ
ツイート