× Q 翻訳訳語辞典
without   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜がなくても
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
〜がなくなってしまったいま
   
Without it, there is not a lot left to be said: それがなくなってしまったいま、いうべきことはもうあまりない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
〜されずに
   
do good without knowing about it: 人に知られずに喜ばれることをする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 123
〜しないうちに
   
without giving sb a chance to remonstrate: 相手の口から小言が出ないうちに クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 13
〜とは無関係に
   
The world goes on without me: 世界は僕とは無関係に動きつづけているのだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 156
form without any ... at all: 〜とはまったく無関係に形成される バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 41
〜の味つけもせず
   
say ... haltingly, and without humor: ためらいつつ、ユーモアの味つけもせずに〜という プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
〜の落ちた
   
a tree without leaves: 葉の落ちた木 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
〜をはぶき
   
bounce over the fence without waiting to open the gate: 木戸をあける面倒をはぶき垣根をとびこえる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 6

いとまもなく
   
leave without remembering to bring sth: (物を)持ちこむことを思いつくいとまもなく出発する ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 16
おいて
   
without me?: おれをおいてか? 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 17
ないような様子
   
be broken, piss off, and without hope: 一文なしで、尾羽打ち枯らし、夢も希望もないような様子だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 118
なしでも
   
get along fine without sb: (人)なしでもなんとかする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
なにも〜なくたって
   
without any more killing: なにもこれ以上人を殺さなくたって クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 135
ぬきで
   
without sb: (人)ぬきで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 201

引き去った後は
   
without sb: (人)一人を引き去った後は 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101
何の〜もなく
   
without warning: 何の予告もなく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
何ひとつついていない
   
Without frills: 余計なものは何ひとつついていない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 141
皆無
   
be full of beliefs without kindness: 信条ばかりあって思いやりが皆無だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 196
顔を合わせることもなく
   
without the rest of the family: 家族と顔を合わせることもなく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 23
失う
   
without strength enough to do ...: 〜する力すら失う 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 82
捨てる
   
join in without one’s usual timidity: いつもの臆病さを捨てた調子で(人の)肩を持つ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 245
手を借りずに
   
without sb: (人の)手を借りずに ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 71
出さなくても
   
can read sb’s thought without words at all: 言葉に出さなくたって考えてることが読みとれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 207
抜きで
   
without sb: (人)抜きで トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without warning: 何の前後の脈絡もなく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
without unlocking sth: 鍵を開けるのも忘れている
without success: だめだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
without sitting: 立ったまま
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
without seeing sb: (人の)姿が見あたらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
without saying more: 何もいわず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
without saying goodbye: さよならひとつ言うでなく
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
without salt: 塩もふらずに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
without question: 〜の可能性がまったくゼロである
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 205
without priorities: 優先順位をわきまえぬ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 178
without missing a beat: すかさず
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 253
without looking up: うつむいたまま
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 47
without letting on: 口にこそださないが
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 137
without knowing it: そうと気づかず
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
without hesitation: 間髪入れず
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 83
without doing: 〜するまでもなく
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 76
without condemning: 責めることはできない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 86
without being asked: なにもいわぬうちから
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
without becoming bored: ああ飽きずに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
without asking: だまって
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
without another word: それだけ言って
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 172
without a word: 物もいわず
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 215
without a good fight: 簡単に
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 222
without a glance: ちらりとも見ようとしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
without ...: 〜が添えられていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
not without difficulty: 多少の曲折を経て
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 104
move without moving: 動く気配させ見せずに動く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
live without sun: 闇にひそむ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 73
be without shoes: 靴をはいていない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 268
wouldn’t want to do without sth: 〜をどうしてもほしくなる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 42
would not ... without ...: 〜するときは〜するのが常だ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 6
without working for sth: (物の)ために働くなんてまったく考えない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 305
without trying to explain the mistake that sb have made: 相手がかんちがいしてるということを説明するいとまもあらばこそ、だ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 50
without trying to explain the mistake that sb have made: 相手の思い違いを説明するひまもない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 48
without thinking about it: 無意識のうちに
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 139
without the too-direct eyes: 率直すぎてかえって怪しみたくなるような眼はしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
without the smallest decline in ...: 〜にいささかの乱れもなく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
without the slightest premonition of ...: 〜という予感などは、これっぽっちもおぼえていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
without taking one’s eyes off ...: 〜に目を落としたまま
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 302
without success to do: 〜しようとしたが〜できなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 127
without so much as lifting a finger oneself: 何もしないで
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 155
without so much as doing ...: 〜もせずに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
without so much as a smile: 笑わない顔で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
without saying a word: 無言のまま
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
without regard to ...: 〜の有無にはおかまいなく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
without pausing in one’s chattering: 休みなくいろんなことを言って
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 231
without passing under sb’s eye: (人の)目に触れずに
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
without one day of serious illness: 病気らしい病気とて知らなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 111
without look at ...: 〜には目もくれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
without letting one’s satisfaction show: うれしさを顔に出さずに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 351
without bothering to change out of one’s rough work clothes: 着物も着替えずに厚司姿のまま
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 92
without asking the owner: 畑の人に黙って
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
without any sign of recognition: よくわかっていない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
without any show of bad conscience: 澄ました顔をして
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
without AA, all BB in the world is ...: AAがなければBBもしょせんは〜にすぎない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 209
without a word to sb: (人に)ひとことも物をいわず
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
without a single hesitation: 一瞬のためらいもなく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252
without a hint of ...: 〜とは縁の遠い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 319
without a glance at sb: (人の)顔を見向きもせずに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 227
with sb’s help or without it: (人の)手助けがあろうとなかろうと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
walk close together without making much noise: 鳴りを静め距離をつめまとまって歩いてくる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 204
that goes without saying: わかってるよ、そんなことは
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 240
take things from the field without permission: 畑にあるものを黙って取ってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
take care of itself without any help from sb: いっさい手は加えない
take a sick day today, without being sick: 病気だって嘘ついて仕事を休んじゃった
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 22
suddenly get up and leave our company without a word: ふいと立って部屋の外へ出る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
struggle with sth for some time without saying anything: しばらくのあいだ、ただ黙々と(物と)格闘している
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
struggle with sth for some time without saying anything: しばらくは無言で(物と)格闘している
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 27
sb the world could do without: 死んだ方がましな
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 162
sb’s thought is without solid foundations: (人の)考えには何らの背景もない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 147
say ... without thinking: 〜と(人)としては当然のことを口にする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 341
pass ... without a glance: 〜には眼もくれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
part without ill-blood on either side: 双方快くお別れする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 149
not without a certain bitterness: 口調に多少の苦々しさを込めて
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 193
no one can survive childhood without being wounded: 何も傷つかずに育ってくる人間はいない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 158
never think of sth without a shiver: 〜をふりかえると身ぶるいを禁じえない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 88
never go anywhere without sth: 出かけるときにはいつも持っていく
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 169
never do without ...: 〜するたびに〜する
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 364
manage to do so without much difficulty: 事がたやすく行われる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
let three days go by without dropping over: 三日にあげず顔を出す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
it makes sb uneasy just to know ..., without hearing anything more: それを知っていれば、どうしてその先を聞かずにいられるだろう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 49
it is sth you will have to get along without: そんな〜はなくてもすむ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 219
information without the cure: 消しがたき情報
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
I think that pretty much goes without sayin’: そりゃまあ、そうだろう
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 242
go without my coffee: コーヒーをたつ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 24
go past without slowing: スピードをゆるめることなく通りすぎる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
give in without arguing: 一も二もなく降参する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 228
flow over without doing anything: 上空を素通りする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 12
fishing in the rain without any success: 雨の中のさっぱり釣果のない釣り
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 219
find oneself able to think about sb without doing: (人の)ことを思い出しても〜特に〜しない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
feel lost without sb: この世が終わるような喪失感だ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 37
every ... without exception: 〜という〜はみんな
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 307
don’t go anywhere without sb: どこへ行くのも(人と)いっしょだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
do without asking for further directions: それだけ聞くとすぐに〜する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 166
conclude there is ... one can do without: 〜と手を切る決断をくだす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
can not survive without doing ...: 〜しないかぎり生き延びていくことはできない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
can do without sth: 〜などなくたって困らない
break sb’s apartment without any problem: (人の)アパートにやすやすと忍び込む
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 318
be not without sth: 〜がなくはない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
be not without sb’s amusing side: なかなか捨てがたいものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 149
be not without one’s complications: なかなか容易なことではない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 90
be never without dark glasses: いつもきまって黒い眼鏡をかけている
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 23
be never without ... at one’s heel: かたときも手許から〜を離したことがない
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 111
be never able to do without doing: 〜するときに〜しないではいられない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 144
albeit without the money: 中の金は抜き取られていたが
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 188
a cathedral without people: 人の姿のない教会
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 408
..., but not without ...: 〜、だが、それには〜がいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 329
meet the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs: 将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく現在のニーズをみたす
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
go absent without leave: 無許可外出する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
write everything down plainly and absolutely without concealment: 何も一つも包みかくさずはっきり書く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 29
accept the condition of sb without hesitation: (人の)交換条件を鵜呑みにする
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 6
accept sth without protest: 黙って(〜される)
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 30
accept sb’s troubles without ...: (人の)ぶざまな姿を眼にしても、〜を浴びせかけない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
be not achieved without a terrible price: 〜と引き換えに高価な代償を払う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 76
without acknowledging ...: 〜を意に介さず
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 55
without acknowledgement: 知らぬ顔で
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 141
without the effusiveness of a seeker after acquaintance: 近づきを求めたがるような気配は露ほどもみせず
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 80
without the effusiveness of a seeker after acquaintance: 近づきを求めるようなそぶりは少しも見せないで
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 197
act without warning: 不意打ちをくわせてくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 243
act without hesitation: こころ残りのないように
池波正太郎著 フリュー訳 『後は知らない』(Master Assassin ) p. 182
without more ado: あとくされなく
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 82
without further ado: 有無をいわせず
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 53
how could a child grow to proper adulthood without sth?: 〜がなくて、子どもがどうしてまともな大人に成長できよう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
not even sb can do without arousing adverse comment from other people: さすがの(人)も〜するのでは、何を言われるか分かったものではない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 448
tell sb without alarms: 気負いもなくつげる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 103
on the spot without giving any thought to the matter at all: 即座に考えるそぶりも見せず
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
do almost without thinking: ろくろく考えもせずに〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
be to sb almost totally without significance: (人に)とってまるで無意味だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
almost without cause: これといった理由なしに
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 209
those among them without sin to cast the first stone: このなかにたれか罪なき者あれば石もて我を打て
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
analyse away at ... without doing: 〜を観察するばかりで、〜しない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 93
without benefit of an anesthetic: 麻酔なしの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
announce, suddenly and without warning, that ...: やぶから棒に、〜と言い出す
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 211
find oneself without an answer: 返答に詰まる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 232
without any visible injury: 見たところ擦り傷ひとつ負わずに
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 77
without any detriment to one’s reputation as a perfect gentleman: 別にちゃんとした紳士の体面など汚すことなしに
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 151
without any break: 片時も休みなく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 49
without any particular enthusiasm: 格別うれしいそぶりも見せず
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
hurry on without looking at any of nurses: すれちがう看護婦には見向きもしないで急いで歩く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 150
outsmart anybody around one without making the slightest show of ...: まわりに〜と気どられることなく、みんなをうまく出し抜く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
without noting anything else of interest: ほかには別に目をひくようなものはない
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
without noting anything else of interest: めぼしいものは見あたらない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
without noting anything else of interest: 目についたのはこのくらいのものだ
without the least apparent compunction or repentance: すこしの後悔の色もなく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 144
without any apparent cause: これという原因もみあたらないのに
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 122
without any apparent effort: 見た目にはさして肩肘を張るふうもなく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 115
without pity or appeal: 哀訴の色もみせず
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 90
never be without an appreciation for money: 金銭軽視主義者ではない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
can be approved without reservation: 手放しで安心する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 165
change without any argument: 一も二もなく考えをひっこめる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 322
make any sacrifice for sb in need, without asking anything in return: (人が)困っていれば、何の代償も求めずに進んで自分が犠牲になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 77
without sb’s assistance: (人を)煩わさずに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 239
without attaching any significance to it: 何も考えてみずに
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 175
without even attempting to find a common language to exchange a few broken words in: なにかお互いにわかる片言を話そうという気も起らず
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 176
attempt to proceed without ...: 〜無しにすませる
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 82
without giving it particular attention: なんにも考えずに
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 95
without attracting too much attention: 目立たぬように
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 423
keep on walking without paying the slightest attention to sb: 知らん顔をしてよそを向いて歩く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
without being wholly aware of it: 何とはなしに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 94
without being aware of it, ...: いつのまにか
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 50
without being aware of it: いつの間にやら
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 43
come out naturally, without anything complicated in the background: (言葉が)屈折を経ないで口から出て行く
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 100
without banging sth: バタンと音をたてないように
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 152
the room, bare and without contrivance: 種もしかけもない八畳間
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 12
without sth the cold is more than I can bear: ここは寒帯だから(物でも)置かなくっちゃ凌げない
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 97
without skipping a beat: 一秒も無駄にせず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
begin without preamble: 前置きなしに話しはじめる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 218
without bitterness: 自嘲でなしに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
those little black eyes without any visible whites: ほとんど黒目だけのあの小さな豚目
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
without blinking: ためらわずに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
Stephen sat silent, not sure how to handle the situation without blowing it: スティーヴンはこの申し入れをぶちこわさずに状況に対処するにはどうすればよいかきめかねて、無言で坐っていた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 181
The Mexican immigrant without a Green Card turned out to be a bonus: グリーン・カードを持たないメキシコ移民は予想外の儲けものだった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 265
the book would not happen without ...: 〜がなかったら、本は完成を見なかっただろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 595
without breaking stride: 歩調を変えることなく
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 51
without a break: ぶっとおしで
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 53
without a break: 間断なく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 132
let sb know sth without brutality: (ひとに)〜をおだやかに教える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
never drive without buckling seatbelt: シートベルトを締めずに車を運転することなどただの一度もない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
He called around, and they won't budge without a Virginia search warrant: 空軍省から連絡をしたことはしたけれど、ヴァージニア州の操作令状がないかぎり、電話会社は腰を上げようともしない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 186
without being a burden upon anyone: 人様に縋らずに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 389
without a by-your-leave: ごめんくださいもいわずに
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175add
AWOL:Absent Without Leave
辞遊人辞書
ツイート