× Q  ?  翻訳訳語辞典
passing
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ついで
   
mention ... in passing: 〜を話のついでに出す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 267
つかの間頭をよぎる
   
passing thought: つかの間頭をよぎる想念 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
ふっと
   
passing thoughts: ふっと思う マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 73
ふとした
   
indulge a passing whim: ふとした気まぐれにおぼれる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 101
ふと影のように
   
have a terrible passing inclination to die of ...: むしろ自分も〜で死にたいというような恐ろしい気持をふと影のように起す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178

移り変わり
   
the passing of the year: 季節の移り変わり レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 343
行きずりの
   
break off such passing affairs: こういう行きずりの情事を清算する アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 145
通りすがりの
   
a passing waiter: 通りすがりのウェイター アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 142
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with each passing moment: 刻一刻と 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 20
serene manner of sb’s passing: 極楽往生 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 13
in passing: ぽろりと ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 85
in passing: 顔は知っている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 22
in passing: 二次的に フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 32
in passing: 表面上 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
a passing interest: 一過性の興味 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
wonder in passing who ...: ふと、〜はだれだろうと考える フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 33
with the passing of time: 年を追って 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 257
those you deal with in passing: 行きずりの人 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 64
passing of power from sb to sb: (人)と(人)との力関係の逆転 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 32
I noted, in passing that ...: ふと気がついたのだが ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 112
add almost in passing: さりげなく言う グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 84
Florentyna said, passing on her newly acquired knowledge: フロレンティナは仕入れたばかりの新知識を受売りした ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 119
have no chance at all of passing: とても受かりっこない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 153
my mom passing around trays of pigs in a blanket, fried shrimp, and a special cheese spread baked on Ritz crackers: 母が用意してくれるソーセージパンやエビのフライ、リッツ・クラッカーの上にチーズクリームを塗って焼いたカナッペ ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
only the barest touch in passing: 通りすがりに僅かに触れ合うだけだ リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 98
passing cop on the beat: 巡回中のおまわり ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 203
be passing through in dumb show before sb: (人の)眼前を黙劇のように通りすぎてゆく ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 187
a light piano tune burst from a passing doorway: 通りすがりの家の玄関から軽妙なピアノの調べが流れ出る ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 70
one’s relationship with sb is restricted to passing the time of day: (人とは)挨拶くらいしか交わさない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
hurt more with each passing day: 日ましに辛くなる アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 225
stare at the passing reconnaissance drone: 飛来した無人偵察機をじっと見ている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
without passing under sb’s eye: (人の)目に触れずに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
study the faces of the women passing by: すれ違う女たちの品定めをする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
a shade of vexation is passing over sb’s face: 一瞬まごついた表情をうかべる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 144
be passing through a fashionable phase: 人気沸騰中 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 181
gain a passing satisfaction: つかのまの満足を味わう フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 104
have been in the habit of passing and repassing between France and England: しばしばフランス、イギリス両国間を往復していた ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
lest anyone passing outside may hear it: そばを通る者があっても気どられぬように 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 36
hurrying strangers in the passing crowds: あわただしく行きかう群衆の中の他人 オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 132
sb’s own unruly mind passing over the image of ...: (人の)荒れ狂う頭に〜のイメージがうかんでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
They were just lounging, passing a bottle in a sack: 彼らは何をするともなくたむろして、紙袋に入った酒瓶をまわし飲みしていた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
be just passing it on: 〜を伝えるだけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
keep passing it on to one’s kids: 長いこと歌い継がれている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 33
passing lightly across the intermediate room: さっと間の部屋を抜けて ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 247
mention in passing that ...: 〜ということをぽろりとしゃべる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 85
with the passing of every minute: 刻一刻 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 436
time is not passing at all: 時間がぜんぜん進まない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 415
occasionally houses were damaged by the passing floats: 家を少しこわしたこともあったが 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 130
in passing: 眺めるうち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
while one is passing: 通りがかりに サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 187
thrill to the point of passing out: 快感で気が遠くなる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 140
somebody passing on the street: 通行人 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
passing or not: 一時的であるにしろないにしろ サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 104
passing one’s tongue rapidly across one’s lips: すばやく唇を舐める セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
I guess I been kind of passing it on: 私は何とかはぐらかしてきました ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 223
descend a hill, passing ...: 坂をくだる途中〜がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
a shade of vexation is passing over sb’s face: 苛立ちに顔をちらりと曇らせる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 154
..., patiently passing at ...: (場所で)ねばる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 101
which I might suggest (in passing) even the layman will find of interest: ついでながら、この花火の本は、素人の方が読んでも興味をもてるように書かれている、と自薦させていただきたい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 7
a close and uninterrupted view of the passing trucks: 切れ目なしに続くトラック メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 163
with the passing of the months: 日とともに マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99
ツイート