× Q 翻訳訳語辞典
thinking   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
観測
   
tend to accept his own wishful thinking: 誰の心にも生じがちの希望的観測が残っている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 413
見るとこ
   
to one’s thinking: (人の)見るとこ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 99
考え方
   
that kind of thinking: そういう考え方 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
考証
   
the thinking with regard to Mount Obasute: 姨捨山考証 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
思慮深く
   
sth demands any thinking person’s attention: われわれは思慮深く〜に目を向ける必要がある ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
   
calculate sth into one’s thinking: (何かを)頭に組み込む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 129
本当に上出来の考え
   
For him, that was thinking: 彼にしては、それは本当に上出来の考えだったのだ キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 100
理解
   
be foreign to one’s way of thinking: 〜の理解の外にある 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 132

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

thinking: 首をかしげて
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 165
without thinking: 思わず
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 269
without thinking: 頓狂な
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 151
not thinking: 不注意
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 111
good thinking: 頭がいい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
wishful thinking in a sense: 一種の空だのみ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
the chores are done without thinking: 仕事も訳なくできる
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 95
talk impulsively without thinking: 即興で反射的に喋る
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 64
let me share my thinking with you: わしの考えもいわせてもらおう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
admit that not everything one is thinking in these moments is very gracious: そんなことがあると、決してまとな気持ちではいられない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
after thinking hard: 散々考えたあげく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
it is sloppy work to start thinking ahead of oneself: 考えが先走れば失敗を犯しやすい
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 22
do almost without thinking: ろくろく考えもせずに〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
thinking what an attractive alternative this have suddenly become: ふいに、そのほうがよほど楽だという気がする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 59
listen half amused and half shocked, and can’t help thinking ...: その声を聞きながらなかば笑い、なかば愕然として〜と思う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
and sb was thinking that ...: いましも頭にわいたのは〜との思いだった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 177
put off thinking about ... until another day: 〜については考えを保留して置く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 32
apparently thinking ...: 〜だなあ,というような顔をして
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
a baby is thinking of arriving: 赤ちゃんが生まれたがっている
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 198
try to avoid thinking too much about ...: 〜を頭から追いはらおうとする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
be thinking about ...: 〜のことをいろいろと思い返す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
be thinking of going to bed: そろそろ眠りに就こう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 279
begin thinking of things one ought to say: 言い訳の準備をする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 217
better start thinking of doing: ぼつぼつ〜しよう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
if sb start thinking of all the everyday necessities there is no bloody end: こまごましたものなんて考えだせばキリがない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 12
thinking only briefly of ...: 一瞬、〜と思う
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
go back to thinking about one’s own business: それぞれの物思いに戻っていく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
cannot prevent oneself from wondering nervously what sb is thinking: (人が)何を考えているだろうと思うとそれが気になって堪らない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
can not stop thinking about sth: (人の)頭は〜のことでいっぱいだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
can not help thinking ...: 考えまいとしても考えてしまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
can’t seem to stop thinking of sb: (人の)ことがどうしても頭から離れない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
weigh the matter carefully, thinking of ...: 〜をわきまえる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 65
Since 1886 we have been molding boys into splendid, clear-thinking young men: 一八八八年の創立以来、本校は、常に頭脳明晰にして優秀な青年を養成してきた
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 6
come round to thinking that ...: 〜という考えに傾く
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 84
come around to thinking that ...: 〜と思うようになる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 135
I am thinking about the deep, very private personal needs of people: 今わたしは人間の心の奥底に秘められた、きわめて個人的な欲求のことを考えているところだ
That kind of thinking would someday destroy his Agency: そういう考えかたは、いつかCIAをだめにする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
taunt sb about thinking not doing: 考えてばかりいて、ちっとも行動に移さぬといって嘲る
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 173
not thinking about what one is doing: 自分のしていることをうっかり忘れ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
let one’s thinking drift in a number of mildly erotic directions: 思考を漠然とエロチックな方向に持っていく
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 109
"I suppose it's all basically equivalent," I said, thinking out loud: 「基本的には、ぜんぶ同罪ってことになるのかもしれない」僕は頭の中を整理するように言った
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 96
be thinking exactly the same thing: まさしく同じことを思っている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 531
just thinking about ... made sb finally relax and feel at peace: 〜のことを思いだすと、ようやくすこしやさしい気分になった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 242
Stop thinking about it, he said fiercely and aloud: 考えるのはやめろ、と彼は声に出して荒々しく言った
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 52
it is not until ... that one finally begins thinking about ...: 〜を思い立ったのは〜のことである
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 5
find oneself thinking of sb in terms by ...: (人の)ことを考えるとき〜として思いえがく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
find oneself thinking of sb in sb’s study: 遙かに(人の)書斎を想像する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
find oneself thinking ...: 〜と思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 208
fool sb into thinking that ...: 〜だと(人が)誤解する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 68
fool sb into thinking ...: (人に)〜と思わせようとする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 247
fool oneself into thinking ...: 〜と錯覚する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 128
Machines are capable of thinking but they cannot formulate problems: 機械は考えることはできるが、しかし問題をつくりだすことはできない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 7
Gee, thanks a lot, Smitty, I was thinking: なんてこった、おおきにお世話さま、スミッティ。わたしは思案投げ首の態になった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 74
that got me thinking: そこで、待てよと思った
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 311
let oneself go on thinking about ...: 〜をうだうだ考える
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 103
have a pretty good yuk thinking about ...: 〜のことを思うと笑いがこみあげる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
do me good and set me thinking: 〜すると気分は良いし、考えごともできる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
feeling good, thinking I look great: わたしもなかなか捨てたものじゃないと思う
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 15
She was thinking of the gunplay the night of the break-in,: 賊が入った夜に発砲騒ぎがあったという話を思い出したのだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 409
half thinking that one would do: 〜じゃないかと半ばおびえながら
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
be obviously thinking hard: 必死で考えをめぐらせているのは明らかだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 110
have to smile thinking that: そこまで考えたところで、つい微笑してしまう
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 359
have been thinking of doing: 〜したいと常々考えている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 105
cannot help thinking that ...: 〜という考えの擒になる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 258
you can not help thinking ...: 〜にちがいない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
cannot help thinking that ...: 〜という思いを禁じえない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 25
I hope you’re not thinking of doing: まさか〜するつもりではないでしょうね
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 155
sit there in the dark for hours, thinking: 暗い部屋の中で長いあいだ沈思黙考する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
indulge oneself in thinking that ...: 〜と都合よく考えている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
in one’s constantly perverse way, insist upon thinking of ...: 〜をたえず依怙地に考えている
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 57
be just thinking that ...: ふと思ったんだよ。〜とね
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 80
what one keep thinking about: (人が)ずうっと考えていたこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 219
keep thinking about ...: 〜が気になって仕方がない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161
keep thinking about ...: 〜のことが忘れられない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
have lived one’s whole life thinking of oneself as the only real man: 自分だけは男だ、と思って生きてきたんです
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
Several other linked global trends demand any thinking person's attention: われわれは、思慮深く、関連性をもった他のいくつかの世界的な傾向に目を向ける必要がある
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
do a lot of thinking: ずいぶん考える
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 158
say, thinking out loud: 胸に浮かんだ考えをそのまま口にする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 83
make sb stop thinking about ...: 〜のことを考えなくてすむ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 304
being for the most part too much occupied in thinking ...: あとはただ〜を一心に思いつめている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80might
ツイート