× Q 翻訳訳語辞典
move   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いざる
   
move awkwardly in one’s crouching position: 中腰のままだるそうにいざる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 440
いじる
   
move a few lima beans around on one’s plate: 自分の皿の中の何粒かのいんげんをフォークでいじる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 45
うごかす
   
one’s hand keep moving to do ...: たえず手をうごかして〜している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
うごめく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
かけ直す
   
move the blanket to cover sb from the morning chill: 毛布をかけ直して朝の冷気があたらぬようにしてやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
からだをうごかす
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
くりあげる
   
move up the rendezvous time: 会合予定時刻をくりあげる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 39
こけ
   
make a move on sth: (人を)こけにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
さばく
   
move a lot for us: ずいぶんさばいてくれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 454
ずらからる
   
move fast: 早いとこずらかる ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 138
ずらす
   
move one’s cushion towards verandah: 半分縁側の方へ席をずらす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
せっせと動かす
   
look ominously at sb as one’s fingers move: せっせと指先を動かしながら、実に気持の悪い目付きをして(人を)にらむ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
ちょっかい
   
make a move on sb: (人に)ちょっかいを出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 369
つきだす
   
move sth toward ...: (物を)〜のほうにつきだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
どかす
   
move ...: 〜をどかす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 425
どかせる
   
move ...: 〜をどかせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 88
にじりよる
   
move sb toward sth, closer and closer: ( 人の)身体を押すように、すこしずつすこしずつ〜ににじりよる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
のばす
   
move one’s hand over to sb’s knee: (人の)膝に手をのばす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 27
のぼりつめる
   
move from secretary to top executive: 一介の秘書からトップの座までのぼりつめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 161
はいりこむ
   
have been moving in surreptitiously: 順次ひそかにはいりこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
はなれる
   
move away from sth: 〜のそばをはなれる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 18
まわりこむ
   
move in front of sb: (人の)前にまわりこむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 86
もぐもぐさせる
   
move one’s lips: 口をもぐもぐさせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
もじもじする
   
move in one’s chair: 椅子の上でもじもじする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 137
ゆく
   
move along street: 通りをゆく 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 202
ゆっくりかきまわす
   
move the air above sb: 頭上の空気をゆっくりかきまわす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268

ゴソゴソ動く
   
feel something alive moving: なにか生き物がゴソゴソ動いているような気がする スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
モーション
   
try one’s moves on sb, and sb like them: (人の)モーションをかけ、(人が)それに乗ってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393

移す
   
sth should have been moved intact to ...: このまま〜に移されるべきしろもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
移る
   
move into the house: 実家へ移る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
move into one’s own place: ひとり暮らしできるところに移る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 207
移動する
   
in close harmony move to ...: 仲睦まじく〜へ移動する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
一手
   
this unexpected move: その意想外の一手 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
sb’s every move carefully considered: どの一手も熟考済みだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 103
引っ越す
   
move frequently: 引っ越しばかりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
move frequently: 追い立てられるみたいにしょっちゅう引っ越しばかりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
引っ張る
   
talk sb into moving in with one: 強いて(人を)自分の家に引っ張って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
運ぶ
   
move one’s feet: 歩を運ぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 154
越す
   
wil be moving soon: ちょっと別のところに越すことになった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 26
押していく
   
move the cart inside: なかへカートを押していく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 40
回る
   
the room had not begun to move: まだ部屋は回りだしていない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
感じる
   
the sight of familiar places failed to move him: 懐かしささえ素直に感じなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
感動する
   
the ritual moves sb tremendously: 葬式であんなに感動したことはない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 124
寄る
   
move to the window: 窓に寄る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
move a little closer: 少しこちらに近寄る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 21
去っていく
   
get one’s fill and move on: もうこれで充分だと去っていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
近づく
   
move confidently to sb: 慣れたようすで(人に)近づく グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 93
be moving in one’s direction: (人の)ほうに近づいてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
近よる
   
move toward ...: 近よる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
決断
   
Smart move Dalbert: いい決断だぞ、ダルバート デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 94
結ぶ
   
move onto a friendly footing with sb: 友好関係を結ぶ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
向かう
   
move toward an undesired destination: 好ましくない方向に向かう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
行く
   
move along the streets: 通りを行く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
行動
   
consider a bold move: 大胆な行動に出ようかと思う タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
仕草
   
in three easy moves: さりげない三つの仕草で デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 124
持ち去る
   
move sth: (物を)持ち去る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
取り除ける
   
move ... away from ...: 〜を〜から取り除ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 225
   
the next move: 次の手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
see three moves down the road: 三手先を読む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 285
one’s next move: 次に打つ手 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 58
it is this last sudden move: 問題はこの最後にとつぜん打った手だ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 98
each move sb makes: (人の)一手一手 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
can’t put oneself in a trance and prophesy sb’s next move: 神がかりになって(人の)次の手を読むことはできない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 136
a deft move: うまい手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
手でうごかす
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
手を動かす
   
Dewey, of course, didn't move: もちろんデューイは手を動かさない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
手口
   
old cop move: 昔ながらの刑事の手口 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
住みこむ
   
move in ...: 〜に住みこむ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 76
出る
   
move into the sun: 日の当たる場所に出る ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 64
出動させる
   
have a really good reason to move sb: よくよくの理由があって出動させる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 76
処置
   
a precautionary move: それを防ぐ処置 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 220
上げる
   
move sb up to the next level: つぎのクラスに上げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
乗り込む
   
move in: 現場へ乗り込む バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 210
伸ばす
   
move a hand: 手を伸ばす 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 102
心うごかす
   
be moved by sb’s tone: 声の調子に心うごかされる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
心は動く
   
have been half moved to do ...: 心は大分動いていた ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111
心をうごかす
   
move sb: (人の)心をうごかす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
心を動かす
   
find sb incredulity moving: 信じられないといった(人の)表情は心を動かす アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 301
振り出される
   
move forward at that wondrous speed: あの恐るべきスピードで前に振り出される プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 252
身じろぎ
   
have not moved: 相変わらず身じろぎもしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
身のこなし
   
the move is so gracefully executed that it looks to sb almost like a dance-step: (人の)眼には、その優雅な身のこなしがダンスのステップを踏んでいるかのように映る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
move with the ease: 身のこなしにのびやかさがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 399
move with sb’s kind of lithe, animal grace: 身のこなしがこれほどしなやかな デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 39
身を引く
   
move back from sth: 〜から身を引く 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 10
身振り
   
make a vague move to object: あいまいな異義の身振りをしたが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
身動きする
   
This time Lucien moved: 今度はルーシャンが身動きした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
stay still for a long moment, not talking or moving: 長い間、じっと凍りついている。口をきくものもなく、身動きするもない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 384
it is some seconds before he seemed able to move on: しばらくたつまでは、身動きもできぬようだ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 247
進む
   
move with grace and speed through ...: 〜を、恩寵とともに速やかに進む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
move in slowly and carefully: 用心しつつゆっくり進む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
move down the hall: 廊下を進んでくる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
all move south: (車が)いっせいに南へ進む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 413
進出する
   
人事
   
there was some debate about the wisdom of that move: その人事を危ぶむ声も出た イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 8
船を入れる
   
watch sb move in expertly to sb’s guest slip: ゲスト・バースに船を入れる本職はだしの腕に見とれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
訴える
   
move sb as ...: 〜として(人に)訴える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
早める
   
move ... back a month: 〜を一か月早める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
走る
   
move fast: かなりのスピードで走る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
走行
   
a moving car: 走行中の車 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 166
足を踏み入れる
   
move inside: 足を踏み入れる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 53
対応
   
smart move: 賢明な対応 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 306
電送路を流れる
   
one’s data move: データが電送路を流れる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 271
踏みだす
   
make the first move: 最初の一歩を踏みだす サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 138
動かす
   
move sth an inch: (物を)ぴくりと動かす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
move sb up and down the board: 将棋の駒のように動かす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 304
動き
   
move quickly for a man of his size: その図体の男にしては(人の)動きはすばやい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 120
move like sb be crazed: その激しい動きは、〜のどこにこれだけの元気があるかと思うほどである フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
動きまわる
   
everybody’s always pushing and moving: 全員がいつも動きまわっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
動きをする
   
one’s hands move gently, delicately, in sb’s: (人の)手につつみこまれた(人の)手が、微妙な動きをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
動き出す
   
move forward noiselessly: できるだけ静かに動き出す 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 31
動く
   
refuse to move: そのままビクとも動かなくなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
one’s fingers, which move with rapid surely: 確信に満ちててきぱきと動く(人の)手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
move without moving: 動く気配さえ見せずに動く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
move with such fluidity that ...: あまりにしなやかに動いているので〜 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
move with a strange, jerky motion: ぎくしゃくと動く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 133
move through ... as if undersea: 海の底にでもいるかのように(場所)をのろのろと動きまわる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
move quickly: 風のように動く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
move in the faint motion of one’s doing: 〜するたび、かすかに動く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
move forward on sth: 〜に関して前向きに動く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 275
move around: 動きまわる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
move ahead carefully: 慎重に動く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
have never known how quickly sb could move until tonight: (人が)こんなにすばやく動けるということは、いまのいままで知らなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
can hardly move it: うんともすんとも動かない ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 206
be moving toward more democratic government: 政治の民主化に向かって動いている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 13
動作
   
move with brisk economy: 動作はきびきびして無駄がない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
move slowly: ゆっくりとした動作の(人) カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
move slowly: 緩慢な動作 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
move lackadaisically as one do: 緩慢な動作で〜する 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 44
in one move: なめらかな一連の動作だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 253
反応
   
get sb moving: 反応がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
飛び出す
   
be slow to move at green light: 青信号ですぐに飛び出さない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 181
赴く
   
move hastily into ...: あわただしく〜へ赴く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 8
変わる
   
be moving from a position of doing ... toward one of doing ...: 〜しようとする姿勢から〜という姿勢へと変わりつつある ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
変更する
   
move the dep from two to one: 証言録取を二時から一時に変更する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
be moved forward to ...: 〜に変更する 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 46
歩く
   
still moves slowly and unevenly: のろくさした千鳥足を変えずに歩く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 470
move slowly toward ...: (場所)の方へのっそりと歩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 24
move serenely and watchfully: 悠々と、あたりを注意深く見廻しながら歩く O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 53
move in a shambling but now exceeding quiet gait: ふらふらと、だがもう極力足音を忍ばせて歩く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
move across the room with the agility of a cat: 猫のようにしなやかに部屋を歩く イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 42
move about downtown: ダウンタウンを歩く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
歩み
   
the move of sth proceed at different paces in ...: 〜の歩みの速度は〜によってまちまちだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
歩む
   
move in one’s farmer’s gait to ...: (場所に)向かって、農夫のような足どりでゆったり歩んでいく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
滅び去る
   
a silent reminder of the time when the world has not yet moved on: 滅び去る以前の世界の名残を今に伝える無言の形見である スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 106
躍り出る
   
move to center stage: 舞台の中央に躍り出る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 10
離れる
   
feel incapable of moving from the hearth: なかなか炉傍から離れられない E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 86
立ち動く
   
sound of people moving around: 人が立ち動く気配 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
流れる
   
cars moving freely in the opposite direction: スムーズに流れている反対車線の車 フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 86
流れるような動き
   
have the moves: 流れるような動きが素晴らしい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 183
徘徊する
   
can swear something is moving nearby: 体の近くを何かが徘徊しているような気配を感じる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 43

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

we need to move: 急ぐぞ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 404
visibly moved: 感激の面持で
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 216
stop moving: ぱたりと手足の運動を已める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
perceptibly move away: あきらかに身を避ける
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 241
one’s first move: まずやるべきこと
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
nobody moves: だれひとり身じろぎもしない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 100
no one moved: みな微動もしない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 231
moving on briskly: さっさと通り過ぎることにする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 81
move toward ...: 〜へ辿りつく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 184
move to tears: 涙ぐむ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 123
move to rise: 席を立とうとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
move to ...: 移り住む
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
move tick for tick: 連動する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 177
move through one in a subdued rumble: 蠕動する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
move the words: 編集作業をする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 197
move strangely: 怪しい動きがある
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 230
move some things: いろんなものを片づける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 406
move slightly: ちょっと身じろぎする
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 72
move sb deeply: (人を)感激させる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 30
move sb around: (人を)振り回す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 113
move runners around: ランナーを進める
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 104
move restlessly: 居心地悪そうにもじもじする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 6
move over: (人の)ところに来る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 258
move out: 家を出る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
move out: 家財をひきはらう
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 78
move one terribly: (人は)ひどく胸を打たれる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
move on sb: 誘いをかける
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 157
move on quickly: 急ぐ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
move on ...: 〜ではいる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 22
move on: 読む
move on: 立ち去る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
move into ...: 〜に流入してくる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 113
move in: 一気に攻めこむ
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 108
move in: 入居する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 276
move faster: さらにどんどん速度を上げる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
move fast across: ちょろちょろとよぎる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 94
move down: 乗り入れる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 78
move constantly forward: 進んでゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 402
move back and forth: 揺れる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 371
move back ...: 〜に舞い戻る
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 51
move back: 後ろに身を引く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 161
move away: その場を退散する
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 171
move away: 引き払う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268
move away: 身を離す
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 43
move aside: わきへどく
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
move around ...: 〜への転勤
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 209
move around: 転々と移動している
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
move apart: 疎遠
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
move ahead: 一歩リードする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 13
move aboard: 乗りうつる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 26
make first move: 先手を打つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
in one move: 目にも止まらぬ早さで
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
have moves: なかなか筋がいい
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 180
frenzied moving sth: 大揺れに揺れる〜
feel deeply moved: 烈しく心をゆさぶられる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 139
events move rapidly: 事態は急速度で展開する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
don’t move about so much: 少し慎む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 107
don’t move: 〜から離れない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 57
don’t move: 凝としておれ、凝と
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 219
do not move: 一本調子だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
do not move: 身じろぎもしない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 174
be tremendously moved: すごくうれしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
be easily moved: 情に脆い
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 383
be deeply moved: つよい衝撃をうけている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 152
... move sb: 〜に感動すら覚える
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 116
your next move would be ...: 今度は〜ということになる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 319
you’ll have to move quickly: ぐずぐずしてちゃいけませんよ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 279
with one’s arms pumping back and forth and one’s legs scarcely moving at all: 両手をこちょこちょとせわしなく振り回すだけで足の動きはちっとも変らない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
when sb and I first moved in together: (人と)暮らしはじめた頃
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 105
what’s sb’s next move going to be?: (人が)つぎにどう出るか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 14
watch sb’s every move: (人の)一挙一動を見守る
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 186
watch sb’s every move: (人の)一挙手一投足に視線をそそぐ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
watch sb’s every move: よくよく気をつける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
watch every move of sb: (人の)一挙一動から目をはなさない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 184
they incorporate a battery of feminine moves: これに、女性らしいジェスチャーが加わる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 20
there wouldn’t be an inch to move in: 足の踏み場もない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
the two halves moving apart: するすると両側に開く
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 116
the thought make one’s heart move painfully: そう思うと胸がきゅんと痛くなる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 100
the media have decided to move out of town: メディアがそっくり引き上げてしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
the effort to move seems so massive: 引越しの準備にとりかかるのは、とりあえず大儀な気がする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268
that is the first move: すべてはそれからだ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 65
talk all the way, move sb down the drive: べらべらしゃべりながら車寄せを抜ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
swiftly move the muzzle away from ...: すうっと銃口を〜から横に逸らす
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 45
sth move sb tremendously: 胸を打たれる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 38
start to move to the door: ドアに向かう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 258
sit there, in the dark, not moving: 暗闇の中に身じろぎもせずに坐り続ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 525
sit cross-legged, not moving: あぐらをかき不動の姿勢である
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 83
see why things aren’t moving: 列の進まない原因を確かめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 191
sb and sb can’t move toward each other: (人と)(人が)歩み寄ることができない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 347
sb’s eyes move between them: 二人を交互に見つめる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 60
say, one’s tight-lipped mouth moving jerkily: こわばった唇をひきつらせていう
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 13
restlessly move back and forth: 往ったり来たりしている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 41
push on moving into a prohibited frontier: 禁じられたフロンティアをさらに追い求める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
prepare to move on: つぎの場所に向かうまで
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 10
pay the claim and move on: あきらめて保険金を支払うしかない
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 270
partly, one make the move to test ...: 〜という試す気持ちが強い
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
one move like greased lightning: (人の)やることは、電光石火だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
one’s tummy is on the move: 胸がむかつく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
one’s limbs move at double the beat: ステップはダブルビート
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
one’s legs won’t move: 足がいうことをきかない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 115
one’s hips move in against sb’s: (人の)腰にむかって、(人は)ぐいと腰を突き出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
now and then, one move in and out of ...: 〜の中を出たり入ったりする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
nothing in ... moves: なにひとつぴくりともしない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
no traffic move on the street: 通りには、車は一台も走っていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
no traffic move on the sidewalk: 歩道にはひと気はまったくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
moving back for good: 町へもどって腰をおちつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
move usually around the fringes of the city: 町の外縁部をうろうろしてする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
move up to ...: 移り住んだ先は(場所)
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
move up or down ...: 〜を上下する
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 129
move up on its flank: 外から急襲をかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
move unsteadily toward sb: おぼつかない足どりで(人に)近づく
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 72
move uncomfortably close to sb: もじもじと(人に)近寄る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 125
move towards sb like a cloud of locusts: イナゴの大群よろしくどっと押し寄せてくる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
move toward sb hungrily: たまらず近寄ろうとする
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 241
move together and embrace: 身を寄せ合う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 76
move to far-flung locales: 離れた場所から離れた場所へ渡り歩く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
move through the bustling crowds: 雑踏にもまれる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 94
move the pan off the stove: フライパンを火から下ろす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 94
move the hair away from sb’s face: (人の)顔にかかった前髪を払う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 307
move the blinking box to ...: 〜にカーソルを合わせる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 197
move sth to one side of one’s tray: (物を)トレイの端っこにやる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
move sth off one’s lap onto the floor: 膝の上から(物を)床に降ろす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
move sth into ...: (物を)〜に送りこむ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 100
move steadily toward me: こちらにじりじりと寄ってくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 339
move somewhere else to sit: 場所を移動する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 271
move slightly for some reason, and ...: ひょっと身体を曲げた拍子に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 208
move sb to third: サードへコンバートする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 220
move sb over the rug: 敷物の上をいったりきたりする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 178
move over to ...: 思いきって(場所)へ行く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 64
move out of sight: 前景へしりぞく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 13
move out of ...: 〜を離れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 293
move one’s head quickly: さっと身をよける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 343
move one’s head away: 自分の顔を離す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
move one’s hands down to ...: 両手を〜のあたりに下げる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
move one’s hand across ...: 〜を撫でる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 8
move one’s doing time up to ...: 〜する時間を〜まで引きあげる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
move on to second on a sacrifice bunt: 送りバントで進塁する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
move on to another topic: 話題を他へ向ける
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 230
move on to ...: 〜にとりかかる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 65
move on the sb’s blood pressure and heartbeat: つぎに血圧を測り、脈をとる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 47
move like a cheetah: まるでチータのようにまっしぐらに飛んでいく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
move into the house: 越してくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 327
move into a curve, still at the same high speed: 速度を緩めもせずにカーブに入る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 104
move in with sb: (人の家に)ころがりこむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97
move in little jumps in its cycle: 小刻みにまたいで円を描く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
move in for a close-up of sb: (人を)クロースアップでとらえる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
move impatiently beside sb: (人の)そばで、じれったそうにもじもじしている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 61
move immediately to something more serious: もっと重要なことへと話を急転回させる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 115
move further and further away from ...: 〜とは逆に逆にと動く
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 71
move from one hiding place to another: 隠れ家を転々とする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 231
move forward with ...: 〜な身のこなしで前にまわりこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
move faster at low level than anything ever made: かつてどんな機も飛んだことのない低空を増速疾駆する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
move easily on one’s nightly rounds: 夜な夜な気楽に訪ねてまわる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
move down the lunch line in the dining room: 昼食のときに食堂で並ぶ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
move down the corridor: 廊下をそのまま歩いていく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 150
move down the aisle: 通路を歩いてくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
move data between ...: 〜間でデータのやりとりをする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 266
move back into it with glad relief: 嬉々としてその中にもぐりこむ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 22
move back and forth across the road: 道路を何度か行ったり来たりする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
move back a step: 一歩後ろに下がる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 219
move away in different directions: そのまま四方に散ってしまう
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
move away from the platform: 駅を離れる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
move away from ...: 〜から遠ざかる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
move away from ...: 〜を離れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
move away from ...: (場所)をあとにする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
move around sb to take in every point of sb’s quiet, pretty dress: (人の)まわりをぐるぐる回り、そのしとやかな花嫁衣裳の美しさを、何一点見落とすまいとする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
move around from place to place trying to find the right place: 安住の場を捜し求めて模索の生涯を送る
move around from place to place: 模索の生涯を送る
move along behind a plow: 鋤を押してる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 344
move about with alacrity at sb’s bidding: 云われるままにすらすらと動いて見せる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 140
move a little in the wind: 風に吹かれて小さくゆれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
move ... be closed: 〜は締め切りました
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 239
move ... away from ...: 〜をかきわけるようにして〜を出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
mechanism seems to be moving along its cycle properly so far: メカニズムは一応正常に働いているように見える
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 105
make the moves on sb: (人に)モーションをかける
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 157
make the first move: 先手をうつ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 78
make sb move over: (人を)少し横にどかす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
make sb move faster: 無理やりいそがせる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 472
make no move to catch ...: 〜には手を出さない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 385
make no attempt to move: みじろぎもしない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 534
make a move to do: 〜しようとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 215
make ... moves with one’s hands: 〜の手つきをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
little bother to move: ほとんど微動だにしない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
listen as if deeply moved: 感にたえたように聞いている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 153
let one’s thoughts move to ...: ふと〜のことを思う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
know every move sb make: (人の)一挙手一投足を監視する
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 228
it mightn’t be a bad move: 悪くないかもしれない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 377
instinctively, one move closer to the window: 思わずドアのほうへ身を寄せる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 84
if it won’t move force it: 鳴かぬなら鳴かせてみしょう
how fast the traffic is moving: すいすい動きだしたぜ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 391
have to move the receiver closer to one’s ear to hear: よく聞こえなくて、受話器を耳に寄せなければならない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
feel deeply moved by the sufferings of the dead: ふかい追悼の気持にたえない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 107
feel close to making one’s move: なんでもできるような気がする
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 123
eyes moving restlessly from side to side: 眼はおちつきなく左右をうかがう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
every move that one make: 一挙手一投足
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 8
every little move sb make is being carefully noticed: 一挙一動がつぶさに観察されている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 46
events move around a lot in ...: 〜における状況はめまぐるしく変化しているようだ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 315
covey of enterprises would move cyclically: 企業の業績には波がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
begin to move up on the outside: 外側からぐいっと上がってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
begin to move slowly: そろそろと前進を始める
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
be weird that sb move at such a leisurely pace: ふしぎにゆっくりとした速度
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
be too stunned to move: あまりのことに、その場で凍りついてしまいそうだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
be surprised to see how quickly they are moving: いつのまにか上がっていたスピードに驚く
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 90
be ready to move on: いざ出発ということになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 371
be pondering one’s next move against sb: (人を)どう料理するかと思案する
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 488
be not moving up and down very vigorously: あまり景気よく動いてはいない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
be not moved by this suggestion: そんな話はまったく取り合わない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 327
be not going to move: 行動を起こす意思はない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 76
be moving too quickly into dating: 男女関係において早熟だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
be moving too much: 暴れまわる
be moving right along with ...: 〜も進めている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 134
be moving in for the kill: 息の根をとめにかかっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
be moved to tears: 目頭があつくなる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 157
be moved to involuntary pity by sth: 〜についふびんの念を覚える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17
be moved so far as to do: あげくのはてに〜する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 124
be moved by the desire to gain victory: 勝利を得たいという動機に発する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 159
be moved by sth: 〜に心を打たれる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 364
be moved by sth: (〜に)かられて
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 171
be moved by some such feelings: こんな妙な気分にもなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
be moved by sb’s pleading: (人の)熱意にまける
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 18
be moved by religion: 宗教にのめりこむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
be moved by ...: 〜に感ずるところがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 454
be moved by ...: 〜に打たれる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
be deeply moved by ...: 〜に圧倒される
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 84
be deeply moved by ...: 胸を衝かれる
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 272
be astonished and moved: 何ともいえない異様な感動をうける
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 33
be almost moved to tears: 真実涙ぐみそうになっている
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 8
be against having one’s mother-in-law move in with them: 姑と別に暮したい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
be a spirit moving among mortals: 人間世界の中に降臨した精霊
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 165
always make the first move: 手を出すときはこちらから出せ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
almost appear to be not moving at all: どのポーズも止まって見える
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
a struggle to get sb move: 〜の腰の重さ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 292
figures move across the screen: 画面の上で映像が動いている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 82
just after one’s move: 引越し当座
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 161
and the hands of those clocks undeniably move constantly forward: ともあれ、否応なく人間たちの造った時計の針は進んでゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 402
move to another car: 隣りの車輛に移る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
as you move east: 東へ行くほど
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 260
move forward automatically, as if drawn by an invisible pulley: 糸に引かれるように足を進める
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 581
move away: 向うをむいて歩きだす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 19
make no move to beat sb to the check: 伝票が届いても(人は)手を出そうとしない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 62
move to terminal door behind a screen of security men: 保安隊員の壁に守られてターミナル入口に近づく
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 43
move all of a piece crouch and bundled together: 丸くうずくまった格好のままくるりと動く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 38
chink as sb languidly move: ものうげに動くたびに鳴る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
clumsily move around: ぎくしゃくとした身のこなし
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 263
the move mollify the tax collector: この行動に税務署は心和む
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 534
bands of weak light move complexly: 弱々しい光の帯が小刻みに震動する
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 67
She made out like she was concentrating on her next move in the game and all: チェッカーの、次に打つべき手やなんかを、一心に考えてるようなふりをしてんだよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
move one’s hand with delicate concentration: 細心に神経を集中して手をうごかす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 116
Events move around a lot in the Philippine countryside: フィリピンの山間部における状況はめまぐるしく変化しているようだ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 315
in the course of another move: 引越しに紛れて
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 150
deliberately move one leg forward then the other: 一足一足動かす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 46
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!