× Q  ?  翻訳訳語辞典
feelings
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

feelings: 思い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
a new set of feelings about one’s death: (人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
be afraid that one have hurt sb’s feelings: (人の)気をそこねてわるいことをしたと思う ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 34
after reading ..., one never take sb’s feelings lightly again: 〜を読んで、(人の)心持ちを決して軽々しく考えてはいけないのだと肝に銘じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
be struggling to align one’s feelings: 自分の感情の間尺を合わせようとあせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 148
ambivalent feelings about ...: 〜に対する引き裂かれた感情 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
ambivalent feelings: 二面的な気持ち デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 235
And his feelings are as sensitive as anyone else's: それに、あいつの感受性は全然人に負けてないんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
want something which will relieve one’s feelings of anxiety: 不安感をとりのぞいてくれる薬を処方してもらえないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
all one’s feelings of articulateness had gone: 率直に思いの丈を話そうという決意は消し飛んでしまった ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 217
one’s feelings are as sensitive as anyone else’s: (人の)感受性は全然人に負けてない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
have bad feelings about ...: いや気がさす 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 160
have bad feelings: 頭にくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
deeming the newspaper piece “an outrageous lie, which seems designed to incite only feelings of failure and flight”: 記事は「ひどいでたらめで、挫折感と危機感のみを煽ろうと意図しているようだ」とした ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
the best feelings: なににもかえがたいのは〜という感じ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
buffer those feelings: そうした気持ちを克服する グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 271
free of the burden of negative feelings: 恨みが去る 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 90
make up for the previous times sb’s counsel and feelings has been bypassed: これまでに(人の)意見や感情がないがしろにされてきたことを、埋め合わせする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
can’t seem to rid oneself of such feelings: この手の感情の動きをどうしても制御できない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
can’t hurt sb’s feelings: (人の)感情を傷つけるに忍ばない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
care about the feelings of others: 他人の気持を忖度する レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 70
have never been so carried away by one’s feelings before: 珍しく感情をあらわす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 354
people with greater certainty about their feelings: 自分自身の気持ちがよくわかっている人 バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 74
one’s feelings are charged: 気持ちが昂ぶる クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 149
the feelings and circumstances of the people who had written them: その筆者の気持や立場 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 202
clarity of one’s ill feelings: 明瞭な敵意 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
try to explain to sb clearly what one’s feelings are: あからさまに自分の考えを打ち明ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 111
feelings that one have closeted off: いままで押しとどめてきた感情 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 323
color sb from the same palette of murky feelings: (人は)いつもおなじ陰鬱で複雑な感情を味わう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
communicate one’s feelings: 意を伝え合う 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 351
completely indifferent to other people’s feelings: 人を人とも思わない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 465
out of concern for sb’s feelings: (人への)気兼ねのため 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 54
one’s feelings now are in complete concord with ...: 今の(人の)内部は〜に、いいしれぬ親しみを感じる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 68
the two feelings in conflict within his breast: その二つの感覚がつねに胸中でせめぎ合っている セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 220
turn the corner on one’s feelings for sb: (人)とのことを思い出にしてしまう ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 112
put one’s feelings on the matter into just such clear definition: こうはっきり自分の気持をつかむ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 402
Aboard the Ulysses, men watched them depart with mixed feelings: ユリシーズでは、男たちが、去り行く彼らを複雑な思いで見まもっていた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
be not dim to feelings: 人の感情にうとい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
discrepancy between A’s feelings and B’s: 感覚上のギャップ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 264
arouse more feelings of disgust: 胸糞が悪くなって来る 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 105
openly display feelings of ...: 〜の念をむき出しにする 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 56
unable to distinguish the most exalted feelings from the meanest: 一等けだかい感情と一等陋劣な感情との弁えがつかなくなる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
without embellishment or reference to his own feelings then or now: あのときの自分の気持ちや、今、どう思っているかということにはいっさい触れない マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 114
enjoy the feelings of release or openness: 救いや解放感を感じる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 47
capture the essence of sb’s feelings: (人の)心を的確に掴む 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 26
Those “feelings of failure” he mentioned were everywhere already in my neighborhood: 校長が手紙に書いた「挫折感」はすでに私たちの地域に充満しており ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
can physically experience the feelings of ...: 〜そのものを皮膚で感じる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 175
simply express the feelings one have towards sb: (人に)持っている感情をそのまま出す 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 260
for fear of hurting sb’s feelings: (人の)気持ちを傷付けてはわるいしね ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 82
for fear of hurting sb’s feelings: (人の)気分を傷つけては悪い ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 88
sunny feelings for ...: 〜に抱いている晴れやかなイメージ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 90
feelings of inadequacy: 無力感 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 247
some of these feelings: そんな感情のあれこれ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
sb’s feelings have been grievously hurt: (人は)ひどく感情を害している ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 35
judge sb’s feelings by one’s own: (人の)感情を察する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 424
have feelings for sb: (人に)感情移入する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 314
be full of unexpressed feelings: 感情がだぶつく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
sb’s feelings are simply unavailable to sb: 喜怒哀楽は手の届かないところにある マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 158
there will be no hard feelings: 気をわるくしません タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
have mixed feelings about it: こっちの気持も複雑だ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 185
trample on people’s feelings: 他人の気持ちを踏みつけにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
speak the truth about one’s feelings: 自分の気持ちを正直にいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 481
speak of one’s feelings: 気持ちを打ち明ける フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 419
one’s feelings of strangeness: しっくりしない気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
one’s feelings of guilt: うしろめたい気分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
with mixed feelings: 複雑な思いで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
with miserable feelings: 傷ましい思いで 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
spare sb’s feelings: (人の)神経を過敏にしない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
feelings of self-reproach: 自責の念 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 148
wear sb’s feelings so frankly on sb’s face: 腹の中をそのまま顔に出す アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 137
vent one’s feelings: 憤懣をぶちまけた アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 218
vague feelings of inferiority: 得体の知れぬ劣等感 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
trust one’s feelings: 直観を信じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
the stalled feelings: 過去の感情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
pour out one’s feelings: 衷情を愬える 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 164
one’s feelings of love: 愛情 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 62
ツイート