× Q  ?  翻訳訳語辞典
outrageous
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
(人を)侮辱する
   
outrageous insult: (人を)侮辱するひどいこと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306

こんな
   
sorry about the outrageous hour: こんな時間にごめんなさいね ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 58
とんでもない
   
the most outrageous sort of fake: とんでもないインチキ野郎 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
ひどい
   
it is outrageous that ...: 〜なんてひどいものだ レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 56
ふとどきな
   
such an outrageous suggestion: まったくふとどきな疑い マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 269
ぶしつけな
   
outrageous a greeting as this is: ぶしつけな挨拶にもかかわらず デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 167
めちゃくちゃ
   
I would have described them as outrageous: ぼくにいわせればめちゃくちゃだよ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 303

唖然とするばかりの
   
outrageous courtship: 唖然とするばかりの色目使い ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 313
横暴
   
totally outrageous demands: 横暴きわまる要求 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 240
許し難い
   
an outrageous irregularity: 許し難い不公平 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
許せない
   
<例文なし> ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 113
最高に素晴らしい
   
盛大に
   
have a outrageous Christmas ordeal: 盛大にクリスマスを祝う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 135
態度がおおきい
   
be absolutely outrageous: 圧倒的に態度がおおきい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 123
突拍子もない
   
an outrageous swindle: 突拍子もない詐欺漢 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 64
突飛な
   
this outrageous notion: この突飛な考え マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 335
outrageous reply: 突飛な答え レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 180
乱暴な
   
sound a bit outrageous: いささか乱暴な言い分だとは思う レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 266
理不尽な
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 211

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the difference is outrageous: 格が違う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 415
that’s outrageous: あきれはてる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 194
how outrageous: 何をぬかすか! ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 46
be outrageous: 常軌を逸している ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 409
what ... is proposing is totally outrageous: 〜の要求は、あまりにも虫がいい イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 223
such an outrageous hour as this: こんなめちゃくちゃな時間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 353
proclaim such outrageous words: 恐れを知らぬ暴言を吐く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 35
disrupt sb’s life in this really outrageous fashion: 傍若無人にも(人の)生活をめちゃめちゃにする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 83
deeming the newspaper piece “an outrageous lie, which seems designed to incite only feelings of failure and flight”: 記事は「ひどいでたらめで、挫折感と危機感のみを煽ろうと意図しているようだ」とした ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
be not as certain of this outrageous notion as one sounds: この突飛な考えに口ほどは自信がないのである マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 335
ツイート