Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
next

主要訳語: 次(4)   つぎの(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜に隣接した
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 101
〜わきの
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12

あくる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
あとは
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
いまから
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
お次
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
かたわらの
   
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 37
このつぎ
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
この先
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 136
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 102
これから先
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
そのあと
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
そのあとから
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
その後
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
その後の
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 48
そば
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
そばの
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
それから
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 293
それからの
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
それで
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 182
ついで
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
つぎ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
つぎなる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
つぎに
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
つぎの
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
つぎの瞬間
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 105
つづいて
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
つづく
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
むこう
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
わき
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
わきに
   
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 129

一瞬
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 91
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
向こう
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 3
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 544
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
次の
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
次回
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
周辺に
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 15
続く
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
同様
   
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 264
二の舞
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 149
並べる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 186
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 212
明日の
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 138
翌年の
   
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 41
隣で
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
隣に
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 278
隣の
   
隣接する
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 225
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 94

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

what next: 何を言いだすかしれない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 176
the next time ...: 後日 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 288
the next room: むこうのお部屋 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 67
the next plane: いちばん早い飛行機 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 261
the next morning: あくる日の朝 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 183
the next moment: と思うと 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 302
the next day: あくる日 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 150
the man next door: お隣り フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 109
next year: 年が明けたら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 134
next to the wall: 壁際に 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 293
next to nothing: 無にひとしい ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 225
next to ...: 〜のそばへ持っていけば サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 76
next to ...: 〜の横手 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
next to ...: 肩をならべる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
next to: あまり サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 9
next to: 一歩まちがえれば ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 84
next step: あと一歩で デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 209
next day: 明くる日 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 178
July next: 七月になったら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 116
as well as the next person: 人並みの ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 261
with the next thought: 突然ある考えが頭にうかび トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
will not return until February of the next year: 帰ってくるのは年が明けて二月、ということになる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
when one next opened one’s eyes: 眼がさめると 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 210
what’ll those three rascals be up to next: あの三人はいろいろよくやってくれるからねえ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
wait to see what will happen next: 事の成行きを待つ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 55
this house is the next thing to being condemned: こいつは、幽霊屋敷もいいとこだ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 86
then the next time: かと思うとつぎは プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
the very next instant: そのすぐあとで 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 111
the season next year: 来シーズン プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
the patient in the next bed: 相部屋の病人 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
the next time one would do everything possible to do: 今度こそは〜するつもりだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
the next thing was,...: たちまちにして ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
the next thing one remembers: 気がつくと デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 125
the next thing one know ...: 気がついてみたら〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
the next thing one know: 気がついてみると サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
the next thing one knew ...: 気がついたら〜 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 23
the next thing one knew ...: 気がついたら〜だった 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
the next one hear, ...: やがて〜という噂を耳にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
the next best thing to ...: 〜につぐもの コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 74
the girl next door: 親しみのもてる娘 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 425
take up residence in the empty field next to ...: 近所の原っぱに巣くっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 9
stand next to one’s suitcases: スーツケースを足下に置く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
sit down next to sb’s legs: (人の)足下に座る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
right next to each other: きちんとそろえて サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
park next to ...: 〜とならんでとめてある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
over the next few days: このあと何日か スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
outline one’s next steps: 仕事のあらましの段取りをつける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 67
one minute ..., and the next ...: 〜するかと思うと、こんどは〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 206
one day one is in the pen for XX years and the next day one is free: XX年間ずっと鉄格子の中に監禁されてきて、ある日突然自由の身として世間に放り出される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
next to the Macintosh: マッキントッシュの前に ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 284
next to each of sb’s commands: (人の)コマンドごとに ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
next thing you know: そして、あっと気がつくと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
it must be worn next to the skin for maximum effect: 肌に密着させるほど効果があがる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
it is next to impossible to do ...: 〜する術はほとんどない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 466
it’s the next best thing to do: 〜するよりはマシだ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 319
in the next room: 襖の向こうで 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
in the next couple days: 今日明日中 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 293
I wonder what sb will do next: さあ、あちらがどう出るか見ものだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 58
have next to no toys to play with: ろくにあそぶおもちゃもない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 31
get next to sb: (人に)近づく レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 278
for the next year: あとあとまで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 215
for the next couple weeks: むこう二週間 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 49
for the next couple of weeks: それから二週間ばかり ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 211
for next to nothing: あまり稼ぎのよくない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
figure out what to do next: 身のふり方を考える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 261
everybody had been as short of food as the next man: お互にひどい食生活であった 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 63
each one dottier than the next: おつむの弱いのばっかり ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 136
better be no next time: 二度と〜せんようにしろ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
be the next moment obscured by sth: ある時は海藻の間に見え隠れする セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 221
be right next to ...: 〜のすぐそばにある サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 231
be right next door to one: 眼と鼻の先にいる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 247
be next to impossible: ほとんど不可能に近い フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 18
be next to impossible: 夢のまた夢だ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 11
be each plainer than the next: いずれ劣らぬ不器量 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 225
... one day ... the next: きょうは〜あしたは〜 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
... and the very next moment: 〜したと思うといきなり 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 70
頭の体操に「翻訳訳語辞典 Quiz」もどうぞ
ツイート