× Q 翻訳訳語辞典
door   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
くち
   
back door: 逃走口 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 293

ドア
   
work on the door hinges: ドアの蝶番をはずそうとする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
walk through the front door of the house: 玄関のドアを入る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 322
van door: ヴァンの後部ドア トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
unlock the door: ドアの鍵をはずす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 106
try the door: ドアがロックされているのをもう一度確かめる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 13
the elevator doors slide open: エレベーターのドアが開く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 149
the door to the child’s room: 子供の病室のドア カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 150
the door swings open: ドアは勢いよくひらかれる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 104
the door stands open: ドアが開けっぱなしになっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
the door sb just disappeared through: (人が)たったいま出ていったドア タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 155
the door is not quite closed all the way: ドアがぴったり閉じていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
the door closes on sb: (人を)残して、部屋のドアが閉じられる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 77
the door close: ドアがばたんと閉まる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
the door between ... and ...: 〜と〜を仕切るドア スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
sweep aside a door: サッとドアを開ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 42
study the door: ドアにちらちらと目をやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 337
stay at the door: ドアのすぐそばに立っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
start to move to the door: ドアに向かう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 258
stairway door: 階段に通じるドア タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
slam the door behind sb: 手荒い音を立ててドアを締める 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 136
slam the door behind one: ドアを思いきりばたんと閉める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 153
slam the door: 勢いよくドアを閉める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 301
shut the door behind one: ドアを閉める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 40
set foot out of her door: ドアの外へなんか一歩も足を踏み出せない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
see sb to the door: ドアまで送っていく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
scramble to the door: あわててドアへ走り寄る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 80
roof-entry door: 屋上からビルのなかに通じるドア プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
rap lightly on the door: こんこんと軽くドアを叩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 150
pull sb out the door: (人の)手を引っ張って、ドアの外に押し出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 326
pound at the door: けたたましくドアを叩く フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 137
passenger door: 助手席のドア ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 27
open the door to ...: 〜のドアを開ける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 518
one’s appearance at the door: (人が)ドアを開けると プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 376
make it to the door: ドアへたどりつく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
lock the door behind sb: うしろ手に閉めたドアに鍵をかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
listen at the door: ドア越しに聞き耳を立てている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 78
knock on doors: 一軒一軒ドアをノックする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
kicking doors in: ドアを蹴やぶるガサ入れ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
kick doors in: ドアを蹴やぶる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
immediately outside the door: ドアのすぐ外では トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 243
heard the front door bang: 玄関のドアのバタンと閉まる音が聞こえた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
hear sb’s door open: (人の)部屋のドアが開く音がする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 13
head in through the revolving doors of ...: 〜の回転ドアに入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
have a double set of doors: 二重ドアになっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
go out the door: ドアをあけて表に出ていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
get to the door: ドアの前に立つ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
flip the doors: ドアをパッと開ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
fire all XX bullets back through the door: ドアの内側からありったけのXX発を撃ち返す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
doors peel back slowly: ドアがゆっくり開きはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 197
door opens: ドアがパッとひらく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
crack the door: ドアをかしゃっと開ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 202
come through the door: ドアをあけて〜に足を踏み入れる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
close the door behind one: うしろ手にドアを閉める タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
check the doors: ドアのロックを確認する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
burst through the door: ドアを大きくあけはなつ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 156
be caught in the door: ドアにはさまる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 453
bar the way to one’s door: ドアの前に立ちふさがる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
answer the door: ドアを開ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 211
a pair of grand doors: 大きな両びらきのドア ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 130
a door bangs open: ドアが音をたててひらかれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156

   
take the road that lead past one’s door into town: 家の前をとおる道を町のほうに歩きだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 128
玄関
   
see sb to the door: (人を)玄関まで送っていく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 141
principal door: 表玄関 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 212
march through the door: 玄関を入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 163
玄関口
   
   
try the door to ...: (場所)の戸をがたがたさせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 106
see through the glass doors to ...: ガラス戸ごしに〜に眼をやる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
pause at the door and turn to sb: 戸口で立ち止まって(人の)ほうを見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
every time you open the door: 戸のあけ立てのたびに 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 44
戸口
   
walk sb to the door: (人を)戸口まで送ってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
the open door: あけはなたれた戸口 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
show up at our door: うちの戸口に姿を見せる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
gather at sb’s door: (人の)戸口へ押しかける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186
come to the door: 戸口まで迎えにくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
beyond the people crowded at the door: 戸口に集まっている人々の頭上を越えて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
   
go out through the back door: 勝手口から表へ出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
door of the box: 箱の口 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 154
a service door: 通用口 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 155
勝手口の扉
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
入口
   
read the motto over the door: 入口の看板には客寄せのうたい文句が掲げられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
approach the door: 入口に近よる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 377
   
walk out of the house, slamming the front door behind one: 玄関の扉をばたんと勢いよく閉めて家を出ていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 372
an oven door is pulled down: オーヴンの扉が開かれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 161
扉口
   
shoulder sb towards the door: ぐんぐん体ごと、扉口の方へ押しつけてくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268
answer the door: この扉口に出てくる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 189
部屋
   
with an intention of kicking sb out of the door: 部屋の外へ蹴とばしてくれようと思って E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 22
門口
   
someone approaches the door: 門口に人影が見える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 342

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

trap door: 跳ね戸
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
the old skeleton-keyed door lock: 旧式の錠
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
the man next door: お隣り
the kitchen door: 勝手口
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
slam the door: 門戸を閉ざす
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 53
outside the door: 入口
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
man next door: 隣の主人
knock on doors: 聞き込みにまわる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
go through the outer door: 表に出る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
go through the door: 踏みこむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
front door: 玄関
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
force doors open: ドアをこじ開ける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 8
door open: 開
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
door close: 閉
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
behind the door: 部屋のなか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
behind closed doors: 人目を憚って
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 132
behind closed doors: 裏にまわれば
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 29
beat down the doors: 騒ぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 172
at the kitchen door: 勝手口に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
at the door to the room: 部屋の前
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 194
at the door: 入場する際に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
a door prize: 福引きの賞品
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 351
will go out the door: 一瞬のうちに吹っ飛ぶ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 257
wild, impassioned battering on each door: 戸別に死物狂いの突撃
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 109
what push sb out the door: (人の)家出の原因
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
walk through sb’s front door: (人の)家に入ってくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
venture out of doors: 往来へ顔を出す
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 23
time to knock on another door: 見切りをつける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 41
there is sb at sb’s door: (人が)ひょっこりと姿を現す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
the small silver bell over the front door: 正面入口にとりつけられた銀の鈴
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
the house two doors away: 一軒おいて隣り
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 17
the girl next door: 親しみのもてる娘
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 425
the doors be shut: 店じまいする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
the click of a refrigerator door opening and closing: 冷蔵庫を開け閉てするときのがちゃっという音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
stride out the door: 大股に部屋の外へ出る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
stick one’s key in the door: 鍵穴にキーを差し込む
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
step through the door: はいっていく
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 42
show up at sb’s door: (人の)ところへやってくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
show up at sb’s door: (人の)アパートにやってくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
show sb the door: (人に)出て行ってもらう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 284
show sb the door: お引き取りいただく
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 244
servant whose business it is to answer the door: ドアの取次ぎ番
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
sell sth door to door: (物)の戸別販売をする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
see sb to the door: (人を)店先まで送り出す
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 216
rough sb up fairly frankly behind closed doors: 内々には相当きびしく叱責する
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 54
remember about sth as one is walking out the door: 出がけに〜を思い出す
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 367
push on sb’s back door: 裏口をうかがう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 133
push fact sheets through front doors: 実態を訴えるパンフレットを配り歩く
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 181
prepare to walk out the door into a new day, they know exactly where sth be: 朝、出かける段になって〜とあたふた捜しまわることもない
on the stones just outside the door of the wine-shop: 酒店のすぐ店先の石畳に
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51
nail a door closed: しっかり戸締りをする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
look in around the door of sb’s room: (人の)所へ顔を出す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
let oneself in the door to the kitchen: 台所に入る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 82
just as one walked in the door: 家のなかに一歩踏み込んだとたん
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 240
have an open door into ...: 〜は筒抜けである
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 169
go out the front door: 玄関からひょいと出ていく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
go ahead of sb out the door: (人)よりも先に出る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
from the moment the door of ... closed behind one: 〜を一歩出た瞬間から
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 109
deliver Christmas door to door: 家ごとにクリスマスを届けて歩く
come to the door: 出迎えに出る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
come through the door: 部屋へ入る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
call to sb from outside the door: 外から(人に)声を掛ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 173
button labeled ‘Doors Close’: 「閉」のボタン
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 196
between the door and its frame: ドアの隙間
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 441
be sitting on the ground near the door: 戸口にぺたんとすわっている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 78
be right next door to one: 眼と鼻の先にいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 247
be on one’s way out the door when the telephone rings: ちょうど出ようとしたとき、電話がかかる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 50
be never allowed to darken the door again: 出入り差止め
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 180
be beating a path to sb’s door: (人を)捜しまわって、訪ねてくる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 75
arrive at sb’s door with a troubled look on one’s face: すごく思いつめた顔をして(人の)ところへくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 175
lean across the font seat and open the door: 身体を横倒しするようにしてドアを開ける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
the door admit sb: はいってきた(人)
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 71
advance with firm steps upon the door: しっかりした足どりでドアへ向かう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 350
advance slowly on the door: ドアの前にゆっくりと足を運ぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
after sb shut the door: ドアを閉める途端に
the after screen door: 後部の仕切りドア
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 136
heavy door of the house close after them: 一同の背後で重い玄関のドアが閉まる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 58
'Ciao,' he said, and closed the door after her: 「チャオ」ゴーントはそういって、彼女の背後でドアを閉めた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
the big door that lies straight ahead: 突き当たりの大きな扉
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 57
the door sb have left ajar: 細めに開けたままのドア
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 24
There's always one more door you have to put your foot in, he thought: いつまでたってももうひとつ、足を踏み入れなきゃならぬ入口があるんだなと思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 184
Flinging open the door he announced: さっとドアをあけるや、召使は声高らかに告げた
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 162
no one answer the door: 誰も出てこない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
Polly glanced at these items with approval, then went to the door: 品物に眼をくれたポリーは、納得するように軽くうなずいてドアの前に立った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
arrive at the side door: 通用口に到着する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 91
arrive at the door: ドアの前に立っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 276
as sb close the bedroom door: ベッドルームのドアを閉める直前
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
As the clock struck two, there came a knocking on the door: 時計が十二時の鐘を打ち終えた直後に、ドアにノックの音がした
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 146
slop down the passage, away from the door with the voices: 女たちの声のするドアを背にだらしなく歩いて行く
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 111
back door: 裏口
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
bang on the door: ドアをどんどんたたく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 262
bang on the door: ドアをノックする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 146
The door had barely shut behind them when it opened again: ふたりの背後で閉じられたドアは、何秒とたたぬうちにふたたびひらかれた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
practically beat down the door of ...: 〜にまで押しかけてくる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 408
hardly wait for the door to close before doing: ドアがしまるのを待ちきれずに〜する
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 218
behind the door: ドアの向こうで
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 190
shut the door behind sb: 後ろ手にドアを閉める
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 19
move to terminal door behind a screen of security men: 保安隊員の壁に守られてターミナル入口に近づく
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 43
the door swing shut behind sb: ドアは、(人の)背後で弧を描いて閉ざされる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
the door closes behind sb: ドアをうしろ手に閉める
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
slam the door shut behind sb: うしろ手にドアを叩きつける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
push the door shut behind one: ドアを押して閉める
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 363
close the door very carefully behind one: そうっと、慎重にドアを後ろ手にしめる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 117
close the door behind sb: うしろ手にドアを閉める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
the little bell-like front-door chimes sb installed: (人が)正面玄関にとりつけた小さな呼び鈴の形をしたチャイム
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
keeping his stupefied watch beside the door: 茫然としながらも見張りを続けていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
block sb’s way to the front door: ドアと(人)の間に立ちふさがる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 473
a blow is struck upon the door: 誰か扉をたたく者がある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 194
bolt the door: ドアになかから掛け金をかける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 154
He pushed his way past her brusquely as she opened the door: 彼女がドアをあけると、彼は乱暴に相手を押しのけてなかに入りこんだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 240
build a trap door into ...: 〜にトラップドアをしかける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 195
the back door of the house bursts open: 裏口のドアが勢いよく音を立てて開く
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 72
the door bursts open: ドアが大きくあけはなたれる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
burst open a door of idiotic obstinacy: バカ強情な表扉を押しあける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 94
bustle to the door: 戸口へ急ぎ足で向かう
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 142
call out the door and tell the world: 戸口から世界中に聞こえるように怒鳴る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 333
close the door carefully: ドアをそっとしめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 142
the door be trimmed at the foot to fit the carpeting: じゅうたんが敷きつめてあるのでドアの下にその分だけの隙間がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
get caught in the door of ...: 〜のドアにはさまれる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
certainly struggle to the door: ともかく戸口をさして夢中で足を運ぶ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 17
knock cheerfully on my brother’s door: 弟の部屋を喜び勇んでノックする
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 62
door clicks and swings inward: かちりと音がして、ドアが内側に開く
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 404
the electric door locks click open: 電動ロックがカチリと音を立てて解除される
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 191
have finally closed the door: ドアももう(人の)手によって閉められている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
close the door behind one’s back with one’s other hand: (ドアを)後ろ手に閉める
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 67
pull the door closed: ドアを閉める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
ツイート