× Q 翻訳訳語辞典
allowed  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be not allowed to be very active: 運動を慎まなければならない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
be allowed to do ... only after ...: 〜ないかぎり、〜することは許されていない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17
be never allowed to darken the door again: 出入り差止め
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 180
be not to be allowed to marry at all: 金輪際結婚は許さない
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
it is the sort of time that allowed you to do: 〜という気になるのはこんな時だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
a moment that allowed for one’s speedy reintroduction into ...: すばやく〜にもどしてやれるとき
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
you are not allowed to check sth out that way: 〜をそうおいそれと外へは持ち出せないはずです
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 445
technically be not even allowed visitors: 表向きには面会は一切許されていない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 491
be allowed to do sth: (物事をするのは)結構だ
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 40
The league allowed it?: 連盟は承認したわけ?
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 322
the worm is allowed to get into the timbers: 材木の虫食いが放置される
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 148
to have allowed sth to remain in a room: 部屋に(物を)置きっぱなしにする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 176
the wickedest men that God ever allowed upon the sea: 世界はじまってこのかたの、海の極悪人
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 15
not be allowed to do: 〜できない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 18
not allowed to reach sb: (人には)聞こえぬが
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 99
may I be allowed to do: 〜してもよろしゅうございますか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 40
have not asked to be allowed to turn his guns on the unarmed populace of ...: (場所で)丸腰の土地者たちに銃を向けるような真似を誰が望んでするものか
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 97
call out ‘Ten minutes allowed for refreshments!’: 宣言する。「おやつのため十分間の休憩!」
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 133
be not allowed to say: 〜をいわない事になっているのでいわない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 53
be not allowed to say: 口外できない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 390
be not allowed to do: 〜する権限がない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 118
be not allowed to do: 〜できないようになっている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 290
be not allowed to do: まだ無理だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 73
be not allowed to do: 一切〜してはならん
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 222
be not allowed into ...: 入るわけにはいかない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 437
be not allowed back here: ここにいらっしゃっては困ります
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 51
be allowed to suffer alone and in peace: ひとり静かに苦しんでいられる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 284
be allowed to sleep: 眠りこけてしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 182
be allowed to pass unharmed: 手出しをせずに通過させてやる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
be allowed to graduate: 予定通り及第する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 83
be allowed to do: 〜してかまわないことになっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
be allowed to do: 〜してもいい、とお許しを得る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
be allowed to do: 〜するお許しが出る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
be allowed to do: 〜する一方だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 66
be allowed to come to sb rare, welcome, unsought: (人のところへ)求めないときに、たまに、向うから勝手に来る
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 152
be allowed the fullest freedom: ごく気ままにやっていい
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 154
And he allowed himself to be -- bought?: それで彼も進んで、そのう--手に入れられったってわけですね
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 105
be all freely allowed: いくらでも許されている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 354
Even a doctor isn't allowed to experiment on humans indiscriminately: 医者だって、むやみと人体実験を許されているというわけじゃない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 40
had never allowed any man to see her knees: 決して男性に脛を見せることがなかった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 106
Everyone's allowed a bit of leg-sliding these days, what?: きょう日だれだって、多少の脱線は許されようじゃないか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
ツイート