× Q  ?  翻訳訳語辞典
walking
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
生ける
   
walking zombies: 生ける亡者 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
歩き
   
cry from all the walking and from hunger: 歩き疲れと空腹からしくしく泣きだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 161
歩く
   
look like a walking cadaver: まさに歩く死体みたいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

walking blister: 全身火ぶくれ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
sb’s walking shadow: (人の)分身だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
grab hold of one’s walking stick: 杖を握る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
within easy walking distance of ...: 歩いてすぐのところに 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 147
see sb as a walking deadly force: (人が)あまりにも危険すぎる存在だと感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
let one’s fingers do the walking: 手あたりしだいやる。しらみつぶし ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
find oneself walking again in the natural way: 元通りふつうの歩きかたに戻れる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 31
walking about aimlessly: いずこへともなく歩きすぎていく 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 262
I’m not walking all that way: あたしは、てくてく歩いてなんかいきませんからね シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 81
keep on walking without paying the slightest attention to sb: 知らん顔をしてよそを向いて歩く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
awkwardness in a walking girl: 娘の歩く姿のみっともなさ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 83
many people walking towards him beneath umbrellas: 傘をさして歩いてくる何人かの人間 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 77
for the bulk of one’s walking life: きょうまでずっと ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 36
Even Dixon, walking toward the airport gate, was chagrined: さすがのディクソンも、搭乗ゲートのほうへ歩きながら無念がっていた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
a respectable citizen walking cheerfully: 足取りも軽いごく普通の市民 デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 16
see sbs walking in their clean clusters: (人たちが)清潔な服を着て、一緒に歩いていくところを見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
be walking up and down despairingly: がっかりしたような足取りで、あっちこっちと歩きまわっている ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 51
within easy walking distance: 歩いても行ける距離 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 166
be within walking distance: 歩ける範囲で調達できる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 23
I found myself walking by a ditch: ぼくはいつの間にか掘りばたを歩いていた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 102
remember about sth as one is walking out the door: 出がけに〜を思い出す フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 367
a walking example of sth: (〜を)地でいく 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 130
exhaust from walking: 歩きくたびれる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 33
a walking sociological experiment of ...: 〜社会が重ねた試行錯誤の生き証人 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 73
from this place far away one comes walking towards osb: はるかかなたから、だれやら、こちらへ向かって歩いてくる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 37
people walking as fast as they can, going nowhere: 必死になって走り続けても、どうにも行き着きはしない フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
Don't ever go walking without a good pair of boots: 山を歩く時は頑丈なブーツじゃなきゃ駄目だ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 103
as a group of us are walking near ...: 数名の仲間と一緒に〜近くを通りかかる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 123
walking around in short-shorts and halter tops: ホルターネックのトップスにショートパンツという格好で歩き回り ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 4
hear sb walking away: (人の)靴音が遠ざかっていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
help sb to practise walking: (人に)歩行訓練をさせる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 98
Yet here I was, walking side by side with the military police: が、それはさておき、現に私は軍の警察機構と手を結んでいる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 126
keep walking intently towards ...: ひたすら〜のほうに歩いている 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 274
intimidate the pitcher into walking one: ピッチャーがびびって歩かせてしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
just walking is a trick: まっすぐ歩くのさえひと仕事だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
keep walking and walking: どこまでも歩きつづける サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
keep walking and walking: 足が棒になるほど歩く 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
keep walking: 立ち止まらずにずっと歩きつづけている カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 52
come knee-walking out: ひざをついてにじり出てくる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 237
be like walking into ...: (場所に)出かけていくのと変わらない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
lurching rather than walking go for sb: 歩くと言うよりは突んのめる恰好で(人に)襲いかかる スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 214
But he kept walking for his mind refused to rest: だが、頭が休もうとはしなかった。彼は歩きつづけた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 186
be walking perfectly normally now: もうかなり普通に歩けるようになった 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 535
have not noticed sb walking towards one: ( 人と) 向き合うまで( 人の) 存在に気がつかない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
Now that the ice was, as it were, broken, Eunice often went out walking: さてこうして、いわばきっかけをつかんだユーニスは、ちょくちょく散歩に出かけるようになった レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 133
from this place far away one comes walking towards sb: はるかかなたから、だれやら、こちらへ向かって歩いてくる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 37
have special pounding styles of walking: どたどたと特徴のある歩き方をする ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 14
a shambling style of walking: よろめくような足どり ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 111
significance of walking in the chafing of one’s laces: 靴ひもの磨耗における歩行の影響の大きさ ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 34
I think I'll be walking home soon: このままぶらぶら家まで歩いて帰ろうと思ってね ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 210
a steady walking gait: いかにも歩きつけたあしどり 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 38
draw back on one’s walking stick: 杖の上でぐっと体をひく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
walking with long strides: 大股な歩き方 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 50
walking with such assurance that ...: いかにも確信に充ちた歩き方なので 三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 23
have a swaggering style of walking: 威張ったごとき歩き方をする ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 123
be walking a very thin line: もう崖っぷちに立っている ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 142
use sb unashamedly as one’s walking stick: (人を)臆面もなくステッキがわりにする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
be walking unevenly: 歩き方がふつうでない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
keep walking as straight as you can until you reach Berkeley Square: そのままできるだけまっすぐ行くとバークレイ・スクエアに着く ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 175
Her smooth, vivacious style was clearly a king of tightrope walking: その滑らかな文体、その闊達な書きざまは、明らかに一種の綱渡りだった 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 372
be walking in zigzags: 足どりが右に左にふらつく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
we’re walking into a terrorist war: テロ戦争の危険がある イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 141
make walking difficult: 足の踏み場もない 宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 59
be walking proof of sth: (〜を)身をもって証明しているような子だ 池澤夏樹著 デニス・キーン訳 『ヤー・チャイカ』(Still Lives ) p. 142
ツイート