× Q  ?  翻訳訳語辞典
click
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
かちりという音
   
there is a second click: もう一度、かちりという音がする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
かちりと音がする
   
door clicks and swings inward: かちりと音がして、ドアが内側に開く ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 404

カタン
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
カチッという音
   
the click of the bolt: 掛け金のかかるカチッという音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
カチリという音
   
the little fatal click: カチリという小さな音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
カチリと音がする
   
click against ...: 〜に触れてカチリと音がする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 181
カチリと音を立てる
   
the electric door locks click open: 電動ロックがカチリと音を立てて解除される オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 191
パチッ
   
shut one’s mouth with a click: パチッと音を立てて口を閉じる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 43
パチッと消す
   
click off the machine: パチっと機械を消す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78

   
steady rhythmic click: リズミカルな音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
収まる
   
click into place with the well-ordered precision: きちんと整理され、収まるべきところに収まる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 128
剥かれる
   
think one can hear eyeballs click: 目が剥かれるのが、音になって受話器からきこえた気がする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 419

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

relays click thoughtfully: 接続装置が懸命に頭を使っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
click shut: 音を立てて閉まる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
click sb off: さっさと電話を切る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
click one’s tongue: 舌打ちする 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 86
click on ...: 〜にぶつかってちゃりんと音をたてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
click on: 音がはいる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 379
click off: 〜の音がぷつんととぎれる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
click for sb: 〜が(人に)ひっかかる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
click away: カシャカシャやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 31
a click of heels: 靴音 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 52
there is a click: かちりという音がして電話が切れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
there are small clicks and clacks and ratchets: 歯車の噛み合うカチャカチャッという音がかすかに聞こえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
the screaming ceases with a click: 喚声がぴたりとやむ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 149
the minutes clicking away: 時間が刻々と過ぎていく レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 339
the click of the rock ricocheting down the cliff face: ことりことりと動きだした岩が、跳ねるように崖をころげ落ち プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
the click of heels on ...: 〜をこつこつと叩いてきたヒールの音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
the click of a rifle bolt being drawn back: ライフルのボルトをかちゃっと引く音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
the click of a refrigerator door opening and closing: 冷蔵庫を開け閉てするときのがちゃっという音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
that doesn’t click with me: ピンとこない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 190
something was clicking in his brain: 急にハッとわれに返る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 304
from the considerable distance one click the shutter: かなり離れたところから望遠で撮る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
feel that little click that beat of one’s heart: 胸がどきどきする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
click-rap:カチャッ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
the teeth come together emptily with a sharp click: 歯は鋭い音をたてて空をかむ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 197
ツイート