× Q  ?  翻訳訳語辞典
knock
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
おしゃかになる
   
knock out half-a-dozen cars: 〜で車が半ダースほどおしゃかになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 33
おまけする
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 141
こんこんと叩く
   
knock the dirt from one’s spikes with the end of the bat: バットの先っちょでこんこんとスパイクを叩いて泥を落とす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
たたき出す
   
as if sb knock its brains out: まるで脳味噌でもたたき出すかのように ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 325
はたきおとす
   
knock sth out of ...: 〜から(何かを)はたきおとす ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 164
ばたばたとはたき落とす
   
knock ... out of the air: 宙を舞う〜をばたばたとはたき落とす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 245
ぶっとばす
   
knock sb all the way across the street: 通りのむこうまでぶっとばす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
まき散らす
   
knock toothpicks onto the floor: 床に楊枝をまき散らす デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 165

ショックを受ける
   
knock at the sight of sth: 〜を見ると、ショックを受ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
ドキドキする
   
feel one’s heart knocking: 心臓がドキドキする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
ノック
   
give a quick knock: 軽くノックする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
ノックする
   
one does not disturb sb in sb’s study without knocking: (人が)書斎にいるときは、なんぴとたりともノックせずに入ってはならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
knock on doors: 一軒一軒ドアをノックする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171

殴る
   
be knocked to the sidewalk: 殴られて道にしゃがみこむ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
気に入る
   
knock sb out: すごく気に入る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 15
触れ合う
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
節約する
   
can knock some time off the clock: だいぶ時間も節約できる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 123
叩き方
   
tentative knock: 遠慮っぽい叩き方 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
叩く
   
knock the stuffing right out of sth: 〜の中身を全部叩き出す フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 397
飛び込んでくる
   
opportunity knocking as if were: チャンスが飛び込んできたと言うべきかな フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 490
落とす
   
knock ashes from one’s cigarette: 煙草の灰を地面に落とす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

take bad knocks: 不幸にめげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 100
knock yourself out: よく考えろ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
knock sth off: (物が)消し飛ぶ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 189
knock sb out: (人を)うならせる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 126
knock sb out: のびる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 72
knock sb out: グッとくる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
knock sb out: 感動させる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 32
knock sb out: 気をうしなわせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
knock sb off: (人の)息の根を止めてやる ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 300
knock sb flat: (人を)のす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
knock sb down: (人を)ノックアウトする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 310
knock sb down: 迷わず殴りたおす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
knock sb cold: (人を)ぶちのめす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
knock runners in: ランナーをホームに返す ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 104
knock over sth: (物)にぶつけて崩す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
knock over: 投げ捨てる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
knock oneself out: がんばる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 56
knock oneself out: 懸命の努力を傾ける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 272
knock oneself out: 調子に乗る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 48
knock on doors: 聞き込みにまわる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 433
knock it off: いいかげんにしなさい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 93
knock it off: いいかげんにしろ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 215
knock it off: おい、よさねえか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 223
knock it off: そこまでだ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 47
knock down sth: (物を)下に払い落とす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 203
knock down ...: なぎ倒す オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 50
don’t knock it: はばかりながら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 439
be knocked off: 消される ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 227
be knocked flat: 打ちひしがれる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 14
be knocked down: 倒れて地面に這いつくばる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 179
try very earnestly to knock one’s brains out with birdcage: 鳥籠をやみくもにふりまわして(人の)頭を砕こうとする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
time to knock on another door: 見切りをつける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 41
so violently that one knock sb over among ...: ものすごい勢いで(人の)そばをかけぬけたので、はずみをくらってひとは〜におっこちてしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 24
noise of the knocking of wooden buckets: 桶をおく音 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 7
look really knocked out: えらくへばっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 224
knock to the ground: 叩きのめす ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 14
knock the wind out of sb: 息ができなくなる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 160
knock sth down from ...: 〜を〜落とす ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 132
knock sth clean off ...: 〜を〜からおとす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 357
knock some stuff out of the chest: 棚からいろんなものがばらばらと下に落ちる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 203
knock sb out cold: (ひとを)意識不明にさせる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
knock sb out cold: 前後不覚になるくらい強い ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 186
knock sb for a loop: 〜に(人が)すっかり仰天する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
knock sb backward to the land: 陸へはりとばされる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 131
knock over the water glass: コップの水をこぼす 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 36
knock oneself out to pay $...: 〜ドル出してでも競って〜を買い求める フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 107
knock into cocked hats: すっかり台なしにする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
knock heads at sb: (人に)厳重注意を与える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 54
knock from one’s proper course: 常軌を逸する 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 285
knock back straight shots of ...: 〜をストレートで飲る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 243
knock about for a few months: しばらくぶらぶらする ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 69
knock a man across a room easily: 誰かを半殺しの目にあわせるくらい朝飯前だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
do not take much to knock sb over: (人を)往生させるのに手間はかからない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 109
be merely knocked down: はじきとばされただけで済む 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 327
be knocked over by the weight of a man’s body: 体当たりを食って倒れる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 26
be knocked out cold: 完全に気を失う ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 38
be knocked out cold: 抜き打ちに突き飛ばされる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 304
be knocked on its side: 横倒しの状態だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 130
be giving each other hard knocks: おたがいに相手をやっつけてる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 127
bang ... almost hard enough to knock oneself out: いまにも気をうしないそうになるくらい、強烈な打撃だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 305
... knock sb out: 〜が(人は)大好きだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
mean “there’s a nice knock-down argument for you!”: つまり、『こてんぱんに言いまかされたね』っていう意味でいう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 112
knock cheerfully on my brother’s door: 弟の部屋を喜び勇んでノックする 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 62
knock ... fly off into darkness: 〜が闇に消し飛ぶ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 247
give a gentle knock: 軽くノックする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 40
help knock sb off: (人を)片づける片棒をかつぐ ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 225
mean “there’s a nice knock-down argument for you!”: 〜のいう意味は、『どうだ、まいった理屈だろ』ってことだ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 120
knock again, louder: もっと力を入れてもう一度ノックする ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 23
knock down some more things: いくつか下に払い落とす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 203
If Brian's Pa tried to get in his way he would knock him down: 父親が行く手をはばもうとすれば、迷わず殴りたおすだろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
knock it down a peg or two: ある程度の割引をする オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 85
a soft knock: ひそやかなノック ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 113
ツイート