Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
noise

主要訳語: 音(9)   物音(4)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
さわがしさ
   
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 141
ざわめき
   
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 92
どよめき
   
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 77
ばたばた
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 92
わけのわからない声
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
わめく
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 52
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 54

ジージーやかましい音
   

   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 514
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 39
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 262
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 57
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
音響
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 412
音声
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
喚声
   
言葉
   
雑音
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 273
雑音が多い
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 43
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 142
騒ぎ
   
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 232
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
騒ぐ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
賑やか
   
物音
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 36
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 145
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
妙なノイズ
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
鳴き声
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 79
話し声
   
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 294

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

noise about ...: 〜が煩わしいとぐずぐず言うこと フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 166
make squeaky noises: キャーキャーと声を張り上げる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 79
make much noise: やたらに大騒ぎをする ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 187
make cat noises: 猫の鳴き真似をする レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 387
without a little noise: おとなしく黙って ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 460
walk close together without making much noise: 鳴りを静め距離をつめまとまって歩いてくる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 204
Then follow a confused noise of cheering: それから入り交じる歓声がわきあがる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 192
the noise of a gun make sb shake for minutes after firing it: 銃声を聞くと、そのあと数分間は、どうしても震えがとまらない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
the noise in the room is perfectly tumultuous: 部屋の中の騒々しさは相当なものだ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 63
the enormous welling crowd noise muttering: 湧きおこるものすごい歓声 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
the crowd noise was immense: 観客席はいよいよ騒然となった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
the crowd noise has not varied since ...: 〜からずっとつづいているざわめきは、いっこうに鎮まる気配を見せない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
that was a noise he heard: 空耳ではなかった ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 42
noise of contemporary popular music: 現代の騒々しい歌謡曲 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 168
make that abominable noise: あのような不愉快なわめき声を立てる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 197
make noises about unhappy customers: 顧客からの苦情に神経質になる コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 30
make an awful noise: 息ぐるしい程、鳴く 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
least sudden noise set sb all in a quiver: ちょっとの物音にも震え上る E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 63
know that to make any more noise would be death: それ以上余計なことを言っては命がないと悟る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
for making noise or a light offence of the kind: やかましくしたとか何とかの軽いとがで E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 65
confused noise of cheering: がやがや歓呼のどよめき ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 182
begin a threatening singsong noise: 低いうなり声をあげて威嚇する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 192
all the various noises of the now sleeping town have died away: すでに寝しずまっている街は限りなく音をひそめている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 102
a great noise fill sb’s head: があんと頭が鳴る 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 302
a brief gagging noise come from one’s throat: 吐き気をこらえるような声を洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
写真素材のピクスタ
ツイート