Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
throat

主要訳語: 喉(15)   のど(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
のど
   
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 220
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 298

咽喉首
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 94
咽喉笛
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 166
   
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 22
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 360
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 19
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 323
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 304
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
喉の奥
   
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 183
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
喉もと
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
喉首
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
喉笛
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 241
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
首根っこ
   
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 173

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

cut sb’s throat: ただじゃすまんぜ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 146
clear one’s throat: 咳きこむ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 444
clear one’s throat: 咳ばらいする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
clear one’s throat: 咳ばらいをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
clear one’s throat: 咳払いする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 67
the creditors are at sb’s throat: 借金とりに追われている ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 213
put a lump in sb’s throat: 胸に熱いものがこみあげてくる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 12
one’s breath catches in one’s throat: (人は)息を呑む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
cut one’s own throat: 敵に塩を贈る ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 70
crowd’s roar gathers throat: 観衆のどよめきがひときわ高まる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 241
clear one’s throat loudly two or three times: 咳払いを二つ三つする 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 235
clear one’s throat demandingly: 注意を引こうとして咳払いする ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 46
are not at each other’s throats anymore: もう昔と違ってとっ組み合いの喧嘩などはしない 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 27
a brief gagging noise come from one’s throat: 吐き気をこらえるような声を洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
ツイート