× Q 翻訳訳語辞典
much   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまり
   
neither AA nor BB is of much help when it comes to sth: AAもBBも〜にはあまり役にたたない 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
it didn’t happen so much now: もうこのごろはあまりやらなくなった 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 14
don’t have much time to make a decision: 決断の時間もあまりない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511
do not waste much life time ~ing: 〜、といったことどもにあまり時間を使わない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 181
do not care much for sth: 〜ということをあまり好んではいない 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
あれだけ
   
praise sb so much: あれだけ(人を)誉め抜く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 162
おびただしい
   
there is so much of sth: あまりにおびただしい〜 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 243
かなり
   
much of it: かなりの部分 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 481
さして
   
have not think much about ...: 〜をさして気にもとめていなかった フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 120
さほど
   
it doesn’t much matter which way sb put it: どっちの言い方をしてもさほど違いはないのだ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 15
don’t seem much different from ...: 〜とさほど違はないやうな気がする 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 16
さまざまな
   
さんざん
   
learn after much inconvenience and trouble: さんざん手をやいたり、やっかいな目にあってわかる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 249
after much negotiating: さんざん話し合いを重ねたあげく グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 188
しきりだ
   
there is a little roughness in the sport, and much playfulness: 笑いふざけこそしきりだが、別に手荒なことはほとんど見られない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 53
しきりに
   
be much conjecture about ...: 〜か、しきりに取り沙汰する ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 70
しっかり
   
be not paying too much attention to ...: ・・をしっかり聴いていない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 238
じつに
   
find much private amusement in ...: 〜がじつにおかしくてひそかにほくそ笑む ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
すっかり
   
much of sb’s sharpness is gone: (人の)持ち前のシャープさがすっかり影をひそめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
be a monster much dreaded: 恐るべき怪物として、すっかり怖気をふるわれている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
ずいぶん
   
much better than sb: (人)とちがって、ずいぶん〜 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
be helping one to be much more compliant: (人を)ずいぶん従順にしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 585
after much prompting: すいぶんうながされ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 157
ずっと
   
the atmosphere of ... is much less strained: 〜の雰囲気はずっとくつろいでいる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 97
much much: ずっとずっと 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 86
much nicer: ずっといいの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
much better: ずっとマシよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
life would be much easier: ずっと楽に暮らせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
be much taller than sb: (人)よりずっと上背がある 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 56
そう
   
be much the same as sb’s own: (人と)そう変わりがない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
そこまで
   
sb feel that much at ease now: (人が)そこまでもう緊張を解いている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
それほど
   
be not much affected by ...: 〜にそれほどの手応えもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
たいして
   
do not like sb much: 好きといってもたいしてじゃない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
たっぷり
   
take much time: たっぷり時間をかける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 223
だいぶ
   
with much hesitation: だいぶためらい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 157
とやかく
   
give it much thought: それをとやかく考える カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 113
どう〜ても
   
much as he tried to: どうあがいても クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 582
どうも
   
do not make much sense: どうも理屈にあわない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
はるかに
   
be much simpler: はるかにやさしい アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 98
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
へん
   
how much to admit: どのへんまで打ち明けるべきか トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
ほとんど
   
sth have not changed much: 〜はあの頃とほとんど変っていない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
do not say much: ほとんど口をきかない デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 36
ほとんど何も
   
do not have much: ほとんど何ももっていない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
ほど
   
sth is not all that much unlike ...: 〜は...とそれほどちがわない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
まして
   
much less see far enough into the future to realize...: まして先のことまでは見えないから〜とはわからない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
まんざら
   
it isn’t much of a lie on sb’s part: まんざら嘘でもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 587
めきめき
   
be much better: めきめき良くなっている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 310
やたら
   
as much: やたら サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 15
よく
   
don’t really know that much: たしかによくは知らない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 197
don’t know all that much: そんなによくは知らないんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
よけいなこと
   
be asking too much: よけいなことをたずねすぎてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
よほど
   
mean much more than sth: 〜よりよほどものをいう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
I'm much bigger: わたしのほうがよほど大きい 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 18
be much less confusing to handle: よほど扱いやすい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 414
ろくすっぽ
   
do not give sb much: ろくすっぽ口も利かない ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 86

何度も何度も
   
see much of the killing of meat: 肉の殺しかたを何度も何度も見る ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 105
過度の
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 13
幾多の
   
after much storm and peril: 幾多の嵐と危難ののち セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 27
苦心の末
   
after much searching in the trash cans: ごみ箱を漁って苦心の末みつけた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 82
細心の
   
much care have been taken to do ...: 〜するよう細心の注意が払われてきた ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 422
山のように
   
there is so much to do ...: 〜しなければならないことは山のようにある バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 12
充分
   
not much of sth: 充分じゃない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 108
深く
   
think much about ...: 〜について深く考える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
深刻な
   
have much trouble: 深刻なトラブルを抱えている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 257
精出す
   
enjoy oneself as much as one can: 精出して遊ぶ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
多くを
   
have been through too much: あまりに多くを一挙に味わった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
大したこと
   
never came to much: 結局大したこともなくおわった ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 83
段違いだ
   
be much better than sth: 〜とは段違いだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
値が張る
   
$1,200,000 had been just a little too much for Harvey: なにしろ百二十万ドルではいささか値が張りすぎた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 22
虫がいい
   
it’s too much: あんまり虫がよすぎる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 15
特別な
   
be not otherwise much interested in sb: かといって(人に)特別な関心があるわけではない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 126
片鱗
   
observe without much in the way of emotion: 感情の片鱗も見せずに言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
躍起になって
   
deny much: 躍起になって否定する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 144
余計
   
feed A too much B: B をA に余計に入れすぎる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 25
ツイート