× Q  ?  翻訳訳語辞典
shout

主要訳語: わめく(6)   どなる(4)   叫ぶ(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いじめてやる
   
sb would shout at you if you were sb’s stepchild: あなたがまま子ならいじめてやるわ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 49
おおげさに叫ぶ
   
That word most of all, glaring, shouting accusing: なかでもぎらぎらと輝き、おおげさに叫び、声高になじっているのは、この一語だった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
がなりたてる
   
shout ... at sb: 〜にがなりたてる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
がなる
   
be shouting: がなっている ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 517
どなりつける
   
And you shouted at him?: で、おまえ、トッドをどなりつけたんだっけ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
どなる
   
shout back: どなりかえす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
shout at sb: (人に)どなる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
For once in his life, shouted: 本当にめずらしくどなった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 503
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 453
はりあげる
   
shout at the top of one’s voice: ありったけの声をはりあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 132
わめき散らす
   
shout one’s contempt and derision for sth: (物に対する)侮蔑と嘲笑の言葉をわめき散らす O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 237
わめく
   
They say he turned around to the umpire and shouted at him,: 審判に向き直って、こうわめいたそうだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
simply shout at the top of his voice ...: あらんかぎりの声をはりあげて、〜とわめくだけだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 130
shout without warning: いきなりわめく バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 50
shout prosaic things: つまらないことをわめく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 301
shout at sb: (人に)むかってわめく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 26
Instead, I shouted as an uncontrolled savage might have done: ただ野蛮人の如くにわめくのです 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 208

奇声
   
with a shout: 奇声を発して セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 195
気勢をあげる
   
<例文なし> シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 204
叫びをあげる
   
shout with pleasure: 歓喜の叫びをあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
叫ぶ
   
turn and shout ...: 振り向きざま〜と叫ぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
shout something unintelligible: 何やらわけのわからないことを叫ぶ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 212
shout in a shrike’s voice: 百舌のような声で叫ぶ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 127
shout furiously: 逆上した声で叫ぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
指示を出す
   
shout at sb: (人に)指示を出す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
叱る
   
shout sb: (人を)叱る フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 301
   
the populace set up a shout of applause: 傍聴人たちは一斉に歓呼の声を上げる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 184
声を張りあげる
   
"The handicap space!" Norris shouted: 「身障者用の駐車スペース!」ノリスは声を張りあげた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
声を張り上げて言う
   
sb shout above the din as best sb can: ハチの巣をつついたような騒ぎの中で、(人は)せいいっぱい声を張り上げて言う ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 13
絶叫する
   
"Stupid, presumptuous, pompous, silly!" he shouted: 「愚か者。慎みを知らず、驕りたかぶりたるうつけ者よ」彼は絶叫した プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
大きな声でいう
   
He shouts 'Sit still!': 先生は大きな声で" 喝!"っていうの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
大声で
   
shout ... in high laughter to sb: 大声で笑いながら(人に)〜という ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
大声でどなる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 429
大声を出す
   
You don't have to shout or anything: べつに大声を出すには及びません クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 20
怒鳴る
   
he shouted at the television: テレビに向かって怒鳴ることもあった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
必死に呼ぶ
   
shout sb’s name out: 必死に(人の)名を呼ぶ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
放つ
   
shout one’s vibrant message: 震える声でメッセージを放つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 259
雄叫び
   
bloodcurdling shouts: 血も凍る雄叫び デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
浴びせかける
   
shout one thoughtless question after another: 無思慮な質問を次々と浴びせかけてくる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 298
浴びせる
   
shout abuse at sb: 罵声を浴びせる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 198
囃し立てる
   
The one they call Mookie Wilson shouted 'Hey, man!': あのムーキー・ウィルソンって人も、“よう、にいちゃん”なんて囃し立ててくれました プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 331

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

there is shouting: 阿鼻叫喚がある ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 129
shouts of hooray: 歓声 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 78
shouts of hagglers: 喧噪 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 248
shouts another: 別のひとりが加勢する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 245
shouting: 怒号 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
shout goodbye: 声をかける 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
shout down: わめきちらす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 23
shout at sb: (人に)大声で叫び返す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
shout at sb: (人に)大声で質問をぶつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 392
shout at sb: (人に)罵声の嵐だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
shout at sb: どなるように話しかけてくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
shout angrily: 怒鳴る 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 391
with shouts of joy: 歓声をあげて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 331
used to shout a lot about doing: 〜したいって、前からやいのやいの言ってた シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 189
unlady-like shouts of mirth are soon heard to proceed: じきに淑女らしからぬ哄笑がそこからほとばしるのが聞こえる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 200
there is a considerable amount of shouting: かなり激しく大声が飛びかう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 297
there are shouts of laughter: あちこちでわっと笑い声が上がる ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 70
then some of the hearthmen jump up with shouts and tumult: 郷の人々はそれを聞くと(人に)わっとばかりにおそいかかる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 35
start an avalanche just by shouting too loud: 大声をあげてなだれをひきおこす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
so shouts and dances one’s angry blood up: とにかく、〜の怒りの血はたけり立っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
shouts of laughter rise: 笑い声をたてる 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 23
shout the plaudits of ... from the housetops: 〜をあっちこっちに自慢してまわる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
shout instructions from sb: 大声で(人からの)指示を取り次ぐ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
shout happily at sb: 大声で祝福の言葉を浴びせかける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 293
shout for sb to do: けしかける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 184
shout down at sb: 頭ごなしに命じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
shout at the top of one’s voice: 声をはりあげる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 107
shout at the top of one’s lungs: 割れるような大声 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
shout at sb in a surly way: 突っけんどんに言い放つ 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 42
shout at sb down the phone: 電話で(人を)どなりつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 88
girls are shouting cheerfully trying to get customers come in: 女たちは派手な声で客に呼びかけてゐる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 167
find oneself wondering what all the shouting is about: なぜみんなあれほど騒ぎ立てるのだろう? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
can barely hear ... for all the shouting: まわりにすごい喚声がうずまいていて、〜はそれ以上聞こえない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 299
break off with a shout of laughter: 言葉を切ってひと声高く笑う セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 167
a single angry voice shout out: 1人が怒声を発する 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 211
shout of appreciation: 嘆声 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 34
between a cheer and a shout of hilarious anger: 喝采とも騒々しい腹立ちの叫びともつかぬ シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 158
cup one’s hands to one’s mouth and shout: 両手でメガホンをつくって叫ぶ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 51
shout furiously: 威丈高な叫びをあげる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 34
give a hopeless imitation of a shout: 不似合いな大声を張り上げる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 127
ignoring sb’s shout of agony: 苦痛の悲鳴にもかまわず ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 642
shout back joyfully: 喜々として叫び返す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 195
sth is too much for sb, who shout: (物事に)こらえ切れなくなって、(人は)叫ぶ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 37
shout in protest: 大声で抗弁する シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 209
shout now serious: もうムキになって声をはりあげる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 152
A choir of students shouted in unison: 何人かが声を合わせて言った ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 1
Just shout it out: わかる人は答えを言ってみてごらん ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 1
shout suddenly and viciously: にくにくしげにいい放つ マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 145
shout unceasing commands at sb: ひっきりなしに、命令を〜にがなりたてる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
shout wildly: ほとんど夢中で叫ぶ 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 147
ツイート