× Q 翻訳訳語辞典
loud   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うるさく
   
be loud: うるさくなる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
おきゃん
   
be too loud: おきゃんすぎる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 47
でかい
   
very loud indeed: もうばかでかい声で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 271
やや甲高い
   
say in a loud clipped voice: やや甲高い声できっぱりと言う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 264

音高く
   
there was a loud and authoritative tap: 扉を音高く傲然とノックする音がした ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 16
強い
   
<例文なし> 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 92
激しく
   
the fights with sb get louder and nastier: (人)との口論がますます激しく、陰湿になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
口に出して
   
say ... out loud: 〜を口に出して言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 73
甲高い
   
a loud exclamation: 甲高い叫び声 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 169
耳障りな
   
voice so loud: 耳障りな声 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 227
盛大な
   
loud applause: 盛大な拍手 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 252
盛大にひびきわたる
   
a loud flush sound: 盛大にひびきわたる水洗の音 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
声に出して
   
think out loud: 声に出して考えをたどる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 103
say ... to oneself out loud if quietly: 声に出してつぶやく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
read one’s story out loud: 物語を声に出して読む ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 303
声をたてて
   
laugh out loud: 声をたてて笑う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
声高な
   
be too loud a gesture: あまりにも声高な振る舞い マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 193
声高に
   
describe out loud sth: 〜について声高に説明して聞かせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
騒々しい
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 201
大きく
   
very loud: やけに大きく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
大きな
   
there was a loud and authoritative tap: 無遠慮にドアを叩く大きな音がきこえた ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 17
大きな声で
   
not something one said out loud to anybody: 大きな声ではいえなかったが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
大声
   
talk in a voice that is loud and muttery at the same time: ぶつぶついってるだけなんだけど、それがふしぎに大声なのね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
大声で
   
talk boat talk in loud and knowing voices: わけ知りの大声で専門用語をならべたてながら「ボート・トーク」をつづける オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 197
派手な
   
wear such a loud getup: 派手な恰好をしている 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 386
烈しい
   
the knocking still continues, and grows louder: ノックは依然続き、ますます烈しくなる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 144
腕白
   
a loud and prying boy of eleven: 好奇心の旺盛な十一歳の腕白坊主 カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 8

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wonder out loud: 疑問を口にする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 276
think out loud: 頭の中を整理する
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 96
snore loud: ぐうぐういびきをかく
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 83
snore loud: 高いびきをかく
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 78
roar so loud: いきなりワッと大声をたてる
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
laugh loud: 思わずふきだす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 82
laugh loud: 思わず笑い出す
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 88
knock again, louder: もっと力を入れてもう一度ノックする
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 23
in a loud voice: 声高に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 303
growl louder: うなり声を高める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 339
get loud: 声が荒くなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
be louder: 大きなひびきとなる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 89
a loud voice: 胴間声
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 133
a loud roar: どおと激しい音
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 114
wish out loud for things one don’t have: 欲しくても手に入らないものをかたはしから並べあげる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 22
weep, so long, so loud and pitifully that ...: 悲痛な声でむせび泣き始めたので〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 78
there was a loud and authoritative tap: ドアが大きな音で傍若無人にノックされた
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 16
the louder sb sing: 放歌高吟する
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 166
the loud eruption of ...: 〜が鳴り渡った
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
the loud crashing of fireworks: 炸裂する花火の轟音
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 185
the buss of conversation about ... grew louder: 〜をめぐる話し声は一段とかまびすしくなった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 15
start an avalanche just by shouting too loud: 大声をあげてなだれをひきおこす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
speaking loud and high: かんだかい声で言う
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 57
speak louder than sth: 〜よりも雄弁だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 220
speak a little louder: もうすこし大きな声をだす
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 112
sound of children’s voices comes shrill and loud to one’s ears: 子供たちの声がきんきん聞こえてくる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 52
sb’s voice is loud enough to be heard by everyone in the crowded car: (人の)声が混んだ車内に響く
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 145
say, thinking out loud: 胸に浮かんだ考えをそのまま口にする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 83
say out loud exactly what sb does not want to hear: 一番言ってもらいたくないことを、はっきりと口に出す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 47
read sth in a loud firm voice: 大声で(物を)朗読する
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 109
play along with sb by laughing real loud: おべんちゃらでバカ笑いする
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 14
peal laughter so loud: 笑い声をひびきわたらせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
one’s heart pounds louder and louder: 心臓がとくとくなる、早鐘のようになる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 100
one’s bewilderment a loud hum: わけがわからないまま途方に暮れ、うわんとうなりをあげていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
not so loud that conversation is difficult: ざわついている。が、会話にさしつかえるというほどではない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 174
no matter how loud and raucous the music: どんなに激しい音楽が鳴っていても
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
loud TV suddenly blasts: 突然、テレビが大音量で鳴りひびく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
loud and overdressed woman: けばけばしい身なりの老婦人
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
laugh out loud at oneself: 思わず高笑いを発する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
laugh out loud at ... part: 〜なんて言われて噴き出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 147
in the loud excessive use of one’s horn: 必要以上にけたたましく警笛ラッパを鳴らして
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
in a voice barely louder than a whisper: ようやく聞こえるような小さな声で
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 405
hearts of sb beat loud enough perhaps to be heard: (人の)心臓は激しく高鳴って、おそらくはっきり聞き取れるくらいだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
for crying out loud: まったくもう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
except that it is something very voluble and loud: ただ騒音の饒舌というだけで
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 200
don’t say the word out loud: その名前を口にするのが何となくはばかれる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
can hardly help saying them out loud: いまにも口をついて出そうだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 64
can hardly help saying them out loud: 危うく声に出して唱えそうになる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 69
call out in a louder voice: 声を張り上げて言う
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 88
be loud and violent: はなばなしい
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 160
be getting loud and clear: 声を大にして言いたい
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 174
a bell go off with a loud Brrrrrrannggg!: けたたましいベルの音がひびきわたる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
in a loud voice that carries above the music: 楽の音にまけじと大声で
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 325
be accompanied by loud applause: 盛大な拍手に送られる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 252
sb1’s unexpectedly loud snoring has annoyed sb2: 〜は意外に大きい〜のいびきに脅えてしまった
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 154
suddenly burst into loud sobs: 火がついたように大声で泣き始める
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 48
I don't think I'll ever forgive him for reading me that crap out loud: こんなチャラッポコを僕に読んできかせるなんて、僕は先生を絶対に許すまいと思うんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 22
have one of these very loud embarrassing voices: こっちがどぎまぎするようなでっかい声を出す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
emit a loud snort: 大きく鼻を鳴らす
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 195
bark ... out loud and enthusiastically: 大声で本心から〜と呼びかける
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 205
"I suppose it's all basically equivalent," I said, thinking out loud: 「基本的には、ぜんぶ同罪ってことになるのかもしれない」僕は頭の中を整理するように言った
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 96
in an extra loud voice: ことさら大きな声で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 162
create a loud goofy noise: 「ぶわんぶわん」という大きな音が出る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 57
be influenced by sb’s loud advice: (人の)言葉を重んじる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
laugh out loud: 笑いとばす
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
laugh loud and heartily: 腹の底から大声で笑う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
LOL:laughing out loud
辞遊人辞書
a loud mob: 騒々しい集団
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 242
practice out loud:声に出して練習する
辞遊人辞書
read sb loud out: 読んできかせる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 22
the strident voices of loud-speakers would order the students to take shelter: 拡声器のだみ声が、学徒の待避を命じた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 111
ツイート