× Q  ?  翻訳訳語辞典
saw
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
のこぎり
   
<例文なし> 辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

intently sawing away at a steak sandwich: ステーキ・サンドイッチにかぶりついている デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 57
cannot saw a stitch on account of one’s eyes: 目がこんなだから一針だって縫えない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 81
you never saw anybody that was deader: あんな確かな死にざまはめったにない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 225
never felt more heartily ashamed of oneself in one’s life than when one saw ...: 〜を見ると、いままでに経験したことがないほど強く自分をあさましく思う ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 36
Stengel saw that Byrne was an asset, particularly as a number-four pitcher;: ステンゲル監督は、バーンを戦力として(つまり第四の先発投手として)考えていた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 370
I distinctly saw sb’s bare throat: のどがむきだしになっていました ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 186
beautifully crafted wooden jigsaw puzzles: きれいに仕上げられた木製のジグソー・パズル スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
But he knew who it was before he saw him: だが、見るまでもなく、彼にはわかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 472
Probably they and Kitz saw eye to eye on the awkward matter before them: おそらく、尋問に先立って彼らとキッツは鳩首談合したに違いない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 280
Norbert Steiner began, but then he, too, saw the red star, and became silent: ノーバート・スタイナーはドイツ語で言いかけてから、赤い星に気づいて、口をつぐんだ ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 7
leaving sb frightened and bewildered in the doorway of the wood-sawyer’s house: ただ呆然とおびえながら、木挽き小屋の門先に立ちつくす ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 173
"Straightforward," said Nagasawa blandly: 「普通だよ」と永沢さんは何でもなさそうに答えた 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 102
saw the blood on the wall: 襖に迸ばっしている血糊を見た 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 257
get the worst body I ever saw: 見たこともないほど貧弱な身体をしてる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 376
He saw the old couple lean toward him briefly as they drove away: 老夫婦が去っていきながら、彼の方にちょっと体を傾けるのが見えた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 334
I looked in and saw a small brown couple beaming at me nervously: 中を覗くと、褐色の肌をした小柄な夫婦者がおずおずと笑いかけてきた メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 109
as with the bubble graph you saw in the previous chapter: 前章で紹介したバブルチャートのように ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 2
what one saw caused one to do: 〜を見たとたん、〜してしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
have one’s way with one as I never saw a child take up before: またとないほどのわがままッ児だ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 59
Deputy Andy cried when he saw dead people: アンディは死体を目にするたび、おいおいと泣きじゃくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
A wide woman came to the door, saw me, and waved, then disappeared: がっちりした女が戸口にあらわれ、わたしを見て手を振ってからひっこんだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 92
But I distinctly saw the man open the door with a key myself: でも、ぼくは、あの男が自分で鍵を開けているところをはっきり見たんですよ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 48
what sb saw sth drove everything else slap out of one’s mind for a moment or two: 〜を眼にしたとたん、(人の)頭のなかは一瞬からっぽになってしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
dutifully saw its way through something by Schumann: 型どおりに弓を動かして奏でるシューマンの曲 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 153
last seesawing of emotion: まるでシーソーみたいな感情の急激な昇降 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 514
the biggest sex maniac you ever saw: 類を見ないほどの色情狂 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 99
Evidently she knew a good thing when she saw it: どうやらいいものを見分ける目をもっているらしい フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 85
He started back as he saw the long skirts -- had she finally become a geisha?: とうとう芸者にでたのであろうかと、その裾を見てはっとしたけど、 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
We finally saw Sidd: ようやく、シドの姿が眼に入った プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
the first thing one saw was ...: 真っ先に目にはいったのは〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 391
He thought he saw several reasons for the frenzy: この混乱状態の理由として、パウエルにはいくつか心あたりがあった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 142
gape at what sb saw: 眼にとびこんだ光景におどろき、(人は)あんぐりと口をあける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
it gave me quite a start when I first saw it: 最初、その光景を見たときはどきっとさせられた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
You never saw such gore in your life: 前代未聞の血染めの顔だったねえ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 73
But gradually, with another part of her, she saw through this false optimism: だが、しだいに彼女のどこかべつの部分は、このいつわりの楽観を見抜いた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
I then saw that Sensei was grinning, and I suddenly became embarrassed: しかしにやにや笑っている先生の顔を見た時、私は急に極りが悪くなった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
I saw a line on a graph that gripped me with fear: あるグラフに目をひかれ、たちまち背筋が凍りついた ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 3
But outsiders saw the warning signs that most Beirutis ignored: だが、外部の者の目には、ベイルート人が看過している危険の兆候がよく見えた イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 27
He saw immediately that Mays was going to be a great player: ディグビーは、メイズが将来たいへんな選手になることを、たちまち見抜いた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 312
What he saw was impossible: いま目のあたりにしているものは、到底この世の出来事ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 260
obviously saw nothing particularly peculiar in the incident: べつに妙だとも思わなかったらしい フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 7
And when he saw the inscription--!: そして、カードに添えられたサインを眼にすれば…… スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
jigsaw:ジグソー 辞遊人辞書
jigsaw:糸のこ 辞遊人辞書
jigsaw puzzle: 嵌め絵 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
know it the moment one saw sb: ひと目でぴんとくる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 189
at least that I saw: 今わかっているかぎりでは ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 293
he lit up when he saw sb: (人に)会うと父は笑顔になった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
men like sb saw too much: (人の)ような連中は、いわば知りすぎた男なのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
We saw it one afternoon and had mentally moved in by dinner: 私たちがその家を見つけたのはある日の午後のことだったが、夕食の頃には早くも気持ちが先に引っ越しを済ませてしまっていた メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 7
saw ... twice more: 〜をなお二度見た 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
Eyes narrowed at that, all of them, Kelly saw: これには全員の目が険しさをおびるのをケリーは見た クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 91
never saw sth doing: 〜が〜するのを見ずじまいだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 16
you never saw ... in your life: 前代未聞の〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 73
Now he saw that it was only silver at the temples: が、こうして見てみると、白いのはこめかみのあたりだけなのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 42
it wasn’t often that one saw ...: 〜を見るのはめずらしかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 579
In the forest Jerry saw a flash of gold, but it was only a wat: 林のなかに金色のものがきらっと光ったが、よく見ると寺だった ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 192
never saw sb outside the barber shop: 床屋の店以外で〜に会ったことはない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 122
the particular segment one saw: (人が)たまたま眼にしたシーン プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
Well, I didn't have a positive identification until I saw the body myself: 死体を自分の目で見るまでは、確実な身元確認ができなかった デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
he saw sb rising from one of the tables with a group of prosperous-looking men: 羽振りのよさそうな一団のテーブルから立ち上がるのが見えた ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 120
sweet scent of sawdust seems to reach be here: さわやかな木屑の匂いが漂ってくるような気さえする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 134
sweet scent of sawdust: さわやかな木屑の匂い 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 134
wield sawed-off mallets: 鋸でひいて短くした槌をぶんぶん振りまわす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
wood-sawyer: 木挽き ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 169
They scattered when they saw the truck: 彼らはトラックを見て蜘蛛の子を散らすように逃げだした ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 204
Therefore my heart sank when I saw the Great Trek sculpture: だからというべきだろうか、大移動のレリーフを眼にしたとき、私はがくっと落ち込んでしまった オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 215
More important, they saw the haunted look in the eyes: 眼にうっすらと浮かんだ苦しみの色でさえ、親しい間柄の人間ならたちまち見ぬいてしまうだろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
I saw that he had no ties of any kind with the other people staying there: 其所に住んでいる人の先生の家族でない事も解った 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
Then he saw that he was naked: 立ち上がってはじめて、彼は自分が裸でいることに気づいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things )
Isao thrust his face abruptly against Sawa's: 勲は出会頭にその顔を接して言った 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 242
ツイート