Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
particular

主要訳語: 別に(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
ある
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 289
お目当ての
   
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 42
こだわる
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 150
これといった
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 239
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 25
これといって
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 147
さして
   
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 86
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 42
さも
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
そんな
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
ただひとつの
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 239
とびきりの
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 311
なおさらそうだ
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 15
はっきりころといった
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 288
ひどく
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 293
ほかならぬ
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 138
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 111
やかまし屋
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
わけても
   
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 23

異常な
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 160
一本
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
何も
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
格別
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
格別の
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 412
限定された
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 196
個別の
   
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 22
今度の
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 77
際立った
   
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 70
資料
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 201
事実
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
顛末
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
当て
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
特殊なきどった
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
別に
   
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 18
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 217
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 236
変わった
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
妙な
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 140
問題とされている
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 98

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

this particular salesman: くだんのセールスマン ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 92
this particular deceit: この手のトリック ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 36
this particular ...: 〜だけが 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
thinking of nothing in particular: 何心なく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
that particular story: あの短編 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 96
quite particular: ばかに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 82
particulars of the matter: 経緯 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 418
particulars: 詳しい経緯 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 184
particulars: 特徴 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 144
on this particular occasion: 今回 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
in particular: たとえば プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 117
in particular: とりわけ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
in particular: なかんずく 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 45
in particular: もっぱら ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 313
in particular: よりによって ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
in particular: わけても プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
in particular: 殊に 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
in particular: 中でも デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 13
have a particular flavor: 味がある 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 44
for particular need: 必要があって 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 53
for no particular reason: ふと 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 306
circumstances are particular: 状況が状況だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
be not particular: こだわらない ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 168
a particular person: ひとりの男 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
a particular drawer: ひとつの抽斗 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 62
without giving it particular attention: なんにも考えずに 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 95
with nothing particular in mind: なんということもなしに 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 42
what sth in particular: なんの(物)かね? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
this particular elusive lady: このとらえどころのない女性 アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 81
there is nothing in particular to say: 話題がない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 53
there is no particular ringleader in ...: 〜のうちの誰が首謀者ということでもなく 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
there is no particular pain: べつに痛みはない 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 43
the particular segment one saw: (人が)たまたま眼にしたシーン プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
the information that ... makes no particular impression: 〜のところでも何も感じなかつたやうな気がする 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 24
shape one’s life elsewhere in particular ways: (人の)生き方に少なからぬ影響を及ぼす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 181
sb’s thoughts drift in no particular direction: (人は)ぼんやりと考える 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 21
say to nobody in particular as it seems: だれにともなく言う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 56
say to nobody in particular: 誰にともなく言う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
say to no one in particular: ひとりでしゃべっている 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 130
pull a dreary smile at nothing in particular: どこへともなくうつろな笑みを向ける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 245
particular and unique identity of the Jewish people: ユダヤ民族の類を見ぬアイデンティティ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 171
one mountain in particular stands out from the rest: ひとつの山が、まわりから頭ひとつ高くそびえている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
on this particular night: 今夜に限って 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 75
of our particular line of work: よそは知らずわれわれの業界では イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
mutter to no one in particular: だれにともなくつぶやく マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 443
keep up with the particulars of sb’s lives: 個人的データを頭に入れている べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 47
just another particular aspect of one’s vanity: (人の)見栄坊な心の別のあらわれ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 41
it is nothing in particular: なんのことはない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 75
in this particular case: 今度ばかりは ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 27
I’m looking for one letter in particular: 実は、捜している手紙がある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 335
how extraordinary that they should have been there at that particular moment: よくも、偶然、その時間にそこにいたものだ 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 95
have someone particular in mind: 誰か心あたりがある フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 244
have no particular reason for ...: 〜の用もない 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 135
have no particular interest in sth: とりたてて(〜)したいわけではない 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 80
have got particular reason for saying that,...: これといって根拠はない 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 381
gaze up at nothing in particular: 焦点の定まらぬ視線を上方に放つ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 197
for no particular reason: これといった理由もなく 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 161
for no particular reason: ふとした機会から 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
for no particular reason: 意味もなく 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
feel remorse when one is not doing anything in particular: 何でもないときにとてつもなく悲しくなる 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 69
during this particular period: この時期に限って言えば ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 370
do nothing in particular: とりたてて用事もない レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 250
cost sb any particular effort: 抵抗を撥ね除ける 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 163
convert sb to one’s particular faith: (人を)みずからの教派に改宗させる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
come to have a particular look about ...: 〜らしくなってくる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 119
chatter inconsequentially of nothing in particular: とりとめのないおしゃべりに興じる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 116
chat about nothing in particular: とくに何を話すともなくしゃべりあう デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 410
change ... not in a single particular: 一語すら変えない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 254
call out with particular strength, still retaining one’s clarity of tone: 力をこめて朗々とよみあげる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
be with nothing particular that requires one’s attention: どうせすることは何もない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 118
be the bright particular star of the occasion: なんといってもいちばんの花形は〜だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 292
be of particular interest to sb: (人の)耳に留まる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
be not always too particular about that: こういうことには、どうも熱心ではないようだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 252
be a person of no particular distinction: 別に大した人物ではない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 63
ask nobody in particular: 誰にともなく言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 186
another particular aspect of one’s vanity: (人の)見栄坊な心の別のあらわれ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 41
an expression as though sb have not expected that particular question: 思いがけない質問を受けた顔 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 90
‘...’ one asks of no one in particular: 「〜」〜はだれにともなくたずねる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 204
ツイート