× Q  ?  翻訳訳語辞典
lady

主要訳語: 女(7)   おばさん(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あんた
   
Lady, you don't know what trouble is: あんた、ごたごたの意味がわかってないね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
おばさん
   
your cleaning ladies: おたくの清掃係のおばさん タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 175
cleaning lady: ビル掃除のおばさん プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 43
お客さん
   
What the hell you got in here, lady: お客さん、このかばん、いったいなにが入ってるんです? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 42
お方
   
dear lady: 心やさしきお方 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145

レディ
   
Real Estate Lady: 不動産レディ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
a Real Estate Lady: 不動産屋の営業レディ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
レディー
   
this is no way for a lady to dress: これはレディーが着るものじゃない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 106

奥さん
   
"Lady, I work sixteen a day in this place to earn a living," the baker said: 「なあ奥さん、あたしはおまんま食うために一日十六時間ここで働いているんだよ」とパン屋は言った カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
The lady's name was Shizu: 奥さんの名は静といった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 26
   
what crazy lady with ... live ...: 〜といっしょに住んでる頭のおかしい女とは、いったいだれだっけ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
this is a lady with an attitude: 態度のでかい女だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
The lady's face had all the charm of a snowshovel: 女の顔は、まるで雪かきシャベルだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
the ladies one wants to lay: ものにしたい女たち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
Ladies like Wilma always do: ウィルマのような女はかならずやるんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
Ladies laughing well before noon!: なんで昼前から女が笑いころげているんだ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
女の人
   
a lady of about fifty: 五十恰好の女の人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
小母さん
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 8
   
a lady whom one take to be the mistress of the house: 奥さんらしい人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
店の女主人
   
尼さん
   
the ladies in black sheets: 黒衣の尼さんたち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
婦人
   

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

young lady: 令嬢 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 18
the lady: あの人 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
old lady: おばあさん 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
old lady: おばさん 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 244
elderly lady: 老人 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
a lady of such obvious strength of character: この気性 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
a ladie’s man: 女たらし ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 166
want some company tonight, pretty lady: ね、今夜は会えないかな? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
things that should not properly pass through the mind of young lady of good family: あまり良家の子女らしからぬこと 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 196
pay up like a lady: おとなしく金を出す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
clear and piercing old-lady voice: 老婆特有の、空気に穴をあけるような、いやにはっきりした声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
be probably after your old lady’s money: 君のおふくろの財産を狙う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
be a man of considerable reputation with the ladies: 艶聞がつきまとう ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 204
all part of the service, pretty lady: 姫、ご用はなんなりと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
an ancient bag lady: 年季の入ったバッグ・レディ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 47
A lady then appeared, whom I took to be the mistress of the house: すると奥さんらしい人が代って出て来た 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
batty old lady: もうろくした婆さん デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 101
"They all gotta go, lady" the counterman said: 「全部倒れたらな」台についている男がいった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
a lady of great courage and spirit: たいへん心のしっかりしたご婦人 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 45
a cultured lady: 教養あるレディ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 305
sb’s dark lady: (人の)隠し女 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
touch the worldly lady more deeply than sb knew: 思ったより以上に洗練された女の心を打つ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
a diminutive white lady: 小柄な白人の先生 ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
a lady of easy virtue: 貞操観念のない婦人 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 53
this particular elusive lady: このとらえどころのない女性 アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 81
a favoured lady: お気に入りのガールフレンド ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 24
another crazy lady trying to find herself: わたしは誰なの、とたずねる狂気の女がまたひとり フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 16
some of the things, of course, not fit for a lady’s ears: むろん中には、御婦人の前では話せないようなこともある アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 13
a matronly lady taken as a fixture with the house: 家と一緒に造作のようにして〜家から借り入れたのだが、いかにも主婦らしい婦人 E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 12
Take a pot at the old lady and fluffs it: 老婆をねらって、これはしくじる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 378
a very handsome, some might say glamorous lady: たいへん美しい、妖艶とさえいえるご婦人 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 204
make sb think I am a great lady: 私がやんごとない貴婦人だと(人に)思わせる オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 83
'Watch it, lady' Alan growled: 「おいおい」アランはうなった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
succeed in getting hold of a Moorish lady: ムーア人の女をまんまとものにする ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 21
be a kind of lady killer: 一種の女蕩しだ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 66
some respectable lady with a little property: ちょっとした小金でも持った、誰かちゃんとした女 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 254
a diminutive white lady named Mrs. Burroughs: 小柄な白人のバロウズ先生 ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
be outspoken lady: 思うままをどしどし口に出す性分 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 7
I'm a policeman, lady: おれはおまわりなんだぞ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
preacher lady: 口のへらない奥さま カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 51
a proper lady: たしなみのよいレディ グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 252
be quite a lady: 並みのレディではない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 231
'A young lady' said Dixon finally: 女の子なんだ」ディクソンはついに白状した トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
a skilled lady carpenter: 腕の良い女大工 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 174
It was this emotion that overcame him the day that he slapped the old lady: 勝呂がおばはんを叩いたのも、そんな感情にかられてだった 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 66
"Certainly it's mine!" the old lady snapped: 「もちろん、わたしのですよ!」彼女は切り口上で答えた アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 271
sympathetic white-coated lady: 白衣のやさしい女性 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 77
tackle the old lady: あの婆さんに直接談判してみる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 377
this very cold, lady’s voice: 実につめたい、淑女みたいな声 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 233
(whispers) Sorry, lady: (声をひそめて) 「すみません」 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
worldly lady: 洗練された女 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
a young lady: うら若い女性 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 36
young lady:少女 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire )
ツイート