× Q 翻訳訳語辞典
beginning   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いきなり
   
inauspicious beginning: いきなり縁起が悪い 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 100
きざし
   
the beginning of a panic: パニックのきざしにおびえながら レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 120
きっかけになる出来事
   
beginning of their friendship: 二人が親しくなるきっかけになる出来事 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 13
これから
   
that is the beginning of ...: これから〜になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
はずれ
   
at the beginning of the sheep-track: 羊道のはずれの セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 45
ふりだし
   
come to the beginning again: ふりだしにもどる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 101
もと
   
I think you were attracted to sb from the very beginning: もともと(人に)気があったんじゃない? 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 129

スタート地点
   
But that's just the beginning: でもそれはスタート地点にすぎません コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 157

一目見たとき
   
from the beginning: 一目見たときから 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 88
開始時
    辞遊人辞書
最初
   
from the very beginning: 最初の最初から デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 137
手はじめ
   
be only the beginning: ほんの手はじめだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 120
初手
   
have more or less known that ... from the beginning: 〜と初手から信じている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 139
書き出し
   
be too conventional a beginning: 書き出しとしてはあまりに陳腐だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
序の口
   
we are only at the beginning of our friendship: ぼくたちのつきあいはまだほんの序の口だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 157
this is merely the beginning: いまのはほんの序の口だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 77
be only the beginning: ほんの序の口だ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 286
序ノ口
   
be only a beginning: まだほんの序ノ口だ 池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 61
草創期
   
from the beginning: その草創期から プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
入ったこと
   
mark the beginning of ... ranch: 〜農場に入ったことを示している ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 17
入る
   
by the beginning of June: 6月に入ると 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 13
皮切り
   
be just the beginning: 皮切りときている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 108
勃発
   
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 9
幕開け
   
the very beginning: ほんの幕開けにすぎない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 91
   
look back on ... as the beginning of the change: 〜を思いかえしては物事の変わりめだという カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 57

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the beginning of autumn: 立秋
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 150
in the beginning: 最初の頃は
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 31
from the beginning: はなから
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 445
from the beginning: もともと
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 24
the beginning of summer: 初夏の季節
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
the beginning of ...: 〜が始まりかけていたころ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
that was just the beginning: それからが大変であった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
tell sb what happened, from the beginning: どういうことか、順序だてて話す
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 274
start at the beginning: 順を追ってはなす
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 105
read the paper from the beginning to end: 新聞に残らず眼を通す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
one would have considered doing sth an inauspicious beginning: 〜するのは縁起が悪いようなものであるが
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 123
not passionate the way sb have been in the beginning: 出会ったころのような激しいものは消えている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 39
from the very beginning: はじめから
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 214
from the very beginning: 出発点から
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 7
from the beginning of the year: 年が明けてからは
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 20
from beginning to end: 一から十まで
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 348
before sb get the bare beginnings out of one’s mouth: 話しだしてまだいくらも経たないうちに
be the beginning of the end of ...: 〜は終わりを告げている
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 196
be just the beginning: 〜だけでは足らない
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 59
be just the beginning: まだ序の口だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 363
at the very beginning of their conversation: 話のしょっぱなから
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 86
can feel the pain beginning to assert itself again: 痛みがぶりかえしはじめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
be beginning to relax again: (人の)顔に安堵の色がもどる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
be already beginning again: 早くもぶりかえしてはじめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
sb’s age is beginning to show: (人)も年齢は隠せない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 171
be beginning to show one’s age: 弱って来ている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
beginning with the aid of sb, to unhook sth from ...: すぐさま(人の)手を藉りて、〜から(物を)取りはずしにかかる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 181
bells of cinemas announcing the beginning of their features: 開演前の映画館のベル
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
you are really beginning to annoy me: きさま、本気で私を困らせたいらしいな
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 108
annoyance is beginning to form in one’s mind: 頭の中に懸念がきざす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
sth have no apparent beginning or goals: (物に)これという端緒もなければゴールもない
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 37
the quality is beginning to arrive: 高級品の出番だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 190
be beginning to assume the form of ...: 〜に固まりつつある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
at the beginning of ...: 〜の最初にあたって
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 88
beginning to show less of ...: 〜が、少し薄れかけてきた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
be really beginning to do ...: 〜しかけてくる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 276
the night is only now beginning: 夜はこれからだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
hear that the cherry trees are beginning to flower: 桜の噂がちらほら(人の)耳に聞こえ出す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
beginning and end: すべてが始まりであり終りである。
beginning to be struck by sb’s manner: 初めて(人の)態度に気がついたものか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 150
feel that a new phase is beginning: すべてがもう一つ新しい段階に達したように感じる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
where it is beginning: その現場
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
think one is beginning to understand: ようやく事情がわかりかけてきた
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 128
the war only just beginning: 戦争はまだこれからだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 111
it is beginning to come to sb now: (人)にもだんだんわかってきたらしい
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 423
is beginning to ...: そろそろ〜にかかる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 277
I’m beginning to think I must do: あたしって〜なのかしら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 397
feel one’s mind beginning to slip: (人は)心が萎えていくのをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
beginning to do: そろそろ〜しかかる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 227
be still hesitating for the name of a town beginning with H: ウのつく町の名を思いだそうとあせっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 127
be just beginning to think one can trust sb: (人)のこと、もうすこしで信じてしまうところだった
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 121
be just beginning to say ...: 〜といいかけたところだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 89
be just beginning to say ...: 〜といいかけたとたん
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 97
be beginning to weep: そろそろと涙を流しはじめる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 94
be beginning to sound drunk: だいぶ酔いがまわっているようだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 258
be beginning to run down: 幾分話に疲れてくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 392
be beginning to feel one can no longer cope: 我慢の限界が近づいてきているという気がする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 157
be beginning to do: 〜しかけてくる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 302
be beginning to ...: そろそろ〜しはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
that have been the beginning between them: ふたりの仲はこうしてはじまった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
I didn't think so coherently at all from the beginning: なにも、はじめっから、そう筋道をたてて考えたわけじゃありませんよ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 50
The reporters were beginning to complain: 記者諸君は不平を鳴らしはじめていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 233
our whole conversation from beginning to end is completely unimportant: はじめから終わりまで、すべてみな何でもない会話だ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 167
It was beginning to snow again and the darkness was falling all around them: また雪が降りはじめ、夕闇が彼らのまわりにどっぷりと落ちてきた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 371
had been dubious from the beginning: もとから熱意がなかった
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 145
read sb’s letter from beginning to end: 始めからしまいまで(人の)手紙に眼を通す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
that is the beginning of sb’s friendship: これから(人と)懇意になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
further up toward the beginning of the list: さらにリストを遡ると
one is beginning to get ...: 〜が出てくる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 128
be still hesitating for the name of a town beginning with H: ウではじまる町の名を思い出そうと、まだ迷っている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 135
be beginning to get some ideas about ...: 〜についてはすこしわかってきた
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 65
... just beginning: いましがた出はじめた〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 280
know about ... from the beginning: (〜のことは)最初から筒抜け
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 245
be at last beginning to feel sleepy: 次第に眠気がさしてくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 214
be a liar from beginning to end: 最初から最後まで嘘八百だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 184
ツイート