× Q  ?  翻訳訳語辞典
whose
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
誰の
   
<例文なし> 辞遊人辞書
誰のもの
   
<例文なし> 辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

a Major de Wildman of Load knew whose army: 何国の軍に所属するのやら、ド・ウィルドマン少佐などという男 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
a list of artists whose work sb had admired: (人が)高く評価している画家のリスト ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 368
the very boy whose sexual ambiguity so discomfort sb: 男とも女ともつかないなよなよとした感じが、いつも(人を)不快な気持ちにさせる、あの少年 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 163
a narrow building whose window announce tersely ...: 窓に〜とあるだけの間口の狭い建物 ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 89
servant whose business it is to answer the door: ドアの取次ぎ番 ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 180
a company whose name anyone would recognize: 世間の人がみな名前を知っている一流会社 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
Somebody whose career was down the toilet anyway: すでに名誉を失墜しているだれかほかの捜査官にまかせればいい デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
a species of men whose unique quality is badness: 造り付けの悪人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
man whose window we are standing bang in front of: ぼくたちが店さきに立つてる店の者 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 157
is there anyone whose life would really bear close investigation: 私生活を細かくしらべられてほこりの出ない人っているでしょうか アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 212
make a deal with a man whose hands are covered with blood: 両手を血まみれにした男と握手する イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 332
whose business is with all degrees of mankind, bond and free, ...: (人の)治療相手は、それこそあらゆる身分階層の人間、囚人もいれば、自由な市民もいる、〜といったぐあいだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
sb whose power is borrowed: 虎の威を借る狐 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 323
the terrible portrait whose changing features show one the real degradation of one’s life: 自分の生活の堕落の真相をまざまざと見せつける、あの変貌する怖るべき肖像画 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 205
my father’s family sprawled across Chicago’s broader South Side and included a few stray outliers whose blood connection remained cloudy: サウス・サイド地区のあちこちに住む父方の親族には、どういった血縁関係なのか曖昧な人たちも何人かいた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
sb whose taste is so coarse, and whose temper is so overbearing: 趣味低劣、性質倣岸の(人) ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 261
whose commonplace politeness makes the other look rather a fool: そのもってまわった慇懃さのせいで相手が愚鈍に見える ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 15
people whose company is shared for some purpose other than money: 金銭抜きで楽しむ人々 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
whose only crime is fidelity to himself, and his family: その罪科というのは、ただ自分や自分の一家に対して忠実に義務を果たしたというだけのことだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
whose faces had been crosshatched with Magic Marker: 顔にマジックで網目模様が描かれていたり ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
sb whose currency is not to do: 〜することを潔しとしない(人) ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 21
a man whose life is dedicated to the table: 食卓のために生きているような男 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 138
sb, whose eyes have gone in the general direction: いままで法廷全体をながめわたしていた(人) ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
what sb feel is simpler, an emotion whose hue is utterly primary: (人が)おぼえる感情とは、もっと単純な、原始の叫びにつきうごかされるものだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
unseen ideal whose memory haunts us artists like an exquisite dream: 見えざる理想の追憶があたかも精美な夢のように去来し続ける ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 171
whose life is forfeit to ...: すでにその命は〜の手に帰している ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 180
whose hair had been hacked off or whose faces had been crosshatched with Magic Marker: 髪が切り取られたり顔にマジックで網目模様が描かれていたり ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
sb, whose hand has been a little out at first: 初めは多少無器用だった(人の)腕 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 28
whose art one heartily praise: (人は人の)腕に舌をまく ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 21
a man whose honesty is written on one’s sleeve: 善良さまるだしの男 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 295
He was a person whose universe was very small indeed: こいつはおそろしく狭い世界に住んでいるやつなのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 588
sb whose name one will never know: 名前を知る手だてもない(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
a man whose name sb do not know: 見ず知らずの男 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 219
whose smile was already their laughter, whose frown their disapproval: 彼の微笑は彼らの爆笑、渋面は彼らの不賛成であった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
I noticed one whose hair color was slightly different from the others.: そのなかにいくらか毛色の変わったものが見つかった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
..., whose origin is fear: 恐怖ゆえの〜 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
whose pecking order, nuances, and personalities have already been shaped: 社会の秩序、ニュアンス、性格などがすでに形成されている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 96
whose responsibility it is to do: 〜するのが誰の担当なのか コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 40
couple whose marriage was on the rocks: 倦怠期の夫婦 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 120
whose very sight makes you think that ...: 〜と思わせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
'So whose credit card is it,': というと、それ、いったいだれのクレジットカードなの? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
He had become thoroughly acclimated to a sphere whose atmosphere was logic: 彼はすでにはっきりと論理の世界に属していた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 10
ツイート