× Q  ?  翻訳訳語辞典
influence

主要訳語: 影響(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
かぶれる
   
be influenced by sb: (人に)かぶれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87

威光
   
extend Spanish influence: スペインの威光になびかせる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 42
意向
   
influence of shareholders: 株主の意向 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 195
影響
   
undue influence: 不当な影響 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
possible deranging influence: 錯乱させてしまうかもしれない影響 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
how much influence A has on B: AがBに与えた影響の大きさ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 311
find ... an unwelcome influence on sb: 〜は(人)に好ましい影響を与えない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
影響力
   
This gives the emotional centers immense power to influence the functioning of the rest of the brain: そのため、脳全体の働きにとてつもなく強い影響力をおよぼすことができるのだ バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 33
効き目がある
   
no rhetoric is going to influence us: いくらせっとくをしてみても効き目はない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 76
左右する
   
be influenced: 左右されている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
信望
   
use one’s personal influence so wisely that ...: 個人的信望を非常に賢く利用したと見え〜だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
先入見をあたえる
   
influence sb into responding ...: (人に)先入見をあたえて、〜のような返事をひきだす フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 138
息のかかった
   
one can only assume to be under the influence of ...: やはり〜の息のかかった代物としか思えない 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 93
魔力
   
under the influence of narcotics: 麻薬の魔力をかりて 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 28
余韻
   
still under the influence of sb’s dream: 夢の余韻を引きずったまま べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 178
良心の呵責
   
no qualms should influence sb: (人が)良心の呵責に苦しむのは不当だs ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 31
   
exert influence: 力をふるう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17
be right there at the center of influence: 力のまさしく中心にいる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

undue influence: 小細工 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 263
the men of influence: 有力者 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 51
increase one’s own influence: 教勢拡張 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 105
exert influence: 顔を利かす 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 27
be easily influenced: 雰囲気に呑まれるタイプだ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 302
a man of influence: 大物 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
with a strong sth’s influence: (物)じみた 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 60
under the influence of ...: 〜まぎれに 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 137
try to influence sb: (人に)働きかける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
seem to trace the influence of sb: どうやら(人が)音頭をとったものらしい ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 188
sb’s opinions are naturally influenced: 自然そんな言葉を使う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 202
sb’s gentle concern is a key influence in helping sb do: (人が)〜できたのは(人が)示した温かい思いやりのせいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
please don’t let it influence you: 重要な意味にとられては困る 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 145
partly from the damping influence of this alarm: 一つには、何やら恐くなって勇気がくじけたため スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 264
influence and power of shareholders: 株主の発言力 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 195
I have influence over sb: (人は)私のいうことをきく ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 161
have no influence with sth: 〜には顔がきかない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 155
have influenced the book’s present form: 〜を採り入れて最終的にまとめたものが、すなわち本書である セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 354
have been influenced by those I know: 知友に多くを学んでいる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 354
have an influence upon European history: ヨーロッパの歴史を左右する ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 18
feel the chilling influence of its death-cold eyes: 死そのもののような冷たい眼で見詰められて水をあびせかけられたように感じる ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 28
exert an influence without knowing it: 自分でも知らずに男を惹きつける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 296
exert a direct influence upon ...: 〜にじかに作用させる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
don’t let ... influence one: 〜に耳を貸さない オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 146
be of such weight it may have an influence upon European history: ヨーロッパの歴史を動かすほどの大問題だ ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 17
be influenced by sb’s loud advice: (人の)言葉を重んじる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
be influenced by sb: (人が)智恵入れする 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 191
be influenced by ...: 〜の意を承ける 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
be a calming influence around one: 周囲の人間をほっとさせる人物だ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 103
then he is certainly a man of influence: なるほど大物にちがいない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
Portuguese influence endure in ...: 〜にはポルトガルの影響が色濃く残る アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 262
exert its influence on sb’s own lives, on sb’s own relationships: (人の)人生に影響を及ぼし、(人の)関係に影を落とす マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 100
give ... immense power to influence ...: とてつもなく強い影響力をおよぼす バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 33
No doubt he owed this to Kiyoaki's lingering influence: それは多分、清顕の残した拭いがたい影響である 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 14
have their marked influence on sb: (人に)、すくなからぬ影響を与える ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
sb, too, was an influence meticulously correcting our grammar or admonishing us to enunciate our words: (人)から事細かに文法を正されたり、言葉をはっきり発音するよう戒められたりした影響もあった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
talk under the influence of liquor: 酔ったまぎれについ口をすべらせる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 137
be under the unfortunate influence of mysticism: いけない神秘主義の影響だ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
ツイート