× Q  ?  翻訳訳語辞典
ease
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
いつにない
   
feel unusually cheerful and at ease with oneself: いつにないのびやかさを感じる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
おさまる
   
finally begin to ease: すこしずつおさまっていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
そっと
   
ease in: そっと中に入る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 40
たまもの
   
lean into the wind with the ease of long practice: 長年の訓練のたまもので風に向かってゆっくりと上体をたおす アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 25
なめらか
   
Alan's hands moved with a dextrous, eerie ease: アランの両手は器用に動く。その動きはふしぎなほどなめらかだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
のびやかさ
   
move with the ease: 身のこなしにのびやかさがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 399
ふわふわする
   
ease above ...: 〜の上をふわふわする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 24
ほぐす
   
ease the atmosphere: 緊張をほぐす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 52
ほぐれる
   
Immediately the tension eased: 張りつめた空気がそれでほぐれた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 302
まわす
   
ease the wheel to starboard a little: 舵輪を少し右にまわす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
やすやすと脱出する
   
ease out of sth: (物から)やすやすと脱出する バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 25
ゆっくり
   
ease the door open: ゆっくりドアを開ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 363
よどみない
   
move with the ease of a military manoeuvre known by heart: 心にそらんじている軍隊の演習のように、よどみない動きを示す アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 170

安らか
   
a feeling of calm and ease settles over sb: おだやかで安らかな気分が(人を)つつむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
安心
   
grin to put this chicken farmer at ease: 田舎者を安心させる笑顔を見せる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
違和感
   
be never wholly at ease with sth: 〜にいつも違和感を感じる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
緩和する
   
<例文なし> 辞遊人辞書
軽く
   
eat with sb’s effortless ease: 〜のようにあんなに軽く無雑作にスプウンをあやつる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 5
息を抜く
   
wish sb more ease: (ひとが)もう少し息を抜いてほしい ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17
鷹揚
   
be brought up in an atmosphere of generosity and ease: 鷹揚に育てられる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148
薄らぐ
   
do not ease sb’s sense of ...: 〜は薄らぎはしない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 410
薄れる
   
sb’s discomfort eases: (人の)居心地の悪さは薄れる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 56
敏捷さ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 56
平気
   
seem perfectly at ease: 平気だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 173
余裕
   
with more ease: もっと余裕がある リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 8
和らげる
   
<例文なし> 辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with smiling ease: にこやかに 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 362
take one’s ease: ちょっと一服する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 247
stand at ease: 休め クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 23
rather ill-at-ease: いささか気づまりを覚えながら フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 58
one’s ease: 力まず 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 162
more at ease: 少し落ち着いて 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 150
make feel nervous and ill at ease: 妙に 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 25
just to ease sb’s mind: 気休めに 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 108
ill at ease: おさまりのつかない気持ち クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 132
ill at ease: こころよく思っていない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
ill at ease: 居心地悪そうに 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 156
feel at ease: 気分がすっきりする 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 194
feel at ease: 落ちつく 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 193
ease oneself down: (人の)神経をなだめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
ease off: ペースダウンする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
ease off: 切り上げる オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 116
ease of living: 屈託のなさ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 33
ease of association: 人あたりのよさ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
be at ease: 気持ちを楽に持つ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 366
at ease: くつろいだ態度で デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
you can put yourself ease on that score: まあ大船に乗った気でいなさい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 118
with the practiced ease: 馴れた身のこなしで 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 82
with the greatest of ease: らくらくと 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 95
with the ease and assurance: 平易に念をこめて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 149
with ease of a dancer: 踊り子のような身ごなしで リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 45
when the flow of traffic has eased off: 車の流れが途切れたところで シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 74
wear a beautifully tailored suit with a careless ease: 見るからに上等な仕立てのスーツをさりげなく着こなす ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 57
wait for the pressure to ease up: 事態が変わるのを待つ オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 22
there is a sense of ill ease in sb’s mind: (人は)なんとなく気持が落ち着かない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 177
the ease with which sb have agreed: (人は)気安く引き受けてくれる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 84
tell sb to ease up: そう怒るなという トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 315
take one’s ease on the sofa: ソファーでじっとしている フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 504
suspicions about sb ease: 周囲の見る目が違ってくる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 62
sit down and have a nice cup of tea in peace, ease and comfort: ゆっくりすわって、静かに楽しくお茶を飲む フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 435
seem quite at ease oneself: 警戒心のなさそうなものなれた落ちつきがある 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
seem much more at ease with the questions: 質問に対してずっと気楽に答えているかのように見受けられる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
seem completely at ease: いかにも落ちついたものなれた態度だ 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 101
sb feel that much at ease now: (人が)そこまでもう緊張を解いている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
relax with the greatest ease on sth: 〜の上に安んじてすわっていられる 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 45
put sb more at ease: (人を)ほぐれさせる 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
put one’s mind at ease: (人が)胸を撫でおろす デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 85
place in which I can live at ease: 住みやすい国 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
one’s sense of ease return: ほっとくつろぎを取り戻す 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 196
observe with pleasure the ready ease of one’s responses: 自分が思うように動けることにほっとする ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 182
manage to sb’s mind with a smile: 笑って済ませる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 264
looking oddly ill at ease: 妙にドギマギしながら 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 90
look ill at ease: ばつの悪そうな顔をする 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 121
it is an ease on the eyes to wear sunglasses: 刺激をやわらげるためにサングラスをかける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
ill at ease at sharing a table with a strange girl: 知らない女客の前に相客となるのは、なんとなく具合が悪い 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 190
have the ability to put people at ease: 人をほっとさせる能力のようなものがある 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 86
has never been at ease socially: 社交を好まざる如し 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 124
feel so ill at ease with sb: (人の)前で、こんなに堅くなる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 198
feel ill at ease: どうも落ち着かない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
feel ill at ease: 手持無沙汰になる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 22
feel at ease with sb: 居心地がよい 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 135
ease the time away: のんびりと時を過ごす オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 202
ease the strain in the off-hours: 非番のときに息抜きする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 479
ease softly into place: しずかに位置につく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 511
ease sb into sleep: (人を)眠りにいざなう マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 218
ease out into the darkness: 暗闇の中に音もなくすべり出す ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 215
ease oneself forward, out from under sb’s hand: (人の)手を振りほどくように、そっと腰を浮かす マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 91
ease oneself carefully out of te bed: 気をつかいながら、そっとベッドから抜け出す マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 104
ease one’s snide remarks about ...: 〜について侮蔑の言辞を弄さなくなる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 439
ease one’s guilty consciences: 罪ほろぼしをする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
ease off a little: そう肩ひじ張らずにやる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 264
ease his desire for her on his own: じぶんの慾望はそれとなく処理する 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 61
don’t feel at all ill at ease: 何の窮屈も感じない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
can not help feeling ill at ease rather like ...: 〜なような気がして済まない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
can never feel at ease: 落ち着かない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 129
can be frank and at ease: 素顔で付き合える 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
can’t feel at ease doing: 安心して〜できない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 86
become ill at ease: 気を悪くする 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 182
be told to stand at ease: 休めの号令がかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 518
be surprised how at ease sb seem: 驚いたことに、(人は)じつに心穏やかな様子でいる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
be perfectly at ease with each other: (人のあいだには)何のわだかまりもない ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 81
be ill at ease with ...: 〜に不快感を持っている 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 21
be brought up in ease: なに不自由なく育てられる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 264
be always ill at ease with ...: 〜にいつもうんざりする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
be able to write ... with ease: 〜をすらすらと書くこともできる能力を身につけている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
after a few minutes ill at ease: ぎこちない何分かのあと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 97
can accommodate oneself to any place with ease: どんな場所にでも容易に入り込める ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 78
I’d spend a lifetime admiring him for his ease: 私は昔から、いつも彼の気楽さを素敵だと思ってきた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
one’s throat is bare for one’s greater ease: ゆっくりくつろぐためか、咽喉元まであけて見せている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 154
But just to ease her mind: それでも気休めに 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 108
with almost contemptuous ease: 小ばかにしたようにらくらくと マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 220
sb’s ease disappears: (人の)顔はこわばる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 208
As soon as the honeymooners had departed, everyone began to feel ill at ease: 新婚夫婦たちがたち去ったあと、一同は急に手持無沙汰になりはじめた 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 22
fell so ill at ease with sb: (人の)前で、こんなに堅くなる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 198
seem ill at ease with sb: 息詰った如くに見える 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 149
become ill at ease: 煩わしい 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 340
ill-at-ease with oneself: みずからに安んじない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
very much at one’s ease: 何ともくつろいだ様子で セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
Or maybe you have the ability to put people at ease: それともあなたには人をほっとさせる能力のようなものがあるのかしら? 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 86
ツイート