Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
strange

主要訳語: 奇妙な(6)   不思議な(6)   異様な(4)   奇妙(4)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
あたまをかかえた
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
あやしいもの
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 10
ありきたりでない
   
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 59
いぶかしく
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 51
おかしい
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
おかしなもの
   
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 160
それが妙なの
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
とっぴな
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
どうにもわけのわからない
   
どこか不自然な
   
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 383
なじみのない
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 264
なんだかわけのわからない奇妙な
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 89
なんともいえない
   
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 304
ふしぎな
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
へんに
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 23
わけのわからない
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 31

   
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
異郷
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 164
異質さ
   
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 45
異色だ
   
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 168
異様な
   
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 74
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 92
一種異様な
   
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 82
嘘のようだ
   
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 175
何ともいえぬ
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 269
何とも名状し難い
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 276
可笑しい
   
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 17
奇怪
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 390
奇怪な
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
奇矯な
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 35
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 97
奇妙
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
奇妙きてれつ
   
奇妙な
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
奇妙なめぐり合わせだ
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 326
奇妙に
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
筋の通らない
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 9
見たこともない
   
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 118
見も知らない
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 138
見慣れない
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 75
見知らぬ
   
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 29
見知らぬ土地の
   
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 20
幻妙な
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 273
言いようのない
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 24
思いがけない
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
醜い
   
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 97
勝手の分からない
   
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 40
常ならぬ
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 173
新しい
   
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 77
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 9
人と違う
   
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 42
尋常ではない
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 26
全然ちがう
   
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 74
知らない
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
注目に値する
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 289
珍しい
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 91
珍奇な
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 204
珍妙な
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
得体の知れない
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 91
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 13
得体の知れぬ
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 136
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 214
謎のような
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 212
不可解
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 304
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 31
不可解な
   
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 156
不可思議な
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
不思議
   
不思議な
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 49
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 417
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
不思議な人物
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 150
不自然
   
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 126
不釣り合いな
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 62
風変わりな
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
別世界
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 386
変な
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
変な趣味がある
   
変に
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
妙な
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
妙なこと
   
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
妙な気分
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
無理もない
   
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 112
訝しい
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 309

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

strange tickling sensation: ちょろちょろと違和感のある感触 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
strange isn’t it?: 解せませんね、それは ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 480
might seem strange: 具合が悪かろう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 122
it is strange: はて、どうしたことだろう メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
how strange: いったい、どうしたことだろう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 55
be the strangest thing: 不思議だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 232
be acting strange: 挙動がどうもおかしい レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 366
a strange guest: 客に来た人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
you’re a strange one: へそ曲がり 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
where no strange eyes look on: 誰一人他人を交えない水入らずで ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 20
those strange terrible figures: ひとびとの怪奇な姿 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 211
these whispered scandals only increase sb’s strange and dangerous charm: これほどひとが囁きあう悪評もかえって(人の)不思議な魔力をいやがうえにも増すばかりだった ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 208
these strange pitching freaks: こういう変わり種投手 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
there are stranger things in heaven and earth than some of us dream of: 事実は小説より奇なりという言葉もある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
the strangest and most unique things: 世にも不思議な、きわめて異常な事件 ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 53
that’s a Blazing strange answer, too: これはまた奇妙奇天烈なお返事ですねえ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 20
suppose one could say it isn’t all that strange: 当然のこととも言えようが 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 198
strange fuzzy photographs of sb: (人の)姿は変な具合にぼやけている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 311
strange chain of circumstances: 神秘な偶然 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 165
stand out with strange clarity: 実にはっきり見える 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 146
some strange personal reason: 他人にはうかがい知れない何らかの理由 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 156
seem strange to me: おれには解らぬ ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 46
rather strange new white jacket: へんてこな白いジャケット レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 249
one’s voice sounds strange to one: 自分の声が自分の声でないように聞こえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 317
one’s reflection in the mirror make one seem strange to oneself: 鏡に映る己の姿は誰か他人のもののように思えてならない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 55
move with a strange jerky motion: ぎくしゃくと動く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 133
might have realized that something strange was going on: うまくなかったことをかすかにおぼえているかもしれない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 156
it is with great astonishment, and with a strange inexplicable dread, that ...: 驚いたも驚いた、奇怪千万にも〜 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 26
it is strange to see it: わたしは奇異の感にうたれる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 145
it is strange doing ...: 〜するたびに妙な違和感をおぼえる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 53
it is strange ...: 〜はあやしきほどのことである ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 123
in a strange wondering way: 不思議そうに 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 57
in a strange niche in the American post-Vietnam War culture: ヴェトナム戦争後に発生したアメリカ文化のくぼみで プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
have not cared to leave ... in strange hands: 他人に預けたくなかった セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 57
don’t think it is at all strange that ...: 〜を不審にも思わない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 392
don’t seem strange to sb: (人が)なんとも思わない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 188
don’t know what strange forces are at work: 何かの因縁かも知れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 255
Don’t get strange on me.: 変な真似しないでよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 55
but the strangest thing of all is ...: それはまあ不思議はないとしても、奇妙なのは〜だ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 122
be surrounded by none of the grim and strange features: 異様に不気味な奇怪さはない ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
be a strange one: 酔狂な人だ 池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 134
be a strange diversion: ひょんな横道へ逸れる 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 109
... be a little strange: 〜していたわけでもないだろう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 139
頭の体操に「翻訳訳語辞典 Quiz」もどうぞ
ツイート