× Q  ?  翻訳訳語辞典
isn’t
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

もちろん、これは笑いごとじゃあない: ‘Course, this still isn’t what I’d call comical トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
だましたり裏切られたり: isn’t afraid of betrayal or heartbreak 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
平生あんなに親しくしている間柄なのに: one is, after all, a very close friend, isn’t he? 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
もう年を食って〜は卒業してしまった: reach an age where one isn’t really interested in doing ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
しばらく会わなかったね: it’s ages since we met isn’t it? 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 43
その上: that isn’t all 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
ひょっとするとそうでなく: perhaps that isn’t it at all-- 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
そんなつもりは毛頭ありません: it isn’t my notion of the thing, at all ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 86
そこまでのいそぎでもない: it isn’t all that great a rush クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
〜などではない: it isn’t ... at all スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
〜してはいない: isn’t ... at all ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
(人は)かならずしもものごとをフェアに運ぶ人間でない: play fair isn’t always a part of sb スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252
すごいものでしょう: amazing, isn’t it 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 132
だけどやっぱり、問題はそこじゃない: and it still isn’t the point スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
(人の)顔がちっとも痩せていない: sb’s face isn’t any thinner 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
世間で〜といわれているものとは似ても似つかない: it isn’t sth at all, not in any ordinary sense スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
歳、変わんないのにね: especially since one isn’t any older than sb 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 64
手の打ちようがない: there isn’t anything to be done ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 571
(人に)は何も言えないし、何もできない: there isn’t anything sb can say or do ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 266
(人は)そんなことでビビるような男じゃない: that isn’t taking anything away from sb ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 60
どうということのない女だ: she isn’t anything アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 65
(人の)心臓はどきどきと高鳴ったりせわしなく早鐘を打ったりはしない: one’s heart isn’t hammering or racing or anything like that スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
自分を飾るようなことはしない: never pretend to be anything sb isn’t ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
〜で2人がだめになるならなればいい: if sth will make one’s love go sour, then it isn’t meant to last anyway 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
これじゃラチがあかん: this isn’t getting us anywhere ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 90
大切なのはAではなくてBである: it isn’t A, so much as B ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 162
〜にはあまり出まわっていない: isn’t yet widely available in ... ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 491
おお、よしよし: he is my baby, isn’t he? カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
今はどんな悪癖にも手を出すときではない: this isn’t the time to indulge in any bad habits クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
さほどひどい〜ではない: sth isn’t bad スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
こういう暮しもまんざらじゃない: it isn’t a bad life シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 116
初対面の人間に出くわす: look at someone sb isn’t met before スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
そうこうするうちに〜: it isn’t long before ... レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 113
冴えない生活のあいまに小説を書きためる: have written some fiction when he isn’t in a blue funk 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 3
持ち金がすぐに尽きてしまう: it isn’t long before sb is broke ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
男は黙ってるもんや: this isn’t a man’s business 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 92
無茶したって始まらない: there isn’t any sense not being careful ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 57
気を抜くと: if one isn’t careful 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 8
まさかそんなはずはない: presumably this isn’t the case 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 23
それも考えたことはない: that certainly isn’t our intention either ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 71
どうしようもない: there isn’t no chance to do nothing ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 185
(Aに)(Bの)声が届いていないはずはない: there isn’t a chance of A not hearing B ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 403
はたして〜なのかどうかあやふやだ: it isn’t clear if ... 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 108
名案じゃないですか: clever, isn’t it? 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 164
いやあ、偶然ですなあ、それは: that is a coincidence, isn’t it? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
〜と言っては正確を欠く: isn’t strictly correct to say that ... 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 260
割があわない: it isn’t worth the cost 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 223
〜はめったにない: it isn’t every day ... ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 276
平気などという状態は、大声で呼んでもとどかぬほど遠くにある: isn’t even within shouting distance of fine スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
気持が乱れているどころではない: it isn’t matter of distraction スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
そんなことしたってどうにもならねえぞ!: it isn’t going to do no good カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
酒量は多くない: isn’t much of a drinker レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 50
じっさいにはなんの障害もないのに〜するのが早すぎると思ってる: it seems too early, even though it isn’t スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
なかなか見つからない: it isn’t easy to find 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 9
(物が)ふんだんにない: there isn’t enough sth ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 230
〜までするほどの事柄でもない: the matter isn’t important enough for ... 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 40
いいかげんにしないか: that’s about enough, isn’t it? 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 232
不十分: isn’t enough スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
さほどおどろかない: isn’t entirely surprised スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
AとかBとか、もちろんCではない: it isn’t A or B, even C 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 501
それだけならまだしも: that isn’t even the worst of it 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 132
百パーセントこのとおりじゃない: that isn’t exact スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
〜など、そうたくさんはいないだろう: there isn’t exactly a lineup of ... アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 165
一文なしであるはずはない: isn’t exactly penniless ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
しかしそうではない: except it isn’t スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
(人が)案じてもしかたのないこと: it isn’t something one need to fear クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
〜はためらわれる: figure it isn’t smart to do クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 287
過ちてあらたむるにはばかることなかれ: it isn’t too late to find out for sure スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
〜は、なんだかまともでない気がするのだ: worry that it isn’t fitting that ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 5
〜にはあまり感心しない: isn’t much for ... クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 228
まだ鑑識結果はきていない: forensics isn’t in yet クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 231
そいつはちょっと言い過ぎってもんじゃないか: that’s a little glib, isn’t it? バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 372
ちらりと思う程度だから、それほどの(名案)というわけではない: a glimmering isn’t much スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
(人に)素顔をみせるつもりはない: sure as hell isn’t going to tell sb ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
(人)なんかに邪魔されてたまるものかっ: sb isn’t going to stop me スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
うまくいくわけない: it isn’t going to help none カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
なにがあっても(人は)家に入れないぞ: isn’t going to let sb in スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
上出来とはいえない: isn’t very good ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake )
ツイート