× Q  ?  翻訳訳語辞典
pretend

主要訳語: ふりをする(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜してみせる
   
pretend to be tipsy: 酔ってみせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 36
〜だったことにする
   
pretend sth never happened: 〜はなかったことにする フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 313
〜と思ってかかる
   
have to pretend that ...: 〜と思ってかからなくてはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 208

いかにも〜という風をよそおう
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 153
おくびにも出さず
   
pretend that ... not ...: 〜はおくびにも出さず トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
お芝居する
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
しぐさをしてみせる
   
pretend one be ~ing: 〜するしぐさをしてみせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
だれかほかの人になったふりをする
   
At home, in private, I like to pretend: ひとりで家にいるとき、わたしはだれかほかの人になったふりをするのが好きだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
だろうと思っている
   
pretend that ...: 〜だろうと思っている サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 137
とばかり主張する
   
pretend that ...: ただ〜とばかり主張する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 102
なりすます
   
pretend to be someone else: 他人になりすます トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 109
ふりをする
   
pretend to understand: 知ったかぶりする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 416
pretend some interest: いくばくかの興味を持っているようなふりをする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
pretend knowledge or deafness: 知ったかぶりをしたものか、聞こえぬふりをしたものか ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
ふるまう
   
pretend to be sth the same as ever: 表面は前とかわらず〜としてふるまう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 301
みなす
   
pretend that ...: 〜とみなす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 112
ような顔をする
   
pretend to grovel: すっかり降参したような顔をする アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 448
わざと〜する
   
pretend not to notice sb: わざとそしらぬふりをする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 22

隠す
   
go on pretending: 隠し通す 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 233
仮面
   
no need to hide sth, pretending kindness: 人情の仮面で隠すこともあるまい ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 98
気取り
   
pretend sb is the pilot: (人が)すっかりパイロット気取りだ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 20
偽装している
   
pretend to a non-existent depth of piety and breadth of learning: 偉大な敬虔と深遠な知識とで偽装している 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 353
強がる
   
No good pretending any longer, is there?: もう強がってみてもはじまるまい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 300
見せる
   
pretend with exaggerated enthusiasm just to have discovered the fact: たったいま気づいたみたいに大げさに騒いで見せる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 59
見たてる
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 130
思いこもうとする
   
pretend nothing has happened: 何も起こらなかったと思いこもうとする オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 132
思いなす
   
will not pretend ...: 〜などと思いなす気はない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 20
思う
   
don’t pretend to penetrate this sanctum: その聖域にふみこもうとは思わない フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 4
自称
   
pretend to be sth: 自称(物) カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 46
飾る
   
never pretend to be anything sb isn’t: 自分を飾るようなことはしない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
夢見心地
   
spend the last hour of light pretending: 暮れ残ったひとときを夢見心地に過ごす オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 13
模擬的な
   
he had little interest in being a passive prop, even in a pretend crisis: 模擬的な災害だとはいえ、置物の役割に甘んじることには乗り気でなかった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
様子をする
   
pretend that ...: 〜の様子をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
様子を見せる
   
pretend to be wholehearted agreement with sb’s views: (人に)向かって至極同感であるような様子を見せる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

pretending that ...: よほど〜のように ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
pretend to know nothing: 白を切る 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 12
pretend that ...: 〜と思う プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
pretend not to understand sb’s meaning: 空恍ける 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 165
not merely pretending: 空寝しているわけでなく 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 42
try to pretend ...: 〜ととぼける レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 73
pretending to take no notice: なに食わぬ顔で ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 88
pretending not to notice: 何くわぬ顔で 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 211
pretend to take no notice of ...: 〜を知らん顔をする 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 42
pretend to know more than one do: 知ったかぶりをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
pretend to keep up with the pack: いかにもみんなと力を合わせている格好をつける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 123
pretend to have seen nothing: 見て見ぬふりだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 129
pretend to be sb: (人に)化ける 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 64
pretend one is a professional wrestler or boxer: プロレスやボクシングの真似ごとをやる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
pretend not to hear: わざと知らん顔をする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
pause, pretending to be studying the traffic: 黙って、前方を眺めている フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 80
make a show of pretending ...: 〜といいたげな口ぶりをしめす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 260
can pretend to ignore: 見えないふりができる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 77
be not to pretend that ...: 〜といえば嘘になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
be actually trying to pretend this is still about ...: 〜のことさえもちだせば話をごまかせると思ってるのか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
be actually trying to pretend ...: この期におよんでまだシラを切るつもりか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
an angry woman pretending to be amused: 内心は怒っているくせに表面はおかしがっている女 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 46
allow to come and go freely, pretending not to notice: 出入を大目に見ている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 65
pretend casualness: なにくわぬ顔で 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 94
pretend to be clever, and it’s not one: 目端がきくように見せかけている レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 181
pretend to be engrossed: 熱心に読みふける振りをする カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 83
pretend ignorance: 見て見ぬふりを決め込む 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 257
all the let’s-pretend that lovers play: 恋人たちの「ごっこ」をぜんぶやろう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
pretend not to notice it: その声を聞き流すふりをする 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 18
silly “pretend-study” sessions: おかしなお勉強ごっこ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
pretend to understand than one really do: わからなくても知ったかぶりする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 416
pretend to be relaxed: 気を抜いている演技をする 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 30
pretend to be undisturbed: 平気を装う 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 166
ツイート