× Q 翻訳訳語辞典
ignore

主要訳語: 目もくれない(5)   黙殺する(4)   目をつぶる(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜におかまいなく
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
〜には目を向けない
   
<例文なし> バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 63
〜もそっちのけ
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 152

かまわない
   
ignoring sb’s shout of agony: 苦痛の悲鳴にもかまわず ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 642
ignore ... entirely: 〜にかまわない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 340
さておく
   
ignore computing: コンピュータのはなしはさておく ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
しらぬ顔をしている
   
ignore it with a clear conscience: 自分の心に咎めなく、しらぬ顔をしている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 185
そしらぬ顔をする
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 115
そっとしておく
   
love is better ignored than explored: 愛は深追いせずにそっとしておくに限る ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 53
てんで見向きもしない
   
ignore sb: てんでみむきもしない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 217
とりあわない
   
ignore sb: 〜にとりあわない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 58
とり合わない
   
ignore sb: (人に)とり合わない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
ないがしろにする
   
ignore sb almost completely: なにかというと(人を)ないがしろにする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
ignore sb: (人を)ないがしろにする 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 125
なかば相手にしない
   
ignore sb: (人を)なかば相手にしない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
ほごにする
   
ignore what the captain said: 隊長がいわれた言葉をほごにする 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 126
みきわめもしない
   
ignore the expression on sb’s face: (人の)表情をみきわめもしない 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 41
もみ消す
   
<例文なし> 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 45

意に介さない
   
ignore sb: 意に介さない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 360
意に介しない別段
   
largely ignore: 別段意に介しない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 117
応答しない
   
the telephone ring and one ignores it: 電話が鳴っても応答しない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 193
音沙汰がない
   
ignore sb all week: 一週間まるで音沙汰がない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 280
何も言うまい
   
ignore sth as long as sb perform: ちゃんと仕事をしているうちは、まあ何も言うまい ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 174
看過している
   
But outsiders saw the warning signs that most Beirutis ignored: だが、外部の者の目には、ベイルート人が看過している危険の兆候がよく見えた イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 27
眼もくれない
   
ignore sb: (人に)眼もくれない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 241
眼中にない
   
ignore sb totally: (人の)ことなんかまるで眼中にない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
気づかない
   
ignore sb’s calls for help: 救いをもとめる(人の)叫びに気づかない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
気にしない
   
try to ignore ...: 〜けれども気にしないようにする マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 44
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 31
気にならない
   
can ignore the noise of sth: 〜の音なんか、気にならなくなる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
気にもならない
   
<例文なし> ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 142
見すてる
   
proof impossible to ignore: 見すておけぬ証拠 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 160
見て見ぬふりする
   
ignore sb as best one can: (人を)できるだけ見て見ぬふりする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
見過ごす
   
that face, one easily ignored: 容易に見過ごされるその現実 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 90
見向きもしない
   
ignore sb: (人を)見向きもしない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 198
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 163
見咎めはしない
   
ignore sb: 見咎めはしない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 172
顧みない
   
Somehow, the hodgepodge worked well enough to be ignored: このつぎはぎのソフトウェアがとにもかくにも実用に耐えるものだったため、誰も顧みることなく、長年そのまま使われてきたのである ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
構いもしない
   
tasks that sb normally ignore: いつもなら構いもしない仕事 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 250
耳を貸さない
   
<例文なし> ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 172
取り合わない
   
ignore sb: (〜に)取り合わない 志賀直哉著 マクレラン訳 『暗夜行路』(A Dark Night's Passing ) p. 80
相手にしない
   
ignore whatever is said to sb: 何を言われても相手にしない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 199
注意散漫である
   
ignore ...: 〜に対して注意散漫である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 104
頭から追い払う
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
頓着しない
   
calmly ignore ...: 〜には全く頓着しない ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 286
避ける
   
ignore ...: 〜を避ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
放っておく
   
He ignored it, but it jangled persistently for over a minute: 放っておいたが1分たっても鳴りやまない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 122
聞き流す
   
It is too tempting to ignore: 業者たちにしてみれば、聞き流すにはいかにももったいない話だ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 62
ignoring sb: その言葉は聞き流す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 31
無視する
   
ignore entirely: あっさり無視する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
黙殺する
   
ignore the unwelcome source: 面白くない情報源を黙殺する ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 38
ignore the people around one: 群がってくる男たちを黙殺する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
ignore sb: 黙殺する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
be strictly ignored: 完全に黙殺される マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 386
目に入らない
   
ignore sb: (人の)ことが目に入らない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
目もくれない
   
ignore sth: 〜など目もくれない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 25
ignore sb: 〜には目もくれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
ignore sb: (人に)目もくれない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 208
ignore sb: (人には)目もくれない ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 202
ignore ...: 目もくれない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 190
目をそむける
   
as long as one ignores the fact that ...: 〜という一点に目をそむけてさえいれば 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 147
目をそらす
   
It was impossible to ignore his nose: 俺は鼻から目をそらすことができなかった ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 88
目をつぶる
   
ignore its untidy near-squalor: その乱雑さ、汚さには目をつぶる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 124
ignore ...: 目をつぶる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 176
be something one would usually ignore: 目をつぶらなければなるまい 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
目をつむる
   
can ignore sb’s coarseness and vulgarity: (人の)粗野と低俗はまだ目をつむることができる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 144

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

may ignore: 心配しなくていい
ignoring ...: 〜はべつとして
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
ignore sth: (物事は)二の次だ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 178
ignore sb entirely: (人を)黙殺する
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 69
ignore sb: (人に)一瞥もくれない
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 119
ignore each other: 決してたがいに口をききあわない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 44
don’t ignore sth: (物を)忘れてもらっては困る
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 126
completely ignore: 知らん顔をする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 72
cannot ignore sth: 捨ててはおけぬ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 107
can ignore ...: 考えなくて済む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
be ignored: 見過ごす
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 418
be ignored: 不問に付される
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 98
be ignored: 放置されている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 205
the view of ... that ignore ...: 〜を視野に入れない見方
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 21
seem to ignore the war: 戦争などどこ吹く風という雰囲気だ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 24
prefer to ignore the places where ...: 〜の席には顔を出そうともしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 25
need only ignore sb: すてておけばよい
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 98
ignoring the extravagance, hail a taxi and drive to ...: タクシーを奮発して〜へ向う
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 87
ignore sb’s flow of natter: (人の)おしゃべりを聞き流す
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 475
ignore completely the existence of sb: (人と)一向音信の取り遣りをしない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
have to ignore ...: 〜を認めるわけにはいかない
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 71
equilibrium depends on a tacit agreement to ignore certain inconvenient realities: 互いの狎れあいの上で平衡の保たれた
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 12
do one’s absolute best to ignore sth: (物事は)つとめて考えないようにする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 135
decide to ignore the pricks of conscience: 良心を捨てることに決める
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 37
cleaning up what one had ignored: たまったことをかたづける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
choose to ignore this remark: それに対して何もいわない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 136
can pretend to ignore: 見えないふりができる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 77
ignore one’s obvious bewilderment: ぽかんとしている(人に)おかまいなく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
can not just ignore ...: 〜を無視するわけにはいかない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 130
ignore sb entirely: あっさり(人を)無視する
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 343
merely pick at food and eventually ignore it: 食べ物はほんの申し訳につっつく程度で、やがてそれもやめてしまう
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 121
a proof impossible to ignore: 見すておけぬ証拠
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 160
ignore me totally: こちらのことなんかまるで眼中にない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
it is too tempting to ignore: 聞き流すにはいかにももったいない話だ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 62
be something one would usually ignore: 本文校訂にうるさくない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
ツイート