× Q  ?  翻訳訳語辞典
amused
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
おもしろがっている
   
be highly amused: 非常におもしろがっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
どことなく
   
look remotely amused: どことなく愉快そう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169

可笑しい
   
seem both surprised and amused when one sees sb doing: 〜している(人を)可笑しそうに見る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
楽しそうだ
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
苦笑
   
be secretly amused and exasperated: 心のうちで苦笑する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
愉快がる
   
seem even amused: 愉快がっているふしすら見受けられる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 233

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s amused reaction: (人が)にやりとほくそ笑む フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 236
amused curiosity: 好奇心 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 301
look down with amused contempt: 憐れみの目で見おろすのが大好きだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 103
look at sb with amused surprise: 不思議な感慨とともに(人を)眺める べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 225
listen half amused and half shocked, and can’t help thinking, ...: その声を聞きながらなかば笑い、なかば愕然として〜と思う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
in tones of amused sorrow: 淋しそうに笑いながら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
feel a sort of amused self-satisfaction: 一種の小気味のいいおかしさがある 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 151
do not seem especially amused: あまりおもしろそうな顔をしない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
be greatly amused to behold ...: 〜を見たときは嬉しかった E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 28
a hobby to keep sb amused: ささやかな楽しみ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
be sourly amused by ...: 〜に気づき(人は)苦々しいような、それでいてくすぐったいような感じをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
I'm not amused: 受けないね デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 98
be amused: 冗談ととる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 43
various mourners are obviously amused by sb’s story: (人の)この話は通夜の客たちに受ける 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 19
say, amused: いたずらっぽい口ぶりで解説する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
more amused than annoyed by ...: 〜に気を悪くするどころか、むしろ愉快な気分で ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 6
he really amused me: 僕にとってはほんとにおもしろい男だった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 228
be vaguely amused: かすかな満足さえ感じている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
be not amused: 不快感を隠さない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 85
be inwardly amused that ...: 〜と思うと内心おかしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 538
be amused in spite of oneself: なんだかおかしくなる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 385
be amused by the thought that ...: 〜と考えただけでも楽しい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
be amused by ...: 〜がおかしい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 172
be amused: おかしがる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 404
be amused: 楽しげにゆるむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
be amused and touched by ...: 〜がおかしくもあり、心打たれもする マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 172
easily amused sb: 何にでもすぐ面白がる(人) マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 237
feed the people who amused one: 自分を娯しませてくれる人間には惜しみなく御馳走をふるまう ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
Vallery seemed genuinely amused: ヴァレリーは、心底おかしがっているように見えた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 404
He seemed genuinely amused: 本当におかしがっているように見えた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 73
glancing at me with those sharp blue eyes, half apprehensive and half amused measuring: きりっとした青い目で見ていた。半分怯えたような、半分おかしがっているような、どうしたものか頭をひねっているような目で。 オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 32
an angry woman pretending to be amused: 内心は怒っているくせに表面はおかしがっている女 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 46
seem to be rather amused: なんだか面白がっているようでもある カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 169
the voice is silly-young and self-amused: 声は若い女のたわいないおかしくてたまらないひびきをもっている カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 19
suppress an amused smile: 笑いをこらえる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 180
tend to be amused: おかしがる 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 15
Askhangelsky seemed tolerant, even amused: アルハンゲルスキーは、ヴェイゲイの発音を鷹揚に聞いていた。愉快がっているふしすら見受けられた セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 233
ツイート