× Q  ?  翻訳訳語辞典
curiosity

主要訳語: 好奇心(8)   興味(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜したさに
   
do out of curiosity to see ...: 〜見たさに〜する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 100

興味
   
with great curiosity: 興味をそそられて ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 60
curiosity once more aroused: またもつのる興味 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
ask, with great curiosity: 興味津々だ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 55
'Who are they?' he asked Tsuboi, impelled by no more than normal curiosity: 「どういう人たちですか」と勲は尋常な興味にかられて訊いた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 137
好奇の目
   
in open curiosity: 好奇の目もあからさまに マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 484
好奇心
   
suppress one’s dismal curiosity: 陰惨な好奇心を抑える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
read some oneself out of pure curiosity: ほんの好奇心から何冊か読んでみる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 437
kinky curiosity: 卑しい好奇心 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
just as a matter of curiosity: ただ好奇心からきくんだが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
direct that curiosity toward one’s school work: その好奇心を勉強にふりむける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 150
couple with one’s own curiosity: 同時に自分自身の好奇心にも駆られ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
brim with curiosity about sex: 性的好奇心でいっぱいだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 55
amused curiosity: 好奇心 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 301
穿鑿
   
there’s a lot of curiosity about sth: 〜か、だいぶあちこちで穿鑿してるぜ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
憧憬
   
curiosity of a younger man: 年よりもよほど幼い憧憬 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 135
変わり種
   
hybrid curiosities: 雑種の変わり種 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
   
remote curiosity: 現実的じゃない夢 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
目を引く
   
more curiosity than anything: とにかく目を引く 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

vulgar curiosity: 邪気 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
lessen sb’s curiosity: 好奇心に水をさす ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 19
for my curiosity: こちらの参考までに ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
display curiosity: 物欲しげな顔をする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 120
you arouse my curiosity: おもしろそうな話だね ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 105
you’ll forgive my curiosity: あれこれ詮索するようで相すまん ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 75
that degree of curiosity could not be innocent: ここまで首を突っこんでくるからには何かある デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 25
remark, one’s eyes lit with curiosity: いかにも面白いというように目を輝かせる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 212
raise the curiosity of sb: (人に)あやしまれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
one’s emotion wavering between caution and curiosity: 警戒心と好奇心とにこもごも襲われる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 29
one’s curiosity overcomes one’s fears and sb do ...: 恐ろしいと思いながらも〜しないわけにはいかない 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 98
just for curiosity’s sake ...: ものはためしだから〜 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 135
express more curiosity about ...: 〜を知りたがる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 444
examine sth with curiosity: しげしげと(物を)ながめる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 235
be motivated no trace of pure, even vulgar curiosity: 気持ちに好奇心や物見高さがない 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 144
be looking on with curiosity: 何事かと見ている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
arouse the curiosity of sb: (人は)興味津々で ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 182
Afterwards I am full of Catholic shame, but also curiosity: 事のあと、わたしはカトリック的な恥で、それに好奇心でいっぱいになり、・・ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
stir sb’s curiosity and arouse sb’s excitement to an uncommon degree: (人の)好奇心、冒険心を一方ならずくすぐる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
But, duty and honour aside, my natural curiosity was aroused: だが、義務や名誉はさておき、自然な好奇心が高まってきた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
study sb with a bold curiosity eyes on eyes: (人に)ひたと目をすえ、好奇心をあからさまにしてみつめる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 184
burst with curiosity: 何だろうと気がせく 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 14
eager curiosity: 熾烈な好奇心 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 195
would not betray too eager curiosity: いくら好奇心に駆られてもおもてには出すまいとする ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 329
sth excited our curiosity and ...: まず(物で)われわれの好奇心をあおっておき 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 19
fail to do more than satisfy sb’s curiosity: ひとまずの(人の)好奇心を満足させてくれるという程度のものでしかない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 14
grim curiosity: 鈍い好奇心 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
let curiosity guide one: 好奇心の赴くままに中にはいる カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 75
There is considerable curiosity about heroics in this country: この国では、英雄的行動に対する好奇心が相当強いんだよ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 298
a rather irritating pretense of curiosity: こうるさい好奇心 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 149
lack of curiosity: 好奇心のかけらも見せない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 147
sb’s curiosity is less than strong: 好奇心もさほど強くはたらかない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 15
wonder with mad curiosity what sort of lives they lead: 押さえきれぬ好奇心でいったいこのひとたちはどんな生活を送っているのだろうかと考える ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 76
one’s curiosity naturally piques: 好奇心がおのずと強くなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 47
sb’s curiosity is rampant: (人の)好奇心は、手のつけようもなく旺盛だ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 120
reckless with curiosity: 好奇心に駆られ マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 127
stir sb’s curiosity: (人の)好奇心を唆る 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 18
The clerk studied the card, his curiosity disappointed: フロント係はカードを丹念にながめたが、好奇心が満たされなくてがっかりしたようだった クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 77
do anything your own curiosity or interest suggests: 好奇心が湧き、特別な思いつきが浮んで何かをすることになる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 81
curiosity tingle inside sb: 好奇心が疼く 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 104
ツイート