× Q  ?  翻訳訳語辞典
degree

主要訳語: 度(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
究極
   
have a degree of local colour: 究極のローカルカラーに満ちている デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 151
身分階層
   
whose business is with all degrees of mankind, bond and free, ...: (人の)治療相手は、それこそあらゆる身分階層の人間、囚人もいれば、自由な市民もいる、〜といったぐあいだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
程度
   
three desks in varying degrees of scratched walnut: 程度の差はあれ傷だらけのウォルナットのデスクが三つ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 11
   
tip AA to BB degrees to the east: 東方へ向かって、AA度からBB度かたむく 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 78
point the nose down at an angle of nearly thirty degrees: ほとんど三十度近い角度に、船首をさげる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
at an angle of about fifteen degrees: 十五度の傾斜で 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 72
   
do with a high degree of success: 〜しては、高い成功率を見ている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 214

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

to varying degrees: 程度の差こそあれ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 381
to some degree: 程度の差こそあれ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 56
the third degree: 拷問 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
by degrees: だんだん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
by degrees: やがて ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 170
with a certain degree of satisfaction: なにがしかの満足感とともに クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 295
turn cloudy to just the right degree: 理想的な濁り方をする 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 289
to some greater or lesser degree: 多少なりとも クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
to some greater or lesser degree: 大なり小なり クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 382
that degree of curiosity could not be innocent: ここまで首を突っこんでくるからには何かある デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 25
take a degree of pleasure in doing: 〜するのに、多少の快感を感じる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 259
suffer casualties in varying degrees: 大なり小なり負傷者がある 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 153
question sb’s degree of concern: (人の)愛情に疑問をもつ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 316
polish to the nth degree one’s best shoes: 最上の靴をピカピカに磨きあげる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 272
maintain a higher degree of stability in comparison with ...: 〜と比べまだ社会的安定が保たれている 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 94
it is 28 degrees: 零下の寒さ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
indeed to such a degree that: その熱心さに打たれ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
high degree of ...: 〜がしっかり〜される サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 324
by a few degrees: ほんの少し ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 567
a high degree of adaptability: 適応性が強い 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 12
a certain degree of sth: (〜が)多少とも 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 39
go through the 3rd degree with ...: 〜のことで拷問のような尋問責めにあう ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 99
alienate sb to such a loathsome degree: そこまで(人を)追い込む フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 351
help pay for his younger brother’s degree in architecture: 大学に通う弟の授業料に充て、建築学を学ばせた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
stir sb’s curiosity and arouse sb’s excitement to an uncommon degree: (人の)好奇心、冒険心を一方ならずくすぐる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
charge of third-degree assault: 第三級暴行罪 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
provide sb with some degree of companionship: (人に)情をかける デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 84
the degree of compatibility is low: 融合性が低い マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 80
Nomenee would end up with a degree from Harvard Business School: ノミニーはハーバード・ビジネス・スクールを卒業した ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
indicate a fair degree of intimacy with sb: どうやら(人と)昵懇な仲らしい 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 297
a ludicrous degree of secrecy: 噴き出したくなるほど過度に秘密めかした 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 43
that point is when the temperature hits 100 degree: 気温が三十八度を越えた場合です メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 275
provincial slave of that degree: こうした山出しの田舎者 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 314
to an uncanny degree: 不思議なくらい 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 75
a degree utterly unbearable: とうていがまんのならない段階 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 167
used his wages to help pay for his younger brother’s degree: 稼いだお金を大学に通う弟の授業料に充てた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
ツイート