× Q  ?  翻訳訳語辞典
second

主要訳語: 一瞬(7)   秒(4)   おかわり(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜なおし
   
second reading: 読みなおし ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 138

いまいちど
   
to be offered a second chance: いまいちど機会をあたえられる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 123
おかわり
   
to ask for seconds: おかわりの所望 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
fix seconds: おかわりをこしらえる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
a second cup of coffee: おかわりするコーヒー スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
しばらく
   
stare at sb a second: しばらく相手をみつめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
それから
   
Second, I can't imagine why he would get so upset about a photo of sheep: それからその人物がどうして羊の写真を気に病むのかがわからない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 94
<例文なし> コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 46
ちっとばかり
   
sort of sweat sb a second: ちっとばかり脅しをかける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
もう1枚の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 6
もうひとつ
   
And the second: もうひとつは? ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 270
もうひとりの
   
a second doctor joined me: もうひとりの医師が来てくれた ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 5
もう一度
   
there is a second click: もう一度、かちりという音がする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
a second glance reveals ...: もう一度見直して、〜を見てとる O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 53

一瞬
   
it be a second before ...: だが一瞬後に トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
in a passage of a second: 一瞬にして クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
hold on just a second before doing ...: ほんの一瞬後、〜した トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
for just the faintest second: ほんの一瞬だが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
for a second: 一瞬でも トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114
for a fraction of a second: ほんの一瞬 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
for a fatal second: 一瞬 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 271
一秒
   
for a second: 一秒たりと ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 170
奥の
   
the second door: 奥のドア ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
   
take a second to contain oneself: 間をとって自制する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 316
後入りの
   
one’s young second wife: 後入りの若い奥さん 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 175
後半の
   
laying the palest shadow of a stress upon the second word: 後半の言葉には、ほんとにかすかながら、妙に力がはいっている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
口を添える
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 332
   
the second coming of redeemer: 救済者再来 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
再度の
   
second stroke: 再度の発作 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
瞬時
   
in a second: 瞬時に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
for a second: 瞬時 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
新手の
   
second enemy: 新手の敵 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 323
   
a second sum: 同額 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 374
   
push the bell for the second time: ドアベルを二回鳴らす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
二杯目の
   
about halfway through one’s second beer: 二杯目のビールの途中で クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
   
no more than five seconds: 五秒もかからずに デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 405
in a matter of seconds: ほんの数秒後に 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 68
five seconds under nominal: 予定より5秒はやいぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 44
a few seconds before: ほんの数秒前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
和する
   
be sincerely seconded by everyone: 一座は、心からそれに和する マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 144

2つめの
   
look in the second column: 2つめの列を見てごらん ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 1

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without a second thought: 躊躇なく ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 201
within seconds: あっという間に ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 181
within seconds: たちどころに ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 197
within seconds: たちまち マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 220
within second: すぐにも プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
want a second: おかわりは? ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 193
wait a second: はて、 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 10
the second time: ふたたび スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
the second page: 二枚目 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
the second half: 後半 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
the second face: もうひとつの顔 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 205
the second ...: 〜したとたんに サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 39
the second: いま一つ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
the last-second slider: ホームベース直前で変化するスライダー ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 425
take a second look: よく見る 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 147
seconds later: そのうちに 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
seconds later: 数瞬ののち ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
seconds earlier: いましがたまで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
second vision: 千里眼 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 407
second uniform: 制服の着替え スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
second the nomination: 二番手に立候補します タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 239
second or two: 一瞬 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 230
second opinion: 第三者の意見 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 399
second baseman: セカンド ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 43
second ...: 〜したあとの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 347
only for a second: 一瞬 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
one’s second: (人の)右腕 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 187
on second thought: よく考えてみると フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 38
on second thought: 考えてみると デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 416
in the second set: 後半 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 50
in a second or two: たちまち 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 20
in a few seconds: じきに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
have second thoughts: 気が変わる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 286
have second thoughts: 考えなおす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
have second thought: 後悔している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
have second thought: 思いなおす 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 20
for the second time: また ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 321
for one second: 寸秒たりと ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
for a second: ちょっと マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
for a second: ちょっとのあいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
for a second: つかのま スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
for a second: ほんの一瞬 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
for a second: 一瞬 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 228
for a few seconds: しばらく サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 120
at any second: 今にも キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 51
and second: それとね タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 118
a second time: いまいちど ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 129
a second time: またしても ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 16
a second time: 今度 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 69
a second time: 再度 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
a few seconds: しばらく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 141
you’d swear every thirty seconds took a real-world minute: 時のたつのが外界の二倍も遅く感じられる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
would not even give sb a second thought: (人には)目もくれないだろう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 69
woman worth a second glance: ふりかえって見たくなるような女 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 137
without a second thought: 露ほども疑わずに アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 109
through the second half of July and all of August: 七月の後半から八月の末にかけて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
there would be no second chance: もう二度とやりなおしはきかない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 256
the unborn child invariably takes second place to the circumstances of the parents: 親の事情が主で、生まれてこようとする子供は従である 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 97
the second is to do: 〜するのは二のつぎだ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 143
take only a second to do: 〜するのに何秒とかからない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
take one’s own second stab at college: (人)自身もう一度大学をやりなおそうと試みる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 447
take a second trip through Space Mountain: スペース・マウンテンにもう一度乗る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 192
take a second to absorb that: ちょっと考える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
settling for second best: 次善の策として トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
sb’s resolve of only seconds ago crumbles: (人の)決心はたちまち崩れる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 451
run off a second time: またしても逃げてしまう スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 18
on a second glance: あらためて見直すと ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 105
never look the same a second time: 何度来てもはじめてのような気がする デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 474
move on to second on a sacrifice bunt: 送りバントで進塁する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
manage to reach the schoolhouse in time without a second to spare: 時間かちかちに校舎にたどりつく ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 165
make the second out of the inning: 凡退して二死 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 246
look back to sb for a second: (人の)ほうをちらっとふりかえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 109
less than a second later: コンマ何秒かの遅れで スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 305
keep a second establishment: 別宅をかまえている ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 44
it is second nature to sb now to do: 〜するのが、板についてしまっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
it is impossible to second guess a person’s life: 人生はわからない 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 80
in the second half of this century: 今世紀後半に ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
in the event of second thoughts: 考えが変わった場合 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
have some second thoughts: それを信用していいかどうか、考えないわけではない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
have second thoughts about doing ...: 〜することに疑いをもつ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 75
have second thoughts about ...: 〜は考えなおす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 207
have second thoughts about ...: 〜を後悔する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 253
have no second bounce: 何の反応も惹きおこさない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 408
have a second helping of food: 何かをおかわりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
have a second chance after all: やっと立ち直れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 432
give sth a second thought: 何とも思わない ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 71
give sb as much as a second look: (人を)ふりかえりもしない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
give ... a second glance: ふりむきさえしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 273
for just a second: ほんの一瞬 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 26
for a second sb think: ちらりとでも頭に浮かべる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
for a fraction of a second: ほんの一刹那 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 369
for a few seconds: しばらくの間 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
feel like one is going to fade out any second: 今すぐにも意識を失ってしまいそうだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 117
even one single second of fear is a second too much: たとえ一瞬の恐怖であれ、それは償いようのない一瞬というほかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
even Berlin runs a poor second: さしものベルリンもあえなく一歩をゆずる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 146
do sth before one take a second look at me: (人は)私を一目みるなり(物事を)する オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 21
do not stop talking for one second: いっときも話をやめない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
do not require a second attempt: やりなおしの必要はない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 146
do not give ... a second look: 〜を見ない 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 31
do not call for a second opinion: 異論の余地のない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 7
do not bother with a second word: その先を呑みこむ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 284
decline a second cup: お代りを辞退する 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
brave the weather a second longer to pause: いますこし悪天候にめげず立ちどまる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
bite one’s lip and think for a second: 唇を噛みながらしばらくのあいだ考え込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 397
be soon to be a second time father: もうすぐ二児の父親になる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 384
be not going to take one’s eyes off sb for a second: (人を)見張りながらついて来る 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 159
be a fool to destroy the best chance one have ever had at a second start: 人生をやりなおす絶好の機会を、愚かにも棒に振る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
be a famous doctor, second to none in Kishu province: 紀州に並ぶもののない医者だ 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 178
at the last second: 最後の瞬間に マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 338
after a few seconds: ややあって マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 312
a split second later: 間髪をおかず ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
second sb ably: かいがいしく(人を)助ける アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 26
speak in such an adult, formal fashion for a second grader: 二年生のくせになにかあまりにも大人びてきちんきちんと答える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 43
pictures all over the front page of the second section: 第二面のトップにでかでかと写真が載ったことだろう ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 50
18-second fuse and chemical igniter: 化学点火栓つき十八秒信管 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 46
and approach one’s second and last point: いよいよ第二の点にとりかかる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 38
apply oneself to the collection of a second meal: 再び二度目の食糧の収集にかかる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
a second-floor balcony: 中二階の回廊 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
for just the barest fraction of a second: つかの間 ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 109
play very near second base: セカンド寄りに守る ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 64
to the last possible second before dark: 夕闇がおりるぎりぎり最後の瞬間まで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 215
a split second before ...: 間髪をおかずに〜 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 239
the second act begins smoothly: 第二幕は順調に滑り出す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 30
be burst in a second: 瞬時に裂ける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
busily eating a second pastry: 二つ目のお菓子をたいらげている シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 85
Maybe not your Dostoyevsky, but a known second-rate novelist: ドストエフスキーとまではいかなくても、きっとそこそこの二流にはなれたよ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 121
second call on the incident: 事故の第二報 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
look childish even on a second grader: 二年生にしてはちょっと幼いと思える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
no burn scars on his face, at best a conduit for second-hand dope: 顔に火傷の痕はなかった。せいぜい多少はクスリをやった経験があるというところだろう。 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 277
the second consequence: 第二の出来事 ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 157
second-rate decorative crap: 二流の装飾品 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
she continued defiantly, following me up to my study on the second floor: 2階の書斎に上がる私のあとを、ついて来ながら、妻はさからうように言いつづけた 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 90
On a second glance she found James's diffidence rather charming: あらためて見なおすと、ジェームズのおずおずした態度にむしろ好感が持てた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 105
Noodles had let himself in on the second floor of the Mullins duplex: メゾネット式になったマリンズのアパートに忍び込んだヌードルスは、すでに二階にも足を運んでいた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
be second in the league in earned-run average: 防御率はリーグで二位だ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 126
the first and second finger of that hand were exactly the same length: 彼の親指と人指し指が寸分たがわず同じ長さであることに スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
let the ball sail out over second base into center field: ボールは二塁を通り越してセンターの守備位置にまでころがっていく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
fill up one page and spill over onto a second: 一枚では足りなくて、二枚になる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 118
take the outside staircase up to the second floor: 外階段をのぼって二階へ行く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 210
dug in for a second forkful: 二口目をすくう アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 313
one of the girls, a second third, or fourth cousin of mine, gave me a sideways look and said, just a touch hotly: はとこか、みいとこか、もっと遠い親戚だったか、ある女の子がほんの少しいらだった様子で私を横目で見て訊いた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
the fraction of a second: 一刹那 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 26
for a fraction of a second: ほんの瞬間 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 356
18-second fuse: 十八秒信管 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 46
give sb a second glance: (人)など見むきもしない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 86
at first or even second glance: 一見いやあらためて見返しても ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 70
ツイート