× Q 翻訳訳語辞典
run   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜をはたらく
   
run the protection racket: 恐喝をはたらく レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 281

あふれ出る
   
the tears are running anywhere: 涙があふれ出る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
ある
   
run the risk of being spotted: 気取られる恐れがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 461
いいようにする
   
run the show: 店をいいようにする 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 171
いちもくさんに走る
   
run northward over the land towards ...: 北へ、〜へむかっていちもくさんに走る ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 35
いとなむ
   
who ran You Sew and Sew: 「ユーソー・アンド・ソー」をいとなむ ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
うごかす
   
run sb: (人を)うごかす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 78
うろちょろする
   
run beside sb: (人の)そばをうろちょろする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 295
おかす
   
a risk one be unwilling to run: おかしたくないリスク クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 585
かけずりまわる
   
run an unsuccessful behind-the-scenes campaign to ...: 裏工作をしてなんとか〜しようとかけずりまわったが、結局、徒労に帰す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 43
かける
   
run sth through one’s shredder: 〜をシュレッダーにかける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
hear the sounds of doors opening while the engine keep running: ドアのあく音が、かけっぱなしのエンジン音のなかにきこえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
go running: かけて行く 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
come running through the wood: どやどやと森をかけぬけていく ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 125
かけ足
   
in a fake sort of run: まるでインチキなかけ足をしながら 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
かすめる
   
a few clever replies ran through my mind: 気の利いたせりふがいくつか頭をかすめる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 31
すっとんでくる
   
run around here: ここへすっとんでくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
すっとんで行く
   
run to sb: (ひとの)ところへすっとんで行く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
ずらかる
   
run for a place: どこかへずらかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
たたかう
   
run the race as best one can: 全力でレースをたたかう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
たどる
   
run one’s finger down the column: 指で欄をたどる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 88
つっぱしる
   
run down dark alleys: 暗い路地をつっぱしる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
つづく
   
run awhile: しばらくつづく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
とびかう
   
be running wild: とびかっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 176
とんでいく
   
be going to run and help sb: 助けにとんでいってあげる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
なくなる
   
have run out of answer: もう答えることがなくなった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
のびる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
はしる
   
run across ...: 〜を走りぬける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 368
ひとっ走り
   
have just come in from a run: いまひとっ走りしてくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
やっていく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
やっている
   
run a paper stand: 新聞売りのスタンドをやっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
やってみる
   
run a hand over one’s head: 頭に手をやってみる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 6
やってゆく
   
run a business: お店をやってゆく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
やる
   
run a villa-renting service: 賃貸別荘周旋をやる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 129
cannot run one’s own operation: 自分で自分の商売をやれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 255
わたる
   

アイドリングする
   
be running: アイドリングしている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 189
コロコロと
   
tumble out with a run: コロコロところがる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51

囲い
   
wire runs: 金網囲い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
引く
   
one’s blood ran cold: すーっと血が引いた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
運営
   
run ... single-handed: 〜の運営をひとりで切りまわす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
運営していく
   
run sth: 〜を運営していく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
営む
   
run market economies: 市場経済を営む サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 137
稼働させる
   
run at capacity: フル稼働させる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 81
会う
   
run into sb: (人と)会う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
監督する
   
run sb: 〜を監督する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
管理する
   
run the computers: コンピュータ・システムの管理をする ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 10
起伏する
   
with only a heavy swell running: 大きなうなりだけが起伏する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 169
牛耳る
   
run the city: この街を牛耳ってる ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 281
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 285
駆けずりまわる
   
striving sb running around: 精力的に駆けずりまわる(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 308
run all over the city: 町じゅう駆けずりまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
run all over ...: 〜じゅうを駆けずりまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
駆けだす
   
run for the schoolhouse: 校舎をさして駆けだす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 165
駆けていく
   
run all the way to: そのまま〜のところまで駆けていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
駆けぬける
   
living on the run: 人生を駆けぬける クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 91
駆けまわる
   
run to beat all hell: そこらじゅうを駆けまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
run around: そこらじゅうを駆けまわる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 183
駆ける
   
run wildly: あたふたと駆ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
run to the side of the ditch look for sb: 溝へ駆け寄って様子をうかがう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 163
run down ... as fast as one can: 全速力で(坂を)駆けくだる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
don’t choose to have sb running all about: 〜じゅう駆けずりまわられてはかなわん ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 155
駆け回る
   
run around chasing people: 追いつ追われつ駆けまわる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 127
駆け寄る
   
run to ...: 〜へ駆け寄る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
靴下の伝染病
   
notice a run: 靴下の伝染病を発見する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
掲載する
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
経営
   
running a company: 企業経営 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
経営する
   
run a popular shoe store at ...: 〜でいちばん繁盛している靴屋を経営する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 62
減っている
   
we are running out of sth: 今、地球から〜が減っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 115
合う
   
run on the new ...: 〜の新しい機種に合う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
采配をふるう
   
run the whole show: ぜんぶ采配をふるう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 411
錯綜する
   
run crazy: 気が狂ったように錯綜する O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 230
run crazy: 目茶苦茶に錯綜する オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 164
仕掛ける
   
run probe mikes into ...: 〜にマイクを仕掛ける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 407
仕切る
   
run the show: ショーを仕切る エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 210
run the operation: オペレーションを仕切る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 168
使われている
   
charges run up in ...: 〜でカードが使われている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
姿を消させる
   
be run out of town: 町から姿を消す カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 48
指揮をとる
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
失脚させる
   
run sb out of office: (人を)失脚させる トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 25
疾駆する
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 219
疾走
   
run especially fast in the dark: 暗中疾走は得意中の得意なんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 272
実行される
   
run with root privilege: スーパーユーザーの特権で実行される ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 144
取り仕切る
   
run sth: 〜を取り仕切る レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 83
出くわす
   
would not fancy running into sb: (人に)ばったり出くわしてはたまらない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 47
run into sb: (人に)出くわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
処理する
   
run things: 事を処理する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 213
衝突する
   
run smack into sb: (人と)もろに衝突する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
進める
   
run a quite different investigation: まったくべつの捜査を進める ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 47
垂れている
   
run to the floor: 床まで垂れている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
水音
   
a tap running: 蛇口からの水音 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
遂行する
   
run such a quiet and effective operation: かくも穏便かつ効果的な作戦を遂行する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 256
生計を立てる
   
run a ferry: フェリーの運航で生計を立てる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 126
切りまわす
   
run this place by oneself: ひとりでここを切りまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 27
run the shop: 店を切りまわす ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 283
run the night desk: 夜勤の仕事を切りまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 26
切りもりする
   
run the place single-handed: ひとりで一切を切りもりする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 80
操縦する
   
run sb pretty well: (人を)うまく操縦する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 403
操縦実技
   
be teaching sb to run sth: 操縦実技の手ほどきにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 150
走らせる
   
the way sb run sb’s fingers through sb’s hair: 髪に指を走らせるしぐさ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 298
send AA running out to call BB: AAを走らせてBBを呼ばせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
走りまわる
   
run in packs: 群れをなして走りまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
run around bumping into each other: 押しあいへしあい走りまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
走る
   
start to run: 走って逃げ出す 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 21
run to find sb: (人の)ところに走っていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 75
run on premium: プレミアム・ガソリンを燃料にして走る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
run hard the other way: 脇目もふらず逆の方向に向かって走る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
run at full speed: ひた走りに走る 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 13
run all over town: あちこち走りまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
run after sb: 走って来る 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 42
in a running position: 走る格好で ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
have one’s own errand to run: 仕事を果たすべく自転車を走らせている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
be running along the beach barefoot, in a pair of shorts: ショートパンツにはだしで砂浜を走っている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 362
a thin crack runs up the wall: 壁には、縦に、細い亀裂が走っている 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 9
続く
   
the words run together: 言葉が次から次へと続く フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 28
叩く
   
run a cash-register: レジスターを叩く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
奪う
   
run sb out of office: 座を奪う トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 22
逐電する
   
run off in the middle of the night: 真夜中に逐電する カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 45
追う
   
run over the assault plan in one’s mind: もう一度襲撃の手順を追う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
追突
   
run up the rear end of sth: (物に)追突する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 39
通る
   
a beautiful note of strength run in its depth: その底に一筋の美しい強さが通っている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 24
転がる
   
run about twelve feet past sth: 〜の十二フィート先まで転がる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
   
really need a run: どうしても点が欲しい ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 96
get a run: 一点をあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 388
伝う
   
the butter run down sb’s cuff: バターが袖口を伝いおりる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 30
日報に出る
   
run for three days straight: 三日つづけて日報に出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 73
逃げる
   
run the other way: まわれ右をして逃げる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 138
run home: 逃げて帰る 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 76
keep sb on the run: 〜から逃げまわる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
be buying sb time to run: (人に)逃げる暇をかせいでやってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
逃げ惑う
   
do not see people running for split trenches: 塹壕へ逃げ惑う人の姿は目に入らない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
逃亡
   
on the run: 逃亡中 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
動かしている
   
run things: 事を動かしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
動かす
   
run agents: エージェントを動かす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 410
business runs America: ビジネスがアメリカを動かす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
突き倒す
   
would run sb over rather than call hinders: たとえファウルだろうと、(人を)突き倒してでも〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
突き当たる
   
run hard into the blank wall of reality: 現実の分厚い壁に突きあたる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
入れる
   
run the heater in the car: 車のヒーターを入れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
敷く
   
run wall to wall: (敷物が)床いっぱいに敷きつめてある ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
撫でつける
   
run one’s hand through one’s hair: 手で髪を撫でつける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
撫でる
   
run a hand across one’s jaw: 顎を手で撫でる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
   
get sb through the run: (人は)役を無事に務めることができる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 14
溶け出す
   
kind of moldy where sth have run together: 〜が溶け出してあちこち染みになっている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 62
律する
   
run one’s life: みずからの私生活を律する フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 33
流れる
   
run in a horseshoe cut into a giddy cleft: 馬蹄状に鋭く屈曲して流れる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
連中
   
the common run of one’s profession: あの職業の連中 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
梳く
   
run one’s hand through the close crop of one’s hair: 五分刈りに近い髪の毛を手で梳く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

this girl has run away from home: 家出娘だ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 117
start running: この場から逃げだす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
RUN!: ぶっとばせええええ!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
run you down: 逃げられっこないぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
run with sweat: おびただしい汗をかく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
run with sweat: 汗でびっしょり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
run with sweat: 大量の汗
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
run with sb: 小走りについてくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 117
run with sb: 付き合う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 21
run water: 水を出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 104
run water: 水道をひねる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 154
run up: 急騰する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 177
run to ...: 〜に駆けよる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
run to: 〜に駆け寄る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 218
run through: (どこかに)送る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 159
run through: おこなう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
run the business: 取りしきる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
run sb ragged: (人を)こっぴどい目にあわせる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 102
run sb down: ぐんぐん追っつく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 73
run prostitute: 売春婦のヒモのようなことをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
run over: えぐる
run outa ideas: 知恵が尽きる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
run out of the house: 家を出る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
run out: ずるずるのびる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 63
run out: なくなる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
run out: 全力で走る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 216
run on wildly: もうめちゃくちゃにしゃべりつづける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
run on: くりかえす
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 84
run off: どこかへ遊びにいってしまう
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 385
run off: 飛び出す
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 25
run late: 夜遅くまで片づかない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 472
run into sb: (人と)顔をあわせる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
run into sb: (人と)顔を合わせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
run into sb: (人と)鉢合わせする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 358
run into sb: (人に)ぶちあたる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 381
run into sb: (人に)鉢合わせする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 413
run into ...: 〜なかにとび込む
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
run into ...: 〜にぶつかる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
run in the family: 血筋だ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 245
run home: 家へ飛んで帰る
run full time: 年中無休
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
run from home: 家出する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
run dry: つきてしまう
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 8
run down ...: 〜につたわせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 114
run down: (人の)話はちょっととだえる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 55
run down: つたいおちる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
run away: この町にいられなくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
run away: 頬被りをする
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 82
run at sb: 駆けよる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
run around: うろつきまわる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 132
run any scam: 何かをさぐる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
run among ...: 〜の間を飛び廻る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 132
run amok: 大わらわになる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
run along: さあ、行け
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 349
run against ...: 〜に反する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 116
run across ...: 縦断する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
run a house: 商売をする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 305
run a bath: 浴槽に湯を張る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 171
practice run: 習作
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 151
look run down: おんぼろ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 171
just run along: おまえさんは自分の仕事をしろ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 30
in the normal run: ふつう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 223
in the long run: 結局
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 55
how sb runs: 走りっぷり
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 237
how’s the runs: 腹具合はどうだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 201
get the run-around: たらいまわしにされる
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 20
feel sth running: 〜が、をつたってたらたらとしたたりおちる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
ego run wild: とどまるところを知らぬエゴ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
dry run: いざという時の手順を話し合う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 99
cut and run: とっとと逃げる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 199
by the run: たちまち
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 114
be running wild: これじゃ野蛮人と同じ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 52
be run over: 車にひかれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
be run over: 踏みにじられる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 58
be on the run: ずらかる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
at a full run: 全速力で
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 306
actually run sth: (物を)一手に切りまわす
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 258
actually run: 主導権を持つ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 216
win in the long run: 最後に笑う
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 153
we run around here in ...: 二人でつるんで(場所)の町に繰り出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
we are not running a cafe: ここは飯屋じゃない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 247
want this operation to run for a long time: これは長続きさせたい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
walk through a practice run of one’s presentation: プレゼンテーションの予行演習をする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 329
walk in a run: 打者を歩かせてしまい、押し出しの一点を献上する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 201
until the clock runs out: 時間切れぎりぎりまで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 223
try to run away: 逃亡を企てる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 16
try running a bluff: ほらを吹く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 229
trail off, like a windup toy running out of steam: ねじがほどけた玩具のように、尾をひいて消える
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 77
time is already running out: ぐずぐずしている暇がない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 38
time had run out for sb long before ...: 〜したときすでに(人は)、終焉のときを迎えていた
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 33
there is no thread running through them: つながりはない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 112
there is another current of impression that never ceased to run: もう一つ、憑きもののように離れなかった幻想がある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 26
there is a run on ...: 〜に注文が殺到する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 97
the woman running the shop: おかみさん
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
the way things are being run at Ottawa: オタワのいまのやり方
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 204
the time is running out: 時が刻々とすぎる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 371
the tenet runs like this: ...: 教義はこういうものだった〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
the tears run down one’s cheeks: 涙が頬をつたって流れる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 298
the pacers run nightly: 競馬は毎晩開催される
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
the money side of things run against sb: (人が)経済的にはあまりうまくいかない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
the lantern hypnotizes ... into kamikaze runs: ランタンの明りに誘われて飛んで火に入る
the hot water run out: 湯を落とす
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 87
the buses stop running: バスの便がなくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 319
the blood runs off sb’s skin: 血まみれになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
the blood run down and soak the bedclothes: 血がどんどん流れて夜具を浸す
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 36
tell sb how to run the shop: ことごとに指図してかかる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 73
tears are running down one’s cheeks: 頬をつたって涙がとめどなく流れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
talk as one run the projector: フィルムを映しながら解説を入れる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 349
take all the profit and run: 金をまるごと着服する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
take a short run around ...: 〜のまわりをちょっと走る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
sweat run down one’s face like oil: 脂じみた汗がたらりと顔をつたいおりている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 265
start to run out through one’s gate: 走るようにして門の外に出て行く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
service channel that runs for ...: 〜のためにつくったトンネル
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
see that everything runs smoothly: あとを頼んだぞ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 188
secure a good run of trade: 商売が繁盛する
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 142
sb is running you: (人に)すっかり駄目にされちまう
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 122
sb and sb run around together: (人が)(人と)行動をともにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 368
sb’s wife runs off with sb: 女房を(人に)寝取られる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 115
sb’s time’s running out: (人も)もう長いことはない
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 58
sb’s natural gift run to ...: (〜としての人が)最も自然な姿である
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 46
sb’s fantasy life must be running wild: 奔放な空想をいだいているにちがいない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
sb’s collected and calm manner can not prevent one’s blood from running cold: 幾らそれが冷静な態度でやられていようと、聞く側の(人に)してみれば、思わず血まで凍りつくような思いを禁じえない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 13
sb’s business gets up and running again: (人が)仕事を再開する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
sb’s bladder had run dry: 膀胱が空になっていた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
running one’s machine adroitly into ...: 〜に巧みに自転車を乗り入れる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 116
running against sb in one’s haste: 急いだあまりに(人に)つき当ったりしながら
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 24
run wild inside one’s head: いちどきに頭に入ってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 182
run up to sb: (人に)駆け寄る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
run up the steps two at a time: 階段を一段とばしに駆けあがる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
run to sb for help after a little episode: 不始末を仕出かし(人の)もとへころげこむ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 123
run through one’s head: 思い浮かべる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 99
run the whole thing: その場を牛耳る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 228
run the whole slate: 全レースをためしてみる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
run the store with disastrous inefficiency: 店の経営ぶりはめちゃくちゃだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 114
run the risk of settling down: 危険を冒しつつひとところに定住する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
run the risk of fucking up the talks: 和平会談は決裂しかねない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
run the other way as fast as one’s legs can carry one: (人は)たちまちきびすを返し、全力疾走でそこから逃げ出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
run the other way: 尻に帆かけて逃げだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
run the name over: その名前をしきりと捜す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 102
run the gamut-t-t of emotion from A to B: あらゆる感情をラとシの音で表現する
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 216
run steadily, on and on: どんどん走る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 67
run short of time: 時間が差し迫っている
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 148
run sb to ground: (人の)居場所を突きとめる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 170
run sb through the Tripartite Proof: 証拠の三大要素を(人の)頭の中にたたき込む
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 410
run sb over ...: 〜に追い出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
run sb’s hand down sth: 手を這わせる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 10
run right the hell: いちもくさんに駆けて行く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 324
run parallel to a main avenue: 表通りから一筋裏へ入った
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
run over to sb’s house to confront sb: (人の)所へ談判に押し掛ける
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 43
run over to ...: ひとっ走り〜まで行ってくる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 289
run over the pages: その頁をぱらぱらとめくる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
run over the detail of the tale in one’s mind: 頭の中で話の細部をあらためてみる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 20
run over the course of events: ざっと事件の次第を話す
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 119
run over sth in mind: 手早く〜を思い返す
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 323
run over sb’s lives: (人の)人生を踏みにじる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 483
run over a nail out on ...: 〜の路上で釘を踏み抜く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
run out of world: 世界から追放される
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 191
run out of wind: 息がきれる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
run out of time: 寿命が尽きる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 96
run out of sth: (物が)底をつく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 456
run out of space: あとがない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 256
run out of paper: 用紙が切れる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 42
run out of option: それ以外に方法がない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 134
run out of money: 一文無しになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 418
run out of money: 金を使いきる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 96
run out of gas: ガス欠になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 251
run out of disc space: ディスク・スペースがいっぱいになる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 42
run out of ...: 〜が足りない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
run out into the hall: 廊下に飛び出す
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 100
run out at a curve in the pond: 池の湾のさきにつきでている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 319
run oneself to work in ... car: 仕事にも〜に乗ってくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
run one of one’s silly scams: ろくでもないインチキ商売をする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
run one’s tongue several times over one’s lips: しきりと唇をなめまわす
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 26
run one’s tongue over one’s lips: 舌で唇をなめる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
run one’s hands through ... with impatience: 〜をじれったそうに手でつかむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
run one’s hands over sb’s face: ぺたぺたと(人の)顔にさわる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
run one’s hand over one’s face: 手で顔を撫でる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 124
run one’s fingers through sb’s hair: 指で髪を撫でる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 126
run one’s eyes over ...: 〜をじろりとながめまわす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 198
run on a wing and a prayer: なだめたりすかしたりしないかぎり、まともに走ってくれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
run off with sth: (物を)盗んで行く
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 47
run off with sb: 〜とかけおちする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
run off with sb: (人と)駆け落ちする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 358
run off to ...: (場所)に高跳びする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 253
run off to ...: 小走りに(場所)へもどる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
run off the words with the loquacity of sb: 〜のような雄弁さでまくしたてる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 45
run off at once in the direction it pointed to: 〜の指さす方向へ一目散に駆け出す
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 48
run off as hard as one could: 懸命にふりきる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 59
run more tests on sb: (人の)にもっと検査をする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
run like hell over to ...: いちもくさんに駆けだして〜に逃げこむ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 241
run like a coach: 軽やかな足運びだ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 146
run into the next room: 隣の部屋へ逃げこむ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 217
run into sb on the street: (人に)出くわす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 503
run into each other: ごろをまく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
run in terror inside the house: 家の中にかけ足で逃げ込む
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
run in on firing tracks: 雷撃姿勢にはいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
run for the plane: 搭乗におくれまいと走る
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 46
run for President against ...: 大統領選への出馬を表明し〜と指名争いを演じる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 284
run for an fifth term: 五選に出馬する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 48
run first one way, then the other: 右往左往する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
run east and west: 東西に長く横たわっている
run down the entire length of the page: 一枚の紙の上から下までをフルに使って書きつけられている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 169
run cockeyed to the other three: ほかの三つとは別のほうに動こうとする
run back toward ...: 反転して、〜めがけて突進する
run back in a Fright: たまげて逃げてしまう
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
run away with the show: 舞台をさらう
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 156
run away with the money: 例の金を持ち逃げする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
run away with the evening: 夜陰にまぎれて駆け落ちする
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 146
run away with sth: 〜をさらう
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 36
run away on its own: 羽が生えて逃げてしまう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
run away as soon as one can: 必死で走る
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 22
run at the top of one’s speed down the road: あたふた道を走って行く
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 122
run around with sb: (人と)あばれ回る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
run around with sb: つるんで遊び歩く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 314
run around trying to pick up the pieces: 収拾にかけずりまわる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 82
run around in frantic circles: 右往左往する
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 12
run around at full tilt with sb until dark: (人と)全エネルギーを使って夕方まで遊びまくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
run and tell sb: 〜へ駆け込む
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 52
run along to bed: さっさとやすむ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 289
run against it before one could stop oneself: 止まりそこねて家にごっつんこしちゃっう
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 32
run afoul of various house rules: さなざまな家庭内規則を破る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 293
run afoul of sb: (人と)何か問題を起こす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
run a tight operation: 統率力がある
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 111
run a shaky finger through one’s hair: 震える手で、髪をかきあげる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 30
run a poker game out of a hotel: ホテルでポーカー・ゲームをやってかなりの金を儲ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 220
run a noisy house: やかましいところだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 495
run a little ad in ...: 〜に小さな広告を出す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
run a light or two to shake anybody: 信号をひとつふたつ無視して追跡をぶっちぎる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 332
run a hand through one’s hair: 髪を撫でる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 417
run a hand over sth: 〜に手をすべらせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
run a good risk braining my guest: 客の頭をなぐるというような失態を演じかねない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 128
run a feather-duster over ...: 〜に毛ばたきをかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
run a bluff on ...: 〜をこけにする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 230
pull out some ancient books, run one’s fingers along the ledgers: 古い台帳をひもといて調べる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 126
places where children can run around freely: 子供たちが自由に遊べる広場や空地といったもの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
phrases keep running through sb’s mind: さまざまな語句が脳裏をかすめた
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 243
one’s time is running out: とにかく時間がない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 185
one’s speech has run for a deal longer than either of sb apparently expected: どちらが予期したよりも長広舌になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
one’s hands are positively run with sweat: (人の)手は汗でびしょびしょ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
one’s evil runs much deeper than sb suspect: (人が)考えているよりもはるかに深く邪悪の色に染まっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
one’s breath run out in a wheeze: ぜいぜいとかすれた音をたてる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 270
must eventually run out of steam: どうせそのうち品切れになるだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 87
make one’s blood run cold: 肝を冷やす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 231
make for ... at a stumbling run: よろめきながら〜へいそぐ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
make a run at sth: 〜を着々と追い上げる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 358
let things run one’s course: 成り行きまかせにする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 229
let sb run wild: (人に)勝手気ままなことをさせておく
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 18
let one’s imagination run riot: 思いのまま想像をはびこらせる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 354
let one’s imagination run away with one: 想像を逞しくする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 439
let go and run for sb: (人を)探して散り散りになる
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 37
laugh so hard tears run down one’s cheeks: あまりに大笑いしたためか、(人は)頬に涙を伝わらせている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
keep running through one’s mind: 頭をよぎる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
keep running just to escape ...: ほうほうの態で逃れるのが精一杯
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
keep ... on the run: 警察の目をのがれることに汲々としている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
it put the team ahead by three runs: そのお陰で、チームは三点リードすることができた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 297
in the long run: 長いあいだには
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 50
in the long run: 長期にわたって
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 130
in the evolutionary long run: 人類が長い進化の道をたどるあいだ
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 22
ignoring a stoplight and running against the traffic: 信号を無視して交差点を渡る
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 13
I loathe the man who runs ...: 〜の主人、見るだけで虫唾が走るのよ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 74
I’m running away from you!: あんたのとこなんか出てってやる!
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
hit a home run: ホームランを放つ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 238
have tubes running in and out of one: 体のあちこちに管を差し込まれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 467
have the full run of computer: コンピュータを独占的に支配できる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
have the entire run of the upstairs: 二階にあがるのは(人)ひとりだけだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
have several tubes running in and out of one: 体中に管を突っ込まれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
have free run of ...: 〜を自由に使える
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 46
have a run of ...: 放縦にふるまう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
have a 1.12 earned run average: 防御率一・一二という数字を残す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
hasn’t run out on sb: (人を)袖にしていない
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 28
give up 4 runs: 四点を献上する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 231
get a crucial home run off sb: 試合を決めるホームランを〜から放つ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 13
feel oneself running out of patience and say: とうとうしびれを切らして言う
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 121
every time you run into one: そのたんびに
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
employ sb to make dope runs: 麻薬の運び屋に(人を)使う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
emotions are running high: 気分が高揚している
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 239
dribble of brown water running between one’s fingers: 茶色の泥水を指のあいだからぽたぽたと垂らす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
don’t run off like that: そうつれなくするな
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 213
don’t mind running a covert investigation: 隠密捜査もいいけれど
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 279
do not know which way to run from the flames: 火に追われて逃げ迷う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 112
cry terribly, the tears running down sb’s face: 涙が搾るように頬を伝って来る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 58
course through the rooms at a dead run: 全速力で、部屋をつぎからつぎへと駆けめぐる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
come running wildly through the wood: すごい勢いで森をつっきってくる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 85
come running toward ...: 〜にかけ寄って来る
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 151
cats run about on their own, wherever and whenever they please: 猫なんていうのはたいてい一匹ごとに勝手にあちこち走り回っている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 38
catch sight of sb and run to greet sb: (人を)発見して駆け寄る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
casually run long hands through short chestnut hair: 栗色の短い髪を無造作に掻き上げる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 28
cannot go running in circles if something comes up: 何かあった時におろおろするのは、まっぴらだ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 19
can‘t allow sb to dictate us how we’ll run ...: 〜の方針を(人に)とやかくいわれる筋合いはない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 22
break into a run: あわてて駆けだす
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 146
begin running into sb: 時々一緒になることがある
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 10
before one’s unemployment insurance runs out: 失業手当のあるうちに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
be running to sb and spilling the beans: (人に)告げ口する
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 548
be running out of money: (人の)財産が残り少なくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 378
be running on the last dregs of adrenaline: アドレナリンが切れかかる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 65
be running away from something: 何かに追われている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
be running a surplus: 剰余金がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
be run from sth: 〜の指揮下にある
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 177
be repeating to oneself, as one run the words of the old song: 道々、あの古い歌の文句をつぶやいている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 130
be ready to run from the room: 一目散に部屋から逃げ出したいような衝動に駆られる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 46
be off and running: すっかり脱線する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
be off and running: すべてはうまくすべり出す
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 71
be not the run of the mill victim: 通り一遍の被害者とは違う
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 304
be kept at a run with sth: 〜でてんてこまいの毎日となる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 34
be gone running madly down the street: 蜘蛛の子を散らすように逃げていった
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 18
be going to run sth: 〜ができる予定
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
be free to run on a dropped third strike: 振り逃げのチャンスが生まれる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 386
be beginning to run down: 幾分話に疲れてくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 392
bat in 121 runs: 打点一二一
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 32
an organization run by ...: 〜の下部機構
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 137
always run at a deficit: 赤字がふつうなの
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 179
a world run by sergeants: 軍曹たちがはばをきかす世界
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 28
a weakness runs all through sb’s body: 急激に脱力感がおそう
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 101
a thread of nervousness runs through it: 声にはいちまつの不安が見え隠れしている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 144
a railroad track running steadily down toward the south: 一条の鉄道線路が南へ南へとたどって行く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 72
ツイート