× Q  ?  翻訳訳語辞典
impatience

主要訳語: 苛立ち(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あせり
   
impatience of the wait from nine to eleven: 九時を十一時まで待たされたあせり 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 37
いらだち
   
with barely concealed impatience: いらだちをかろうじて押さえこみ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
sb’s mounting impatience: 〜のつのるいらだち マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 311
うんざりしている
   
know all about my impatience: 私がうんざりしているのはわかっている ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 34
じれったさ
   
impatience over ...: 〜加減に対するじれったさ サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 15
はやる心
   
restrain one’s impatience: はやる心をおさえる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 366
もうたまらない
   
say with grim impatience: もうたまらないといったように、こわい顔をして言う ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 309
もどかしさ
   
'Well?' Vallery's voice was edged with impatience: 「どうだ」ヴァレリーの声に、かすかにもどかしさがまじった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345

苛立ち
   
Minutes passed and I battled my impatience: 何分かが過ぎ、私は苛立ちと闘っていた ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 567
feel a deep central impatience with sb: (人)に対する内心の苛立ちを感じる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
Fatigue and impatience were followed by accidents and death: 渋滞の疲れと苛立ちは死亡事故を招く メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 188
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 234
焦燥
   
burn with a constant impatience: 〜という焦燥が絶えずある 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 197
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 32
焦慮
   
be racked by impatience: 焦慮に耐えかねる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 113

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with growing impatience: じりじりしながら マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 446
impatience to do: 一刻も早く〜したいという気持ち ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 258
get impatience: じたばたする O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 200
burn with impatience: じりじりする 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 20
this sort of agitation and impatience: こんなヤキモキした心持ち 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
speak with a touch of impatience: いくぶんとげとげしい口調でいう アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 116
sb’s face will reflect the impatience sb feels: (人が)面倒臭そうな顔をする 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 88
say with some impatience: せかせかした調子でいう 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 89
run one’s hands through ... with impatience: 〜をじれったそうに手でつかむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 100
one’s little idiosyncrasies and impatiences: (人の)短気そうな性格 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 352
grate with a sudden bellow of impatience: 突然堪忍袋の緒が切れたように歯がみしながら言う デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 138
be oblivious to sb’s impatience: (人が)じりじりしていることなど念頭にない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 267
be all impatience to be gone: じっとしておられない ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 40
be all impatience to be gone: とてもじっとしてはおられぬ ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 42
be all impatience to be gone: どうにもじっとしていられない ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 44
a mood of restless impatience: じっとしていられない様子 リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 73
with carefully concealed impatience: いらだちを上手に隠して アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 40
"Enough!" said Defarge, with grim impatience: 「もうわかった、わかった」ドファルジュが、もうたまらないといったように、こわい顔をして言った ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 309
show a gathering impatience: じりじりしはじめる アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 42
ツイート