× Q 翻訳訳語辞典
wife   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かあちゃん
   
sb’s wife: (人の)かあちゃん カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 193

カアちゃん
   
a ruddy-faced matron who is apparently sb’s wife: そのカアちゃんとおぼしき赤ら顔のおばちゃん 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 191

奥方
   
"Is he bringing his wife" said Smiley: 「奥方同伴かね」と、スマイリー ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 443
奥さん
   
have lost one’s wife: 奥さんを亡くしたばかりの(人) カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 382
live in ... with one’s new wife: 結婚したばかりの奥さんとともに(場所)に住む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
nice sweet wife: 優しくしとやかな奥さん フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 186
one’s young second wife: 後入りの若い奥さん 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 175
sb’s dead wife: (人の)前の奥さん カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 349
嫁さん
   
sb’s wife: 嫁さん タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 230
家内
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 167
   
want sb for a wife: (人を)妻にする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 156
one’s wife living alone after one had gone: (人)だけがいなくなった後の妻 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
No woman but my wife moves me as a woman: 妻以外の女は殆ど女として私に訴えないのです 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
If I get it too dirty, my wife will scold me: だからむやみに汚して帰ると、妻に叱られるからね 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
Did my wife tell you whose grave I was visiting?: 誰の墓へ参りに行ったか、妻がその人の名をいいましたか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
cannot envision one’s wife with another man: 自分の妻が他の男と寝ている図は想像もできない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 248
細君
   
Wife's a harridan: 細君はがみがみ女だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
very young wife: うら若い細君 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
His wife grinned inanely at the passers-by: 細君は通行人ににやにや笑いかけている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 135
He struggled without success to remember the name of Lacon's wife: レイコンの細君の名をけんめいに思い出そうとするのだが、だめだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
be on wife number four: いまは四人目の細君と暮らす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
女房
   
senior partner’s wife: ボスの女房 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
My wife and I hardly ever went to bed at the same time: 女房と一緒の時間にベットに入ったことなんて、まずない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 398
Maybe later this afternoon I'll try calling my wife again: 夕方前にもう一度女房に電話してみよう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
He was talking about his wife: 彼女というのは奴の女房のことだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 19
another man’s wife: 他人の女房 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
来手
   
it’s not easy to find a woman who is willing to be a sailor’s wife: 船乗りのところなんか、なかなか来手がないですよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s wife or children: 家族
lovely wife: 恋女房
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 226
leave one’s wife: 家を出る
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 107
husband and wife: 夫婦
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
have no wife: 独り身だ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 389
a newly married wife: 新妻
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 40
the type who makes devoted wives: 世話女房タイプ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 93
the idea is an old wive’s tale: そんな考え方はたわいない言い伝えにすぎない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
spend New Year’s Eve with one’s wife in front of TV: 大晦日の夜は夫婦水入らずでテレビを見る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
sb and sb’s wife: 両親ともども
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
say to madame his wife in husky tones: つぶれた声で細君に言う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 78
Didier and his wife: ディディエ夫婦
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
after the death of one’s wife: やもめになって
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
be less reluctant to accept to a younger sister as a co-wife: 妹と夫を分けあうなら、それほど抵抗がない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 59
I explained that she also was a soldier's wife: 私はやはり軍人の細君だと教えて遣りました
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 226
It was amazing, for my wife had had no children: 女房には子供がなかったんで、珍しかったんですな
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
one’s wife left one for another man: 女房に男が出来て逃げられた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
one’s arthritic wife: 関節の不自由な妻
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 38
arty little wife: 小柄な芸術好きの妻
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 359
as if she were sb’s wife: まるで女房きどりになっている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 92
six body-women wait on his wife: 彼の妻には六人の侍女がかしずいている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 189
play one’s brave-wife role to the hilt: 健気な妻の役を生き生きと演じる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
an affectionate glance at one’s wife so happy and busy: 幸福そうに、せっせと立ち働いている妻の姿を見ると
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111
chattering wife: おしゃべりな妻
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 266
sb’s wife cheats on sb: (人の)妻が男をつくってる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
I did have a special clue although not in the sense my wife thought: 妻の言うような意味ではないにしても、べつな心当りはあるわけだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 91
And St John has a wife and Robbins's CO probably thinks she went AWOL: それにセント-ジョンにはかみさんがいるし、ロビンズの上官は彼女が無許可離隊をきめこんだと思っているかもしれん
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 53
a wife of color: 現地人の妻
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 250
Consequently your wife couldn't have known her: それで、君の奥さんは彼女を知らなかったというわけさ、
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 182
What link could there be between that creature and my wife: あの化けものと私の妻とのあいだに、どんな関係があるのでしょうか
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 63
So when the time rolled around, my wife went to the depot to pick him up: いよいよその日がやって来て、妻は駅に彼を迎えにいった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
describe the beauty of one’s wife: 妻の美しさを語って聞かせる
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 223
husband deserted by his wife: 女房に逃げられたご主人
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
Richard looked at his wife disapprovingly: リチャードが妻の顔を見て眉をひそめた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 305
never discuss household affairs with one’s wife: 家事のことは口に出さない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 37
eccentricity of one’s wife: 変わり者の夫人
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 24
by sheltering the wife of an emigrant prisoner under ... roof: 亡命囚徒の妻を、〜の屋根の下にかくまっておくことによって
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
put an end to the long separation from one’s wife: 長らく別居している妻と和解する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 104
Within an hour, everyone except Didier and his wife had arrived: 一時間足らずの間に、ディディエ夫婦を除いて全員が揃った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
wife with expensive tastes: 金づかいの荒い妻
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 95
Finally he tried to shoot his wife: 行きつくところまで行きついたとき、彼は奥さんを銃で撃とうとしたわ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
an unfaithful wife is not fit to live: 不貞を働いた妻は生きてはいられない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 75
former wife: 別れた妻
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 485
fuck another man’s wife: 他人の女房をやっちまったあとなら
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
he thought I'd fucked his wife: そいつ、妻がおれと寝てると思い込んでたんだ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 211
do not go in for wife: 細君というものは持たない
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 19
be not a good wife: 妻としていたらない
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 20
Sensei's wife hesitated: 奥さんは其処で口籠った
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 91
my friend and his wife: 私の友だちとその奥さん
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
I hurriedly waved my hand, trying to shoo my wife away: 私は急いで手をふり、妻を向うに追いやろうとした
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 182
The wife was scheming at the time to kill her husband: そのまた雌の河童というのは亭主を殺すつもりでいたのです
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 34
the zealous, introverted wife dreaming only of sth: (物事だけを)夢見て脇目もふらぬ妻
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 33
one’s wife has left sb: 女房に逃げられる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 78
never met sb’s wife or children: 家族と顔を合わせたこともない
But I made a point of getting him to mention his wife's name: そうするかわりに彼がうまく奥さんの名前を口にするようにもっていった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
everyone except his wife and his mother: 女房とおふくろぐらいのもんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
It would seem that my mother-in-law sometimes complained about me to my wife: 妻の母は時々気拙い事を妻にいうようでした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 267
a wife in name only: 肉体的に夫の妻を失格した
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 225
the perfect wife for sb: (人には)過ぎた女房
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
a perfectly happy young wife: 何不足ない幸福な若妻
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 49
“Period. Besides,” she said, “goddamn it, his wife’s just died! ...”: 「要するにそういうことなのよ。それに」と彼女はつづける。「だいたいね、彼は奥さんを亡くしたばかりなのよ。...」
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 382
praise one’s wife in public: 人前でわざと女房を持ち上げる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
He was newly married--three--and his very young wife was pregnant: 彼は再婚したばかりで--第三--うら若い細君は身重だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
My wife was probably telling K of her new happiness: 妻は定めて私と一所になった顛末を述べてKに喜こんでもらうつもりでしたろう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
My wife looked at me suspiciously but did not attempt to pry further: 妻は疑わしげに、私を見たが、べつにそれ以上聞き返そうとはしなかった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 171
His wife's voice brought Robin quickly to his senses: エイドリアンは妻の声ではっとわれにかえり、
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 99
become the quintessential lonely South County wife: 名実ともに南オレンジ郡のさびしい人妻となる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 169
one’s resolute, spirited wife: 果断な積極的な妻
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 14
suffer sb to revile her who is your wife: 自分の妻が辱められるのを、そのままお聞きずてになさる
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 63
sb’s wife runs off with sb: 女房を(人に)寝取られる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 115
The news of the birth brought Seishu rushing to his wife's side: 出産の報せをきいて青洲は駆けつけると、
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 102harridan
ツイート