× Q  ?  翻訳訳語辞典
utter
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜きわまる
   
with utter frankness: 率直きわまる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 196
〜しきった
   
look of utter rapture: 陶酔しきった顔 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 284

あげる
   
utter a loud yell: ぎゃあっと大声をあげる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 37
ありありと
   
sb’s face reflects utter despair: (人の)顔に失望がありありとうかぶ マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 286
さも
   
say with utter disgust: さもにくにくしげに言う マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 316
さも〜げに
   
つぶやく
   
utter in a hollow voice: 力なくつぶやく デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 419
utter a sympathetic sound: 同情の言葉をつぶやく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 324
はじけさせる
   
utter a strange, wild laugh: 奇妙に荒々しい笑い声をはじけさせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
ほんとに
   
utter bewilderment: ほんとにわけがわからない カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 108

云おうようない
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 254
洩らす
   
utter a howl of despair: 絶望に打ちのめされたうめき声を洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
洩れる
   
utter a high, wailing scream: 甲高い、むせび泣くような悲鳴が(人の)喉から洩れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
完璧な
   
the fierce and utter concentration: 並々ならぬ完璧な集中力 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 640
究極の
   
utter disbelief: 究極の不信感 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 248
expressions of utter self-imposed neutrality: みずからに課した究極の中立の表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
叫びをあげる
   
utter a little unhh!: うおっと小さな叫びをあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
語る
   
utter in a pious way: 敬虔な口調で語る レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 142
口にする
   
He found a plain honest reply and uttered it: 簡単で率直な答えが見つかったので、それを口にした レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 348
口に出さない
   
did not so much as utter a word about ...: 〜は一度も口に出されませんでした 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 17
残す
   
utter an expression of disgust: 憎悪の言葉を残す E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 24
残る隈なく
   
take utter possession of ...: 〜を残る隈なく占領する 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 146
唱和する
   
utter sth in a reverent and quite sincere way: 〜をおごそかに大真面目に唱和する レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 222
呟く
   
look away from sb in confusion, only managing to utter feebly: おろおろと視線をさ迷わせ、気弱そうに呟く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 193
<例文なし> 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

utter wailing cries: 泣き叫ぶ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 240
utter nonsense: ひどく荒唐無稽なこと 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 201
utter knotted-up violence: ねじれた暴力 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
utter bathos: ほとんど支離滅裂 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 135
one’s utter lack of knowledge of ...: 〜に暗い ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 200
in utter silence: 黙りこくって ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
eyes that gaze at sb with utter detachment: 無心の目 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
with an expression of utter contentment on one’s face: いかにも満足したように 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 104
utter the unnaturally long, guttural howl: 長く言葉をひっぱって、しわがれ声をだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 7
utter ruin at the hands of ...: 〜に追いつめられて風前の灯 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 244
utter one’s single, severe bark: ひと声まじめそうにわんと鳴く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
utter an irritated ejaculation: 苛立たしげに叫ぶ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 99
utter a stern bark: まじめくさった調子でひと声わんと吠える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
utter a hoarse cry: 息のつまったような悲鳴をあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
utter a deep sigh: 溜息が(人の)口から洩れる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 42
to one’s utter astonishment: はっと気づくと 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 87
throw one’s life into utter disarray: 自分をめちゃめちゃにしたい 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 261
the words one have just uttered so thoughtlessly: 今の不用意な言葉 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 35
senseless look of utter fear: おびえきった、呆けた顔つき ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 270
sb utter this exultant sound with mysterious significance: 思わずおどり上がった(人の)叫びには、妙にいわくありげな響きがある ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 281
reply in utter seriousness: けっこう真面目な顔をして言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
flop in utter relaxation: 「ばたっ」とかなんとかつぶやきながら倒れ込む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
flee in utter confusion: 混乱をきわめててんでばらばらに逃げる 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 184
feel at an utter loss what to do with oneself: 身一つをもてあます 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 65
be uttered merely to win sb’s compliance: 単に(人を)説き伏せるためのお題目にすぎない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 33
be relieved of utter grimness: 殺風景な感じを免れている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
be impressed by the utter thoroughness with which sb do: あまりに徹底した〜ぶりにいささか感心する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
be a complete and utter fraud: インチキ極まるものだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 429
utter lack of arrogance: 権勢にとらわれない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 58
besides it is a position of such utter helplessness: おまけにそれは全く無力な姿勢なので ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 114
what words can one possibly utter to sb: (人に)どう話したらいいのだろう 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 276
utter ruin at the hands of this criminal element: 狼どもに追いつめられて風前の灯 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 244
utter one’s desperate cry for help: 必死にさけんで助けを求める レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 7
utter not a word of ridicule at ...: 〜に対して、ひやかしめいたこと一つ言わない 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 38
it’s utter rot: お話にもなりゃしない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 202
throw oneself with utter sincerity into ministering to sb: 誠心誠意(人)のために尽す 三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 21
ツイート