Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
kill

主要訳語: 殺す(15)   死ぬ(4)   消す(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜には弱い
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 86

あぶない
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
だめにする
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 449
つぶす
   
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 24
とどめ
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 417
はねつける
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
ひねりつぶす
   
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 224
ぶち殺す
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 278
ぶっちぎりの勝利
   
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 416

獲物
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 284
強制的に終了させる
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 288
攻撃
   
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 9
殺す
   
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 426
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 218
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 481
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 270
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 124
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 369
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 351
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 317
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
殺る
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 438
殺害する
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
参らせる
   
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 134
止めを刺す
   
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 48
死ぬ
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 251
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
死ぬほどくやしい
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
自滅
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 18
射殺する
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
手にかける
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
処刑する
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 30
消す
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 40
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
生かしちゃおかない
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 49
切る
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
息の根を止める
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 218
打ち砕く
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
駄目になる
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 401
張りたおす
   
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 21
屠る
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
片付ける
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
捕る
   
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 292
抹殺する
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
命をなくす
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 89
命を落とす
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 10
命取り
   
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 157
命中
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 186
容赦なく破壊する
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 49
殲滅する
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

would kill sb: 命取りになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
one’ll kill oneself: 自殺も同然だ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
nearly killed me: 命がけだった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 62
nearly kill sb: (人を)半殺しの目に合わせる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 91
kill the ball: ボールを楽々とスタンドへ運ぶ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 146
kill sb: (人には)おもしろくてたまらない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 307
kill sb: (人の)首をはねる 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 178
kill sb: 参る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 6
kill sb: 痛快だ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 70
kill sb: 命にかかわる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 181
kill oneself: 命をちぢめる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 277
kill for ...: (〜に)舌なめずりする エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 232
kill fastballs: 速球にめっぽう強い ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 103
kill any man: 人殺し マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 430
kill a program: プログラムを強制終了させる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
I’ll kill sb: ぶっ殺してやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
get us both killed: 心中する フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 96
be killing everything: なにをいってもだめだ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 359
be killed in action: 戦死する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
be killed: 命を失う サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 12
you don’t go and kill oneself unless sb absolutely have to: 犬死するなよ 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 7
would it kill sb if ...?: 〜したら、(人の)命がないとでもいうのかね? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
would have killed for sth: 〜が〜ないとはあんまりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 225
want to kill sb: (人の)命をねらう 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 104
try to kill sb: (人の)首を狙う 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 257
to help sb kill time: (人が)退屈しないように ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 136
this is killing sb: はらはらして見てられないわ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
this headache is killing me: 頭が割れそうに痛いんです カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 329
the killing of sb in cold blood: 血も涙もなく(人が)殺されること ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 183
sit on it and kill sb: (人が)カモにされる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 244
see sb right if it kills you: どこまでも(人の)面倒を見る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 128
sb always has some dress on that can kill you: (人の)着てるものはいつ見ても感心する サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
read to kill time: 暇つぶしにいつも本を読んでいる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 137
one lousy compliment wouldn’t kill sb: ひとこと褒めたって何を損するわけでもない コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 134
one drink will not kill you: 一杯ぐらい、どうってことないじゃない? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 25
nearly get killed doing: 〜して死にそうな目にあう サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 39
looking for all the world as if one is out to kill: 親の仇といった顔で 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
kill these delicate little things: あの微妙な力が台なしになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
kill the spirit in ...: 相手を疎外し、意気喪失させる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 37
kill oneself with work: 忙殺される ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 221
kill oneself chuckling and smiling: にこにこケタケタ死ぬほど笑う サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 261
kill oneself and take sb with one: (人を)道づれに自殺する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
kill a right-handed fastball pitcher: 右ピッチャーの速球を軽々とスタンドへ運ぶ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 419
it kills sb to do it: そんなことしたら(人は)おしまい ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 115
it just about killed sb when ...: 〜の時など、(人は)危うく憤死するところだった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
it could kill you: これはイカシタな サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 191
if it kills one: なんとしても ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 101
I won’t kill you for asking: まあ、聞くだけ聞いておきましょう ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 398
I think sb is going to kill sb: (人を)生かしておくまい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
go right for the kill: 初戦でとどめを刺す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 236
dress to kill at lunch: 着飾って(人)とのランチにのぞむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
do not like to drop the jar for fear killing somebody underneath: びんをなげすてようとして、思いなおしました。もしかして下にいるだれかにぶつかって人殺しになるといけませんからね ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
be moving in for the kill: 息の根をとめにかかっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
be killing each other over ...: 〜をめぐって命のやりとりをしている オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 292
be killed in an airplane crash: 飛行機が墜ちて亡くなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 38
be killed by ...: 〜が命取りになる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 87
be killed by ...: 〜によって消え失せる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 313
be just about killing sb: 死にそうな気分になる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 28
be going to get oneself killed: あれでは命がいくつあっても足りない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 74
be almost killed already with fatigue: もはやくたびれて息も絶えだえだ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 278
barely escape being killed: 九死に一生を得る ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 121
almost got oneself killed: すんでに死ぬところだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 216
a kill is a kill: 蛇の道は蛇 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 75
頭の体操に「翻訳訳語辞典 Quiz」もどうぞ
ツイート