× Q  ?  翻訳訳語辞典
pound

主要訳語: 叩く(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
けたたましく叩く
   
pound at the door: けたたましくドアを叩く フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 137
こんとつく
   
pound the handle end of the bat on the ground: バットのグリップエンドをグラウンドにこんとつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
たたきつける
   
pound ... on ...: 〜を〜にたたきつける マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 462
たたきのめす
   
pound oneself: 自分をたたきのめす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
どきどきと高鳴る
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
どくどくと脈打つ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
どたどたと駆ける
   
the footsteps pounding up: どたどたと駆けてきた足音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
なぐる
   
pound a fist on ...: 〜を拳固でなぐる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
ぶちのめす
   
can pound sb: 〜ぐらいぶちのめすことができる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
ぽんぽん叩く
   
pound sb’s fist into sb’s glove: グラヴを拳でぽんぽん叩く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161

ガンガン鳴らす
   
pound on the buzzer: ブザーをガンガン鳴らす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
ポンド
   
be XX pounds poorer: XXポンドの散財をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277

一挙に粉砕する
   
I added, 'Surround 'em and pound 'em.': つけ加えて、「敵を包囲して一挙に粉砕する」 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 236
音を立てる
   
sb’s heart is pounding wildly: (人の)胸がどきどきと音を立てる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 407
鼓動の音をたてる
   
one’s heart pounding dully in one’s chest: 心臓が、どこか具合のわるいような鼓動の音をたてている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
高鳴る
   
one’s heart pound harder than ever: 心臓が前よりもはげしく高鳴る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
叩く
   
pound sb, over and over: (人を)ぽかぽかと叩く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 153
just really pound on sb: (人を)容赦なく叩きのめす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
端から押しまくる
   
pound on sth: 〜を端から押しまくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
波打たせている
   
pound on one’s chest: 胸を波打たせている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 39

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

pounds of ...: たくさんの〜 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
pound into ...: 〜に突っ込む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 154
pound into: 打ちこむ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 169
one’s heart pound: 動悸がする 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 313
sb’s heart pounds and sb’s chest is tight: 胸騒ぎする 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 62
prosaic thump and pound of the honky-tonk piano: ホンキートンク・ピアノの浮かれた響き スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 32
pound sb with questions: 質問攻めにする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 396
pound sb’s body to pulp: (人の)体をずたずたにする マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 140
pound down the stairway: 足音高く階段をおりていく トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 355
pound deep into ...: 〜に深く押しこまれた〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
one’s heart starts pounding strangely: 怪しく胸騒ぎする 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 246
one’s heart pounds louder and louder: 心臓がとくとくなる、早鐘のようになる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 100
one’s heart is still pounding hard: (人の)心臓はあいかわらず早鐘を打っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
one’s heart is pounding hard: 心臓がどきどきする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
one’s heart begin to pound: 胸がドキドキする 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 118
be pound flat against ...: ぺしゃんこに折れている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 180
Four twenty-pound notes and a five-pound were carefully unrolled: 二つ折りにした20ポンド札4枚と5ポンド札1枚をていねいに伸ばした レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 367
"Places like that pound really get to me, too," confessed Isaka: 「保健所みたいなところは、私も気が滅入ります」と、井坂が小声で言った 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 226
one-hundred-pound test: 四、五十キロの〜にも耐えられる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
ツイート