× Q 翻訳訳語辞典
sharp   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いやというほど
   
Richard smirked and received a sharp kick on the ankle: リチャードはにやにや笑ったとたんに踝をいやというほど蹴とばされた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 306
うわずる
   
exclaim, one’s voice sharp with excitement: 叫ぶ声は、興奮にうわずっている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 297
かなり大幅な
   
sharp changes: かなり大幅な改革 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 27
きっかり
   
at ten-thirty sharp: 十時半きっかりになったら プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 404
0700 sharp: ○七○○時きっかり デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 207
きっかりに
   
nine sharp: 九時きっかりに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 56
きっぱりと
   
deliver sharp refection: きっぱりと拒否する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 244
きつい
   
a sharp talking-to: きついお叱り 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 276
きびしい
   
have undergone sharp discipline which taught one wisdom: きびしいしつけを受けたおかげで分別もつく E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 69
きりっとした
   
sharp blue eyes: きりっとした青い目 オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 32
ぎくしゃくと
   
be too sharp and nervous to go well with the casual manner in which sb speak: さりげない口のききかたとはうらはらに、ぎくしゃくと神経質すぎる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 223
けたたましい
   
sharp voice of sb: (人の)けたたましい声 スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 288
さっと
   
make a sharp about-turn: さっとまわれ右する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 62
しっかり
   
keep a sharp watch: しっかり見張っててくれよ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
すばやく
   
draw a sharp breath: すばやく息を吸いこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 80
at a sharp gesture from sb: (人の)手にすばやく制され マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
つっけんどんな
   
answer in a intentionally sharp tone: わざと、つっけんどんな口調で言う 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 47
つっけんどんに
   
answer me sharp: つっけんどんに言いやがる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 41
てきぱきと
   
with sharp tugs: てきぱきとベルトをたぐり マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 57
とげとげして
   
the sharp wagging tongues: とげとげして口さがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
なかなかの切れ者
   
No doubt, this guy Wolfgang was sharp: ヴォルフガングという男はなかなかの切れ者に違いない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
ひきしまって
   
have splendidly sharp sculptured features and look to be sunk in profound metaphysical contemplation: おどろくほどひきしまって立派な、瞑想にふける哲人のような顔立ちが見られる 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 39

イカス
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 49
チクリと来る
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 18

鋭い
   
sharp words: 鋭い文句 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
sharp with sb: (人に対する)口調が鋭い ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 265
sb’s business acumen is admirably sharp: 商売の勘はじつに鋭いものがある デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 262
鋭い音とともに
   
sharp shuffling of a fresh deck of cards: 真新しいトランプが鋭い音とともにシャッフルされる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 95
確かだ
   
one’s mind is still sharp: 頭の働きは確かだ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
顔つき
   
have the sharp look: 抜け目のない顔つき トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
急激な
   
sharp turns: 急激な方向転換 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 17
強い
   
use a fairly sharp tone: すこし強い調子で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 49
the sharp perfume of the alcohol: アルコールの強い香り トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
sharp pressure: 強い圧力 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 217
剣のある
   
in a sharp voice: 剣のある声で 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 5
研ぎ澄まされた
   
sharp as the devil himself: ギンギンに研ぎ澄まされた タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 234
厳しい
   
the cold is still sharp: 寒さもまだ厳しい 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 83
厳守
   
twelve-thirty sharp: 十二時半厳守 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 133
甲高い
   
say sb, sharp and shrewish in sb’s very relief: ほっとしたあまりに甲高いとがった口調で言う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 270
刺戟ある
   
sharp taste: 刺戟ある味 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 96
切れそう
   
be a sharp motherfucker: こわいほど切れそうだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 234
尖った
   
shoot back in an uncharacteristically sharp tone: いつになく尖った声で、言い返す 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 11
sharp claws scampering around ...: 尖った足でくすぐったく動き回る 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
痛烈な
   
hit a sharp line drive toward the right-field line: ライト線へ痛烈なライナーを放つ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 18
a sharp infield hit: 痛烈な内野ゴロ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 328
頭が切れる
   
be super sharp: とびっきり頭が切れる オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 194
頭が働く
   
be pretty sharp: なかなか頭が働く サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 160
熱心な
   
sharp debate: 熱心な アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 35
目にも鮮やかな
   
sharp and clean: 目にも鮮やかな真新しい メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 205
利口
   
sharp as a tack: すごく利口だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 51
輪郭のはっきりした
   
sharp eager face: 輪郭のはっきりした真剣な顔 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 9
冷たい
   
sharp wind: 冷たい風 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 320
几帳面な
   
a sharp housewife: 几帳面な妻 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 383

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

very sharp: 鋭くとがっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
sharp fresh saltiness: 鮮烈な塩辛さ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 65
sharp words: 悪態
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 310
sharp instruction: 一喝
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 326
looks sharp: はきはきした感じの
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 143
look sharp: ぐずぐずしてるんじゃない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 165
look sharp: めかした格好をする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 179
eight o’clock sharp: 八時ちょうどに
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 111
don’t feel sharp: 腹がへらん
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 265
be sharp: 切れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 316
be quite sharp: 頭が冴えてる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 236
be dressed sharp: 正装に身を固める
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
a sharp tongue: 毒舌
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 341
too soft for any mental discipline or sharp flights of sprit: 本当に頭を働かせたり、精神の飛躍を試みたりするのにはい心地がよ過ぎる
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 13
the figure of the sharp female called ...: 例の悍婦〜の姿
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
sharp rise in house prices: 不動産の高騰
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 71
sharp definition of bones in one’s face: くっきりとした目鼻だち
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 142
sharp as must have been one’s annoyance: くやしさで煮えかえるようだったにちがいない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 103
sb’s voice was sharp and clipped: (人の)声が、ぴしりと鋭さをおびた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 146
sb’s insides rack in a sharp pain: 臓腑が苦痛に疼いている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 586
say with a sharp laugh: けらけらと笑う
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 81
no matter how sharp one’s ears are or how energetically one’s tongue wag: いかに耳ざとく、いかにおしゃべり熱心とはいえ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
inflict a thousand invisible cuts on sb with the tongue’s sharp sides: 罵詈雑言の刃をふるって、(人の)心に幾千もの傷を刻みこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
have to keep a sharp eye on ...: 〜から離されない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 60
give one sharp kick: えいっと一蹴りする
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 55
give it a sharp yank: ぐいとひっぱる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
give a sharp little nod: ぴょこりと頭をさげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
feel a sharp slap on one’s hand: ピシリと手の甲を打たれる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
cause a sharp movement: 激変をもたらす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
be sometimes jealous or sharp with sb: ときに嫉妬をむき出しにし、辛辣な言葉を投げつけてくる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 422
be sharp and intelligent: 目から鼻へ抜けるような
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 55
be in sharp contrast to ...: 〜とは大違いである
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 33
be cute, sharp and know what one is doing: なかなかしっかりした頭のよさそうな可愛い子だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
be a sharp systems guy: システムを知りつくしている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 144
barely stifling a sharp cry: 押し殺した泣き声が洩れる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 55
are they sharp pains?: さしこみがあるの?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
a sharp little thriller: 小味のきいたスリラー
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 264
a sharp indrawn breath: そばで誰かがハッと息をひく
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 184
a pair of wonderfully sharp and penetrating gray eyes: 眼は灰色で射すように異様なするどさがあった
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
... gave it a sharper focus: 〜でにわかに注目されるところとなった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 201
... bring sb up sharp: 〜で(人は)目を覚ます
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 36
abruptly come into sharp focus: にわかに鋭く焦点を結ぶ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 47
She was being sharp with him, belatedly suspecting him too of duplicity: この男もでたらめをいっているのではないかとおそまきに疑って、口調が鋭くなった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 265
Lacon blurted, making a sharp about-turn: レイコンがさっとまわれ右していった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 62
the sharp clarity of the colors: さまざまな色のあざやかさ
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 50
the teeth come together emptily with a sharp click: 歯は鋭い音をたてて空をかむ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 197
the sharp corners of my glasses: メガネのシャープな枠組
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 8
have a sharp and covetous eye for sb: (人を)もの欲しそうに見ている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 192
The senator was thin-faced, sharp-eyed and elderly: 上院議員は細面の眼光するどい年輩の人物だった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 73
study sb with one’s sharp blue eyes: 鋭いブルーの瞳でじっと(人を)見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
keep a sharp eye on ...: 〜を見守る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 381
Suddenly the voice became sharp and grating: 急にけわしい、ざらざらした声になり、
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 62
the moray does, however have incredibly sharp teeth: ただウツボはとびぬけて鋭い歯をしている
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 191
show the occasional sharp insight: ところどころじつに鋭い感覚がある
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 92
sb’s sharp intake of breath: (人が)鋭く息をのむこと
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 80
a short, razor-sharp knife: とぎすまされた小刀
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 293
sb’s voice is as sharp as if it were a knife sb wanted to stab me with: 短刀でも突き刺すような言葉の感じである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
keep a sharp lookout: 眼を光らせる
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 18
glancing at me with those sharp blue eyes, half apprehensive and half amused, measuring: きりっとした青い目で見ていた。半分怯えたような、半分おかしがっているような、どうしたものか頭をひねっているような目で。
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 32
one’s needle-sharp intellect: 鋭敏な知性
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 148
deliver sharp rejection: きっぱりと拒否する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 244
sharp-eye toll taker: 料金所係員の慧眼
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 251
ツイート