× Q  ?  翻訳訳語辞典
kick
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
うごき
   
feel the live kick of the rudder: 方向舵の生き物のようなうごきがつたわってくる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 143
かわいがる
   
kick sb unmercifully: (人を)こっぴどくかわいがる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
けなす
   
kick at sb: (ひとを)けなす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
のたうちまわる
   
watch sb kick: (人が)のたうちまわるところを見る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 158
はずす
   
kick over the traces: 破目を外す 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 40
もがく
   
kicking frantically at the air: じたばたもがく フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 32

ゾクッとする愉しみ
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 172

解雇処分にする
   
kick sb out: 解雇処分にする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 429
強烈な蹴りを入れる
   
kick sb in the face: (人の)顔に強烈な蹴りを入れる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 173
見物
   
I think it'd be a kick: きっと見物だぜ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 10
効果
   
kick in pretty fast: 効果ははやい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 203
高く上げる
   
one, kicking up one’s leg to dance: 脚を高く上げている踊り子の(人) フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
刺激剤
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
蹴とばす
   
kick sb in the ass: ケツを蹴とばす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
absently kick sth: なんの気もなく蹴とばす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
蹴やぶる
   
kicking doors in: ドアを蹴やぶるガサ入れ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
蹴りが飛ぶ
   
Cover kick: (画面全体を覆う感じで)サラの蹴りが飛ぶ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 200
蹴る
   
kick sth clear: 〜を蹴りはなす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 151
振り払う
   
kicking at sb’s prone image: うつむいた(人の)イメージを振り払おうとして フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 49
吹っ飛んでしまう
   
be the best way to kick a cold: 風邪なんか吹っ飛んでしまう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 105
足をじたばたさせる
   
Was he kicking: トッドは足をじたばたさせてた? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
追い出す
   
kick the rest of sb’s family out: (人の)家族をみんな追い出す 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
飛ぶ
   
kick across ...: 〜を横ぎって飛ぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
愉快
   
get a kick out of the idea that ...: 〜ということが(人に)は愉快だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 254

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

kick up: もめごとを起こす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
kick some ass: しっかりやってきてください クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 234
kick sb out: 〜を締め出す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 53
kick sb: (人を)足蹴にする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 172
kick oneself: 地団駄を踏む セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 231
kick off ...: 〜を蹴りはずす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 467
kick in: 水の泡 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 4
kick in: 点火された スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
kick doors in: ドアを蹴やぶる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
just for kicks: ただ遊び心で ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 212
the prospect of ass-kicking: だれかを痛い目にあわせられるかもしれないという期待をいだく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
one’s hands are kicking up the very dickens: 手の具合がめちゃくちゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
notice the way them dogs kicked up: こいつらの騒ぎに気がつく ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 13
kicked up by the power of the pitch: 球の威力で空中に舞い上がった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
kick up one’s heels: 羽目を外す 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 48
kick up in the cop mode: 警官モードに切り替わる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 189
kick that bare foot of one’s way up into the air: 靴をぬいだほうの足を空に突き刺すように蹴り上げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
kick sth into ...: (物を)〜に蹴込む 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
kick sb into doing: (人を)たきつけて〜するよう仕向ける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 200
kick sb in the teeth: ぎゃふんといわせる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 105
kick oneself for one’s timidity: 自分の臆病に歯噛みする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 219
kick one’s life out: 痙攣しながら死んでゆく ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 49
kick one’s legs about: 足をばたばたさせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 63
kick one’s head off: メチャクチャに脚を蹴り上げる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 212
kick off the switch: スイッチを爪先で消す レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 97
kick off one’s shoes: 靴を脱ぎすてる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 160
kick in with a syncopated shriek: きれぎれの悲鳴に似た音をたてて、〜が割りこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
it’s a kick in the pants: こいつはおどろきだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 49
give sb a good stiff kick: (人に)一発気合を入れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 20
give one sharp kick: えいっと一蹴りする ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 55
get their collective ass kick: 連中はそろって痛棒を食わされることになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
get a kick out of sb doing: (人が)〜しているのがわかると嬉しくなる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 23
get a kick out of ...: 〜を面白がる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 239
be terminated in sb’s kicking off sb’s clay-soiled boots, and doing ...: そして最後は(人)、泥だらけの靴をポイと脱ぎ捨てると、そのまま〜してしまう ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 295
be not just something that’s being kicked around: まわりからこづきまわされずにすむ ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 40
be kicking and struggling: 懸命にもがいている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 100
be kicked out by sb: (人に)捨てられる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 90
be kicked in the stomach: みぞおちを蹴られる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 96
be getting a big kick out of the whole thing: すべてに見放された存在である オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 91
after sb’s kidneys and immune system kicked in again: 腎臓と免疫機能が回復する ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 78
a gust of wind kicks through the air: 一陣の風が夜空を渡る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
a chilly wind kicks up, around sb: 冷たい風がまわりでさあっと音を立てる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
kick that bare foot of one’s way up into the air: 靴をぬいだほうの足を空に突き刺すように蹴り上げ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
kick sb’s ass: (人に)ヤキを入れる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 213
kick canisters and ruin the toes of one’s shoes: かんから蹴飛ばして靴先をだめにする フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 205
Cover kick: (画面全体を覆う感じで)(人の)蹴りが飛ぶ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 200
he had been so determined to get home in time for the kick-off: キックオフの時間までにかならず家に帰るといって、夫はあんなに意気ごんでいたではないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
kick one’s heels: 足をばたばたさせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
kick the can down the road:ペンディングにする 辞遊人辞書
kick the can down the road:問題を先延ばしにする 辞遊人辞書
kick-ass:すごい 辞遊人辞書
kick-ass:格好いい 辞遊人辞書
make the kick-off: キックオフの時間までにもどる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
I think I can make the kick-off: キックオフに間に合うんじゃないかな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
kick sb in the stomach for several minutes before sb can pull sb off: (人の)腹を(人に)引きはがされるまで何分も蹴りつづける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
he would kick pebbles on the pavement right and left: 路上の石ころを左右に蹴りながら 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 188
kick up little puffs of powdery snow: 粉雪をぱっぱっと小さく蹴立てる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
Richard smirked and received a sharp kick on the ankle: リチャードはにやにや笑ったとたんに踝をいやというほど蹴とばされた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 306
ツイート